記事一覧

あれやこれやを待つ日々。

アップロードファイル 227-1.jpg

ああ、私はいったい、何を待っているのでしょう。
ひょっとしたら、私は大変みだらな女なのかも知れない。

太宰治「待つ」より

いつの間にか梅雨入り。そして、梅雨らしいお天気の数日。

再会とか敗北とか。それぞれがそれぞれの時を待っている。
どうしたって死ぬ日に向かって生きている。そんな感覚で。


shelf15「班女/弱法師」近づいてまいりました。ぜひぜひご覧くださいませ。

公演の詳細、チケットのご予約はこちらから↓
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=44800
http://theatre-shelf.org/next.htm
http://theatre-shelf.org/kwbch/diarypro/archives/226.html


写真は、近所のアジサイ。雨を待っています。

shelf15「班女/弱法師」

アップロードファイル 226-1.jpg

先日仮チラシができましたが、本チラシもできております。
お見かけの際はチラリと気にしていただけると嬉しいです。
そして明日、4/30(火)からチケットのご予約を承ります。

昨年12月、長久手市文化の家×三重県文化会館合同プロデュース「三島ル。」
にて制作しました作品を再び上演いたします。
「班女」は40分弱、「弱法師」は50分程度の二本立てです(間に休憩があります)。

6/28(金)~6/30(日)、d-倉庫にて。

ぜひご覧くださいませ。


shelf15「班女/弱法師」

[構成・演出]
矢野靖人

[出演]
川渕優子
春日茉衣
森祐介
たけうちみずゑ (chon-muop)
日ヶ久保香
小川敦子
和田華子
平佐喜子(Ort-d.d)
櫻井宇宙
平田泰久(テアトル・エコー)

[日時]
2013年6月28日(金)~30日(日)全4ステージ

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] レディースファッション アウトレット通販 FX 給与計算アウトソーシング

・開場は開演の15分前、受付開始は開演の60分前です。
・会場の都合上、開演後のご入場をお断りする場合がございます。ご了承ください。

[料金]日時指定・全席自由
一般前売 2,800円 一般当日 3,300円
学生 2,000円(前売・当日、要学生証)

[会場]
日暮里d-倉庫
〒116-0014 荒川区東日暮里6-19-7-2F
日暮里駅 南口徒歩7分
(JR山手線・京浜東北線・常磐線、私鉄京成線・日暮里-舎人ライナー)

春の旅・香川。おまけ。

香川といえばもちろん、「うどん」が名物。
ですが、「骨付鳥」という名物もあるそうで。

アップロードファイル 225-1.jpg
今回骨付鳥をいただいたお店。骨付鳥の発祥は丸亀市だそうです。

アップロードファイル 225-2.jpg
骨付鳥です。ワイルド。これはひな(わかどり)。おやどりもあります。
歯ごたえや味は全然違いますが、どちらもとてもおいしかったです。

春の旅・香川。その3。

翌日と翌々日は、旧金毘羅大芝居で「四国こんぴら歌舞伎大芝居」のお手伝い。旧金毘羅大芝居は天保6年(1835年)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋です。舞台と客席が近くて、とても親密な空間。当然、役者さんも近いので、繊細な演技もくっきりはっきり。2階席でも全然よく見えます。客席数は約730席とのこと。

アップロードファイル 224-1.jpg
朝、かすりの着物に着替えてお茶子さんです。
お茶子さんは、お客様のご案内、筋書きの販売、お掃除などをします。
なにしろ初めてなので、まずは席を覚えられるのかしらとどきどき。

アップロードファイル 224-2.jpg
旧金毘羅大芝居までの道のりはこんな感じ。
華やいでいるんだなあ。なんだか空気が。ああそうか。

アップロードファイル 224-3.jpg
この上が旧金毘羅大芝居です。

アップロードファイル 224-4.jpg
お客さまは早くから並んでいらっしゃいました。写真は上演中です。ので、人がほとんどいません。
上演の前後や休憩中は、みなさんお土産を買ったりお茶を飲んだり。

アップロードファイル 224-5.jpg
義経千本桜(左)と鳥辺山心中(右)の絵看板。
猿之助さんをはじめ役者さんのお名前もずらり。

満員のお客さまで非常に目まぐるしかったですが、楽しかったなあ。
ほんとうに素敵な芝居小屋。また来るぞと心に誓ったのでした。

春の旅・香川。その2。

うどんでお腹を満たし、少し休憩して金刀比羅宮へ。
表参道を785段の階段を上って本宮を参拝します。


アップロードファイル 223-1.jpg
両脇のお土産屋さんを眺めながら365段目。大門。階段が結構急でした。

アップロードファイル 223-2.jpg
振り向くとこんな景色。もうだいぶ上った気がしますがまだ半分ほど。

アップロードファイル 223-3.jpg
400段と少し上ると神馬さんやマガモさんがいました。しばし戯れ。

このあともひいこら階段を上りつづけ、なんとか本宮に到着しました。
そこからの眺めに気を良くし、せっかくだからと奥社まで行くことに。

アップロードファイル 223-4.jpg
さらに階段を上ります。上っても上ってもなぜか目の前に階段が出現。

アップロードファイル 223-5.jpg
ようやくたどり着いた奥社。ここまでで1368段。もう足がおかしい。

帰り道は、裏参道とか神苑とかを散策しながらゆっくりと。
春の桜も素敵だけれど、秋もさぞ素敵な景色なんだろうなあ。

この日は夜も長かったのですが、それはまた。