記事一覧

初日、10日前。

アップロードファイル 190-1.jpg

「われわれ」は、民族の大義のために血と自由とを捧げた。だがお許しいただきたい、「わたし」はそれらを捧げなかった。「われわれ」があれこれ苦しんでいたときに「わたし」は家に閑居していたのである。「われわれ」は徹頭徹尾、英雄であり殉教者であり兄弟である。「われわれ」は大きな度量の持主で犠牲的精神そのものである。「われわれ」は戦い、「われわれ」は要求する。本当に、非常にすばらしい「われわれ」を、非常に堂々として名誉ある、賞賛すべき「われわれ」を誇りに思うことができる。だがあわれにも、「わたし」はなにも、この「われわれ」の優位から生ずるものをまったくなにも持てないとしたら! この上なく完全な「われわれ」は、「わたし」の性格になにも加えてくれず、「わたし」の価値によってもなんの重みも加わらないことになる。「わたし」が少なくとも慈善の寄付としてタマネギでも提供しなかったら、いかなる「われわれ」も「わたし」を救ってくれない。

カレル・チャペック「未来からの手紙」(飯島周編訳)より


今回は稽古後にみんなで(そのとき行ける人)ご飯を食べることがいつも以上に多いです。そしてとにかく喋る。みんなそれぞれにいろいろな感覚やイメージを持っていて、それを聞くことがとても面白いし、今回のような作品を作るには非常に有意義、というかむしろ必要な時間となっているんだな(自分の中では)。

初日まで10日。まだまだ何か出てくるはず。そしてお客様と時間を共有したときにはまた何か出てくるはず。

わくわく。


写真は日向野敦子さん。初めてご一緒させていただきます。大人です。大人の女です。


shelf13 [edit]↓
http://theatre-shelf.org/main.htm
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=27847
http://theatre-shelf.org/kwbch/diarypro/archives/184.html

チケットはこちらからもご予約いただけます↓
http://ticket.corich.jp/apply/36028/002/

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
mail
url
コメント
削除キー
投稿キー
スパム対策のため投稿キーに「qwrtypsd」と入力してください。