記事一覧

最近のこと。

9月のノルウェー、オスロでの公演を控える『幽霊』、10月に三都市ツアーを行う『deprived』の稽古をしています。両方の出演者が揃うとなかなか大人数です。10カウントの輪がおおきい。。

わたしの毎日は、電話の仕事をしてお金をもらい、オススメしてもらった映画をみて、本をよんで、稽古へ行って。生活しているなかで、ことばにすると、全然言い当たらないことが頻繁にあって、こういう風に思わせたいわけじゃなかったとか、そう言ったけどちがうんだとかってことが多くて、、しまいにはしゃべれなくなる。

そして、激しく毒づく自分とか、疑い、羨ましいだったり、もどかしさだったり、上手く立ち回れないことに落ち込んだり、理想と現実の落胆とか、依存してるし近くにいて愛情もあるはずなのに憎いとも思ったり、甘える狡さ、良くみせたい欲望、独占欲みたいなもの、嫉妬、執着心、ちがう方に向かう変なプライド、意地、意固地、すました振りする一面とか、自分のなかに、そういうどうしようもないものが、たくさんたくさん渦巻いているのを感じる日々で。とんでもなくそんなことを山盛り盛りだくさんで抱いている自分が、つくづく嫌いというか嫌で、そういうものに、ちくいち振り回されることにめんどくさいとかげんなりしたり。仏のような悟りの境地にいけたらいいにと思ってて。

だけどかといって、山に籠もるとかはできなくて。ちょっとした人とのやり取りにほっとしたりもあって。うとわしいのに、そのなかでじゃないと生きていけない、そんな感じで。だから、そう感じる自分がイヤで嫌でしょうがないんだけど、、どうにかどうにかそれを、舞台にのせたい。そういう色んなこと感じたり、ゆらいだり、突拍子もないところにいっちゃったり、それが怖くもあって、だけど、いってみたらスリル満点でヒヤヒヤするけどたのしいっていう瞬間が絶対的にあって。そっちにいきたい。開き直りも大事って。

春日茉衣

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/ksg/diarypro/diary-tb.cgi/87

トラックバック一覧