記事一覧

ざわり、と肌に触れる感じ。

おはようございます…!

9日に初日を迎えることができました!
受付や裏ではお手伝いに入ってくださる方々に支えて頂きました。
ありがとうございます…!


shelfの公演にたくさんの方々が関わってくださって、、すごくうれしいです。うれしいのです。


本日のshelf♪ vol.8
感じたコトを書いていきまふ。


舞台は生もの。

お客さんの呼吸がある。

変化していくもの、共有している時間。空間、ことば、カラダからみえてくるもの。

ざわり、ざわり。
しずかなんだけど、ふつふつとしている感じ。


ふつふつとしていたものが、ぶわああって密度が濃いまま広がったり。

ストン。


感覚はひらきまくり。


ざわりざわりと微生物多めの感じで。
お客さんが入ってはじめて感じるものが無限にある。


editはお客さんと出逢う作品だなというのを肌で感じました。


則武さんの照明と、まやさんの音響、一緒に舞台にいてつくっていて、ぶわあああって、ぞわり、ざわりとなるのです。感触。

本日は千秋楽です。
11日19:00〜から開演です。
まだまだ、まだまだ、進化、変化していきます。ぜひ、ご来場ください…!!

春日茉衣

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/ksg/diarypro/diary-tb.cgi/51

トラックバック一覧