記事一覧

中心を、つかめ。自分の中心に、たて。

こんにちは。
11/26の稽古場日誌いきます。
つれづれに感じたことを書き連ねまふ。

本日のshelf♪ 〜三島ル〜


今日は竹内陽子さんが創ってくださった衣装合わせをしまして、衣装を着ての通し稽古をやりました。


音響も入れて頂き、当日お世話になるスタッフさん、見学の方もいらっしゃり緊張感がありますた。

私は主に前半を担っています…!
役割はエンジンをふかす、お客さんをあっためる、後半につなげるための弱法師っていうジェットコースターにお客さんを乗せる、引き込む、山の入り口まで運ぶというか、興味を引き続けるというか。


もちろんそれだけじゃないのだけど、まずパスを回してボールを運ぶってことがすっごく重要で。

スポーツで言うとパスを回して、リレーだったらバトンをつないで、駅伝ならたすきを渡して、バレーボールだったらボールを落とさずに…いろいろなものに例えられますが、やっぱりひとつの作品をメンバー、スタッフさん、出演者の全員でみんなで創っているわけで。

通しを終えて感じたコト。今は、パス回しが遅くて、もし相手がいたらボールを取られてしまう状態だなって思ったのでつ。


ボールを取られずに前線まで運ばなきゃだから、もっと回していくとおもしろくなってくる。精度を上げて、クリアに、鮮やかなパスさばき、パス回しを。

私を含む三人で回していく部分が前半にありまして。そこの大きなポイントを昨日の私は忘れてたというか、目先のことに気を取られていて、とにかく合わせようみたいなそっちが優先されていて、芝居になってなかった部分があって、やっててそういう箇所が個人的にぽこぽこ穴が空いたみたいにあって。

それがそうなのか…!って判明したのでつ。

ひとりひとりは独立していて、しっかと立っていて、そんなひとりが三つある。そのひとりが三つあるのが、ぴったりと揃う瞬間があって、それは合わせようとして、合わせて揃うのとは中身が違っていて、パワーは倍増してうねる大きなエネルギーになる。

声が揃うという外側のものは同じでも中身がちがう。


最近、稽古で矢野さんによく言われるのが、要をつかまえて。外側じゃない、形じゃない、と。


形だけマネして同じでも、中身がスカスカじゃ意味がなくて。


枝葉のことはわかりやすいから、やっぱり表面に現れていて、外から見えるものへ、そちらに気がいってしまいがちになるけど、つかまえたい、捉えたい、つかみたいのは外側からは見えないエネルギーの塊だったり、源となる部分、中心というか。そういうもので。

それをがっつりつかみたい。
そしたらめちゃめちゃ楽しいと思うのです。自由になれる。それが、がっつりあれば。

shelfでは、着飾って、化粧して、盛って、いかにその人を綺麗に素敵に良く魅せるか、じゃなくて、

いかにその人が持っている本質的な部分を魅せるか、見えない中心。


矢野さんはそういうものをみたいんじゃないかなって。お客さんにみてもらいたいんじゃないかな。

だから、矢野さんは人間がすきなんだなと思う。

観てくれた人があたらしい自分に出会ったような、そんな体験をしてもらえたら、と思っていて。shelfの演劇はそういう体験ができると思うから。

このshelfの弱法師から、表面に見えているもの、現れているものとはちがうものが見えたらいい。見えたらいい。


まだ残された時間があるから、それを最大限つかってまだまだ行けるところまで、行きつくところまで行く。あうー。

今日は愛知へ出発前、最後の稽古です。繊細に大胆に。

本日もよろしくお願いします!

春日茉衣

具現化するのは私たち。

こんばんは!
10月16日(火)の稽古場日誌です。


本日のshelf♪ vol.3


◎各自ストレッチ
ここにストレッチだけじゃなくて、筋トレもいれて行こうと思います…!
ミウラさんに教えてもらった、内転筋を鍛えるやつがカナリ効きます。今日晋さんがやっていました。毎稽古やってたら、筋力つきますね!


◎2人組でマッサージ
高安夫妻、川島夫妻でお互いマッサージ。いつの間にか20分、30分くらい時間がたっていて、たっぷりでした。
人の身体に触るっておもしろい。マッサージされる方も、身体を預けるというか、委ねるっていうか、信頼感がないと成り立たないよなあと思う。何気ないコトだけど、こうやってマッサージし合ったり、稽古場で同じ時間を共有していることが大事なのかなあってふと思いました。


◎『弱法師』
優子さんの「台詞覚えた?」からはじまり、弱法師の話がぽつんぽつんと始まりました。疑問とか、上手く言ってない、ココ難しいなっていう所だったり、を話しまして。


それぞれの役のコトだったり、この場面はこうだよね、だったり、この人むずかしいねだったり、そんなアレこれを話しました。


私は、自分の疑問点やひっかかる点を話せて、そしてそれぞれマチコさん、ススムさん、ミウラさん、ユウコさんの話が聴けて、頭がクリアになったというかつかむ足掛かりみたいなのを確認出来たっていうか。


最終的にラストの俊徳くんのアソコまで持っていくために、じゃあどれだけ夫婦たちがそうなればいいかってコトとか。

以前ある人に台本はラストから逆算して読んでいけって言われたコトを思い出しました。あのラストに行くためには、って考えていくとじゃあ冒頭でこうなってないと厳しいな、とか。決まってきたりするから。

そして優子さんが今回のセットについての話もしてくださり、紙にこんな感じって絵を書いてくれて。私はかなりイメージが深まりました。

終わりにマチコさんが、今回は『untitled』や『edit』とちがって、台本があるからそれはすごく心強いっていう感じの話をしていて。

たしかに…!
あのときはつかもうにも、ほとんど何もない所からのスタートだったけど、、矢野さんが提示してくれたコトを頼りに探る感じだった。

今は一本の『弱法師』って台本があって、流れもわかっていて、台詞も決まってて、なんて有難いんだ、掴めるものや素材やことば、関係性だったりが台本にたくさんたくさん眠っている。ってことに気づいたの!

もちろん稽古場で生まれる瞬間やつかむものもある。だけど、まずは台本にもっともっと向き合って、自分を掘ってさがして色々やってみよう。それをやり尽くしてから、稽古場でやってみる。

また明日も稽古です…!

よろしくお願いします!


春日茉衣

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ