記事一覧

京都クリエイションワークショップ初日無事終了。

いやあ。楽しかった。参加者9名の大所帯。読み慣れてるつもりのイプセン 『幽霊』 も、まだまだいろいろな読みの余地があることを確認。参加者もみんな素直で、初日からいろいろと突っ込んだ話が出来た。中途半端に批評的な読みをする人がいなくて、みんな身の丈の生活実感に基づいた印象を語ってくれたのが嬉しい。これからの作業が楽しみ。というか、これ大変だぞ…。自分でまいた種だけど構成台本作成が超難関。間に合うのか俺。

というか吃驚したのが、参加者にSPAC 『転校生』 の出演者がいたこと! 彼女曰く、矢野のワークショップに参加するといったら静岡で宮城さんに爆笑されたそうな。何も、笑わなくても(苦笑)

というわけで京都滞在中。

昨日から土曜日まで、都合4日間かけて20分程度の構成作品を作ります。21日(日)は成果発表公演もあります。詳細は下記。ご予約はアトリエ劇研まで。

【発表公演】
 日時/8月21日(日)15:30★ ・ 18:30
 * 受付、開場は共に開演の30分前
 * ★の回は終演後演出家によるトークあり
 入場料/1,500円 (前売・当日共)
 会 場/アトリエ劇研

【お問合せ・ご予約先 】
 アトリエ劇研
 〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1
 京都市営地下鉄松ヶ崎駅より徒歩約15分
 Tel. 075-791-1966
 メール npogekken@yahoo.co.jp

  • 2011.08.18 (木) 11:03
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

KCW2011、参加者が決まりました。

A:矢野コース
板倉真弓、市村友和、大野裕果、小川晶弘(フク団ヒデキ)、
小島響子、名越未央、ハ・スジョン(劇団VOGA)、
濱 志穂(劇団カオス)、渡辺ひろこ(劇団飛び道具)

B:鹿島コース
板垣佑弥、紀野莢子、のりす(劇団月光斜TeamBKC)、
福田英城(フク団ヒデキ)、藤林遼太郎

C:長谷川コース
芦谷康介、伊沢はるひ(劇団飛び道具)、イトウエリ(手のひらに星)、
楠 海緒、帰山玲子(キヤマニア)、金原直史、
田中浩之(Will Be SHOCK Entrance Gate)、並木清貴、
古野陽大、本間広大(ドキドキぼーいず)、山村麻由美(chikin)


shelfチームは顔見知りが二人にあとは初めましての人が7名。計9名の大所帯。通常のワークショップでは経験したことがあるけれど、クリエイションとなると多い方かな。特に今回扱うテキストの登場人物が少ないから、構成台本の作成にちょっと手こずりそう。

先ほどワークショップ参加者にメール送付。挨拶と、原​千代海訳の「幽霊」を書き起こしてワードにまとめたものを添付。​書き起こしは川渕がやってくれた。感謝!

さあ。これをどう使うか。構成台本と書いたけど、通常の書き方(自分が部屋に籠って書くような書き方)はあまりしないつもり。

取り敢えず、みんなちゃんと読んできてくれるといい​んだけど。

今回の京都のワークショップは何気に今からとても楽しみ。プログラムの消化では​なく完全に初っ端から創作態勢に入る予定。何が起こるか、ホントふたを開けてみないと分からない。出来るのか俺? いつも​のクリエイションでも必ずワークショップを取り入れているのに…​。

でもここの成果が確実に10月の創作に直結する。

ここから、勝負は始まっている。

ああ、その前に13日(土)は10-11月公演の稽古初日だ! 配布用のリ・クリエイション版の演出ノートを書かないと。初演時の演出ノートも気に入ってるんだけど、やりたいことがずいぶん変わってきてるからな。

頑張れ​俺!

  • 2011.08.09 (火) 08:27
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

京都クリエイションワークショップ20110実施! 【7/31〆切】

この夏も10-11月の秋公演に先立って、名古屋・京都などでワークショップを実施する予定をしていたのですが、アトリエ劇研のご厚意とひょんな出会いから、重力/NOte の鹿島将介くん、富士山アネットの長谷川寧くんと一緒に合同クリエイションワークショップを行うことになりました!

ファイル 700-1.jpg

クリエイションワークショップというのは、今回は5日間ですが、5日間連続集中で作品創作をするというより実践型のワークショップです。最終日には一般に開かれた発表公演もあります。(チケット料金1,500円)

一昨年の京都では、あくまでshelfの“語り”の方法を紹介する、と言う程度にとどめていたワークショップですが、今回はガチンコで創作を行います。競作ですよ、競作。

我こそはと思われた俳優の方はもちろん、未経験者でも是非参加してみたいというかたには、むしろそういう方にこそ参加していただきたいワークショップです。shelfは秋公演で使うイプセンの「幽霊」という戯曲を題材に再構成した作品を作るつもりです。あなたの読み(想像力)が、作品の素材です。

ご興味をもたれた方は是非、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご応募をお待ちしております!


【Aコース 】 矢野靖人(shelf)
○プロフィール
"shelf"はbook shelf(本棚)の意。沢山のテキストが堆積・混在する書架をモチーフに活動を展開。近年は、俳優の“語り”に力点をおきつつ、古典、近代戯曲を主な題材として舞台作品を制作し続けている。2008年8月「Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―」(作/ヘンリック・イプセン )利賀公演にて、所属俳優の川渕優子が、利賀演劇人コンクール2008<最優秀演劇人賞>を受賞。同年10月、同作品名古屋公演にて、名古屋市民芸術祭2008<審査員特別賞>受賞。

○ワークショップについて
本年11月のshelf京都公演に先駆けたクリエイションWSを行います。題材は、本公演で使用するイプセン作「幽霊」他。ギリシア悲劇に並び称されるこの近代戯曲をコラージュして、shelfが培って来た“語り”の方法をベースに参加者の皆さんと小作品を制作します。演劇経験者の方もそうでない方も、奮ってご参加ください。あなたの“読み(想像力)”が作品の素材となります。皆さんとの出会いで得られたものを、本公演につなげることが出来ればと思っています。

【Bコース 】 鹿島将介(重力/Note)
○プロフィール
1983年生まれの千葉県出身。東京都在住の演出家。重力/Noteでは代表、演出を務める。10年~11年まで青年団演出部所属。重力/Noteの活動としては「かもめ」、「戸口の外で」、「マリア/首」、「二人/狂う」の構成・演出をする。今年は一年かけて松田正隆と寺山修司を取りあげていく予定。6月末に「島式振動器官」(原作:松田正隆)を発表した。俳優の身体や舞台美術といった物質としてそこにある素材や、声/音/光/時間などといった痕跡を残さない素材を駆使して、存在の生成と消尽の運動を記述していく。

○ワークショップについて
京都の皆さん、こんにちは。今回のWSでは、E・イェリネクのテキストを使って、一人の声が「私たち」と口にするにたる共同性を獲得していくプロセスを辿ろうと考えています。その共同性を支えるために必要な《虚構》と《時間》について試行錯誤できたら幸いです。とくに参加条件はありませんが、事前に使うテキストをお知らせします。皆さんにお会いする時を楽しみにしています。

【Cコース】 長谷川寧(冨士山アネット)
○プロフィール
03年冨士山アネット設立。演劇の方法論を元に身体を起こす「ダンス的演劇(テアタータンツ)」にて活動中。
世田谷パブリックシアターフリーステージ、BankARTCafeLiveSeries2008、川崎市アートセンタークリエイション・サポート事業、アジア舞台芸術祭、東京芸術劇場 芸劇eyes、芸術創造館 芸創セレクション等入選。スイスでの映像作品提供、シンガポールへの招聘等海外活動も行う。
代表 長谷川寧は、NODA・MAP、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作品、パパ・タラフマラ、ミクニヤナイハラプロジェクト等出演、フジファブリックPV[夜明けのBEAT](TV東京「モテキ」主題歌)、FUKAIPRODUCE羽衣、オフィス3○○等振付多数。9月韓国へレジデンス予定等、国内外で活動中。

○ワークショップについて
来年1月予定の新作に先駆けクリエイションWSを開催致します。テーマは「悪夢」。相手との関係性を元に、テキストや記憶、それぞれの特徴等様々なきっかけから身体/動きを開発していきます。今回のWSでは1月の公演をはじめ、今後の作品に出て頂ける出演者との出会いの場になればと思っています。既に予定が決まっている方、WSだけ参加してみたいという方等、今後の作品づくりの為にもダンサー/俳優問わず沢山の人との出会いを広く募集します。御興味の有る方、奮って御参加ください。

【ワークショップ概要】
日  時:2011年8月17日(水)18-22時、18日(木)18-22時、19日(金)18-22時、20日(土)終日、21日(日)終日(※発表公演)

参 加 費:5,000円(発表公演含)

定  員:各グループ8名前後(原則全日参加。応募多数の場合選考有)

応募〆切:7月31日(日)必着

結果通知:8月3日(水)

会場・お問合せ・申込先:アトリエ劇研
〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1(京都市営地下鉄松ヶ崎駅より徒歩約15分)
Tel. 075-791-1966
mail. info@gekken.net
http://www.gekken.net

【京都クリエイションWS2011 応募方法】
メール、郵送にて「京都クリエイションWS希望」と件名明記の上、
1.名前(フリガナ) 2.住所 3.電話 4.アドレス 5.年齢
6.希望コース
7. 経歴(書式自由/所属等の有る場合は明記)
を記載の上、アトリエ劇研迄お送り下さい。

【京都クリエイションWS2011 発表公演!】
参加団体:shelf 重力/Note 冨士山アネット
日 時:2011年8月21日(日) 15:30-★、18:30-
受付/開場は共に30分前
★終演後演出家によるトーク有

入場料:前売・当日共 1,500円
会 場:アトリエ劇研
〒606-0856京都市左京区下鴨塚本町1(京都市営地下鉄松ヶ崎駅より徒歩約15分)
Tel:075-791-1966 http://www.gekken.net/

【上演条件!】
①上演時間を20分前後とする。
②各団体共、出演者を公募にて決定。(各団体関係出演者は2名迄)
③各団体共、4日間の決められた時間の稽古の後に発表。新作とする事。

  • 2011.07.05 (火) 02:50
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

shelf昼間長期ワークショップ4-5月期について

SENTIO prd.で続けていたshelf昼間長期ワークショップですが、今月からSENTIVAL! が始まるため会場を変更します。また、日程も変則的ですが、4-5月期は下記の日程を予定しています。

4/25(月)13:00~17:00
5/1(日)13:00~17:00
5/ 2(月)13:00~17:00 **中止
5/ 9(月)13:00~17:00
5/16(月)13:00~17:00
5/23(月)13:00~17:00 **中止
5/30(月)13:00~17:00 **中止


4-5月も原則毎回月曜日の日中に開催予定です。変則的なので、月謝制ではなく1コマ2,000円で実施します。ご興味のある方は一回からでもご参加いただけますので、お気軽に info@theatre-shelf.org までお問い合わせください!

ワークショップ内容の詳細はこちらをご覧ください。
http://theatre-shelf.org/diarypro/archives/603.html

  • 2011.04.20 (水) 18:20
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

明日3/21(月・祝)、明後日22(火)センティオワークショップ開催します。

今週は二日間連続ですが、明日明後日、通常通り13:00~17:00@ateler SENTIO(豊島区池袋本町4-29-10-1F)にて行います。緊急時の連絡先は、090-6139-9578(shelf)です。

SENTIO prd.のshelfワークショップも、明日明後日で区切りです。次回開催日は現在調整中。参加者の皆さん、よろしくお願いします。

  • 2011.03.20 (日) 17:45
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO