記事一覧

“THE WILD DUCK” by BELVOIR STREET THATRE (AUSTRALIA)

で、観劇メモ。

昨日 8/29(水)、マチネで観たオーストラリアの「野がも」が素晴らしかったです。

写真を見て貰うと分かるかもしれないんだけど、完全に現代に置き換えられてました。置き換えというか、換骨奪胎というか、大筋は原作を読んでいれば追える程度に残しながら、ぜんぜん違う話になっていました。

美術も良くて、全面ガラス張りのスクエアに仕切られた空間が舞台で、二面方向に客席が仮設されていたな。小道具も全部リアルで、しかし置き道具は全くなし。そういえば、写真だと野鴨だけど、今回は家鴨を使ってたな。現地調達なのかな?

俳優のセリフは全部マイクごしでスピーカーから流されて、1シーンが長くて10分、短いと1分位で次々と暗転を挟んで場転を繰り返すんだけど、舞台全部がクリアに見えるときとほんの片隅しかライトアップされないときとのバランスがとても気持ち良くて、しかもその暗転もぜんぜん速くて、意味深じゃなくて、

ああ。そうか。これはきっと良い意味でテレビCMに慣らされた現代人の感覚なんだな。それにフィットする時間感覚を、演出が意図してたんだろう。とにかく芝居運びがとても心地よいリズムでした。

というか、演出だけじゃなく、前述したように完全に書き換えられているスクリプトがきっととっても好いんだ。

パソコンや携帯電話やタクシーが出て来る(さすがにタクシーは現物ではなくてオフステージの演出でした。しかも原作にないシーンがラストに付け加えられていて、そのシーンでだけ、ガラス箱のこちら側で演じられて。他の観客に聞いてみたら、最後のシーンはヘドヴィグの死後、一年後の1シーンで、おそらく墓参りに行った帰りの夫婦の会話とのことでした。)なんてのはもう、当たり前で、ヘドヴィグがもうSEXの話しはするし、グレーゲルスだっけ? エクダル家に「真実」をつきつけ、結果的に事件を引き起こす彼に、キスを迫るシーンがあったり、(そんなプロットは前述の一年後のシーン同様、勿論オリジナルテキストにはない。)

ともかくデティルしか書けないのが情けないんだけど、まるきり違う話しになってた、それなのに(そして例によって英語が3割くらいしか聞き取れないのに)感動したんだから。

観客も芝居が終わった瞬間にオールスタンディングオベーションだった。あんまり惜しいのでスタッフに頼んで、戯曲を貰えるようにお願いしてしまったよ。


ファイル 904-1.jpg

ファイル 904-2.jpg

ファイル 904-3.jpg

ファイル 904-4.jpg

ファイル 904-5.jpg


http://www.belvoir.com.au/

  • 2012.08.31 (金) 06:52
  • Permalink
  • THE INTERNATIONAL IBSEN FESTIVAL 2012
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

初めてトラムに乗りました。

昨日 8/29(水)のことですが。

ファイル 903-1.jpg

こちらに来て初めて、こちらのトラムに乗りました。乗り方が難しくって、何せキオスクで買うのと車内で買うのとで値段が違うし、(キオスクで30NOK、約450円。車内で買うと50NOK! 初乗りで750円もする!)英語表記やアナウンスはないし、で超ドキドキしながら乗りました。

ファイル 903-2.jpg

車内のマップを見ながら目的地へ向かいます。TOSHOVTHEATERTってところが目的地なんだけど、降りる駅名がTOSHOVでホント、良かった。

親切な人が最寄のキオスクの場所(このときは実際は本屋さんのようだった。)を教えてくれて、帰りもセブンイレブンでセントラルステーションまでの行き方を教えて貰って。

セブンイレブンでトラムのチケットが売ってるのって不思議な感じ。キオスクで買うのと車内で買うのとで切符の値段が違うのって、ヨーロッパ特有なのかな。


ファイル 903-3.jpg

昨日は、マチネにオーストラリアのカンパニーの「野がも」をAMFISCENEN(ナショナルシアターの正面入り口から入って右手のエレベーターで上がったところにある。)で16:00から観て、それから移動してもう一つのナショナルシアターであるTOSHOVTHEATRETへ。

上の写真はTOSHOVTHEATRETの入っている建物の外観。

ファイル 903-4.jpg

入口。

ファイル 903-5.jpg

階段を上って最上階へ。ソアレは20:00からナショナルシアターの俳優とどこだったっけか、クロアチアかどこかの演出家の共同制作作品を観ました。演目は、「ペール・ギュント」。

ポスターが貼ってあるんだけど分かるかな。

  • 2012.08.31 (金) 06:30
  • Permalink
  • THE INTERNATIONAL IBSEN FESTIVAL 2012
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

“Nora oder ein Puppenhaus” by theater oberhausen

ファイル 902-1.jpg

ファイル 902-2.jpg

ファイル 902-3.jpg

今日はドイツの theater oberhausen の“Nora oder ein Puppenhaus”(「人形の家」)をHovedscenen(ナショナルシアターメインホール)で観劇。スクエアに区切られたフロアと、クリスマスツリーの書き割り一枚(可動式)のみのシンプルな舞台。なのに凄い面白かった。照明と、抽象的な映像がカッコ良かったな。あととにかく俳優が凄い。キュートでユーモラスでチャーミングだった!

初演は劇場のホームページを見るとどうやら2010年の10月らしい。で、2011年に、Berliner Theatertreffenに招聘されているとのこと。プログラムによると、ヒッチコックとファスビンダーの影響を受けている。らしい。

なんだか「らしい」ばかりだな。英語及び独逸語読解力のなさに無念。写真を見て貰うと分かると思うけど、非常にクレイジーで、しかしとても興味深い演出でした。

ファンタスティックでグロテスクで、ユーモラスでホラーなんだけど、それじゃ何も分からないよね。

終演後、特にラストシーンについてはいろんな疑問が残りました。でもそれはとてもいい意味で、であって、少なくとも僕にとっては、観ながら、いろいろなことを考えることが出来た。

詳細は省くけど、観て、感じて、思考が加速される体験って得難いものだと思うのです。イプセンの、特に「人形の家」を見る時ってどうしても三幕のラスト、ノーラの劇的な変化をどう“処理”するのかが勝負どころになると思うんだけど、だからそこをどうするのかについて一幕二幕を見ながらそこからの変化を期待するし、

だけどそこに答えが明示されている必要はない。そんなことを今回感じました。勿論、(古典を扱うときは特に)演出コンセプトがしっかりしていて、しかもそれが舞台上に具現化されている必要があるのだけれど、勿論それはきちんとなされていたし、とにかく観ていて、僕は非常に興奮しました。言葉が分かればもっと面白かっただろうなあ!

ああ! 誰か他の観客と喋りたい。IdaとThomasもどこかで観る筈なので、捕まえて感想を聞かせて貰おう。

探してみたら動画がありました。写真よりもまたちょっと違った雰囲気が伝わると思います。いやあ。それにしてもホントにクレイジーな演出でした。いや、分かる。分かるんだけどね。クレイジーだ。ドイツってこんななのか、今。前から思ってたのだけど今回の作品を見て、俄然、ドイツ演劇に興味が湧いてきました。

http://www.theater-oberhausen.de/

  • 2012.08.29 (水) 07:37
  • Permalink
  • THE INTERNATIONAL IBSEN FESTIVAL 2012
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

“I disappear” by Arne Lygre

Thomasと別れてから時間があったので名取さんに電話して、そしたらホテルで一人で仕事してるからお出でよって仰って頂けたので、ずうずうしくもホテルにお邪魔して、お茶に付き合って頂きました。

名取さんたちの泊まってるホテルの最上階に珈琲や紅茶とお菓子をサービスしているラウンジがあって、そこで、けっきょく2時間近くお話しを聞かせて貰ったかな。いろいろ勉強になるお話を伺えて。たいへん有意義な時間を過ごさせて頂きました。有難うございます。

それからいったんユースホステルへ戻って、エアメールを出すために郵便局へ。セントラルステーション駅構内にあるのがいちばん近いと教えられたため、セントラルステーションへ。

ファイル 901-3.jpg

写真は駅前広場。みんな階段に座って日向ぼっこ? してます。ツーリストだけじゃなくオスロ市民の憩いの場にもなっているみたい。

ファイル 901-4.jpg

駅に向かう途中で見つけたバーガーキング。セブンイレブンもあります。(売ってるモノぜんぜん違うけど。)

ファイル 901-1.jpg

中央駅構内の郵便局。日本と同じで、番号札を取って並びます。日本まで手紙を出す場合は、ハガキ1枚か20gまでの封書で、13NOK~。約195円。

ファイル 901-2.jpg

黄色いポストはノルウェー国内専用。日本へ送る場合は赤いポストに投函します。

…て、書いてて逆に投函しなかったか急に不安になってきた。

どうしよう。

どうしようもないか。

まいいや。

ファイル 901-5.jpg

でもって今日の観劇。

20:00~@Malersalenというナショナルシアターのメインホール(メインホールはHovedscenenという名前。)の反対側に入口があって、そこの4階だったか5階だったかにあるキャパ200位のちいさな劇場で観劇。

2011年10月にパリで世界初演された、ノルウェーの劇作家の作品。英訳タイトルが、“I disappear”という作品でした。

感想は、うーん。

全編ノルウェー語で、しかも動きらしい動きがなく、二脚ある椅子に4人の俳優が入れ替わり立ち替わりで観客の方を向いて、ひたすら喋る、喋る、喋るという構成だったので、ちょっと、や、かなり難しかったです。飽きずに見られたのは、いろいろ別なこと考えながら見られたからかもしれません。

なにしろ、英語のシノプシスは渡されたんですが、事前に読む暇もなく。必死で暗闇でシノプシス読みながら筋を追ったのですが、対話も対話らしくない、モノローグに近い作品だったので、けっこう見てて、外国人には悩ましかったかな。同じ日にたまたま観ていた韓国人の翻訳とかされてるKorea Arts management serviceのキムさんも、very difficult.って仰ってましたし。

でもなんか、面白かったんだよな…。何せ、シノプシス読んだだけでぜんぜん飽きずに見ていられたのだから。

そうだ。英語版の戯曲のコピーも貰ったんだった。

喋ってる内容は分からなかったけど、戯曲の雰囲気は面白そうな内容だったので、帰国したらじっくり読んでみよう。

あ、作家の名前は、Arne Lygreという男性です。調べてみたら、ノルウェー国内でよりも、海外で有名な作家らしく、例えば、2007年には彼の別の作品がクロード・レジによって、パリのオデオン座で演出されてるらしい! です。

http://www.arnelygre.com/

  • 2012.08.28 (火) 22:40
  • Permalink
  • THE INTERNATIONAL IBSEN FESTIVAL 2012
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

DET NORSKE TEATRET

ファイル 900-1.jpg

劇場の最上階にあるカンティーナ。関係者向けの食堂です。食べ物も飲み物も割安。窓が二方向にあって、何より開放的で気持ちのいい空間でした。

ファイル 900-2.jpg

時間が前後するけど、イプセンの墓の前で、Thomasが見せてくれたイプセンの死顔の写真。わざわざ持って来てくれたのは二巻組の分厚い専門書の一冊でした。日本語訳は、ないだろうなあ。

ファイル 900-3.jpg

カンティーナにはオープンテラスもあったりする。ここの眺望も、すごい良かった。

ファイル 900-4.jpg

楽屋口。ここでThomasと別れました。彼はこの後9月にロンドンでマラソンに参加するとかで、トレーニングを日課にしているんだそうです。なんか、生活にゆとりがあって優雅だなあ。

あ、Thomasはちなみに今年で30歳。若い!

ファイル 900-5.jpg

撮りそびれていた国立美術館の外観。DET NORSKE TEATRETと、ナショナルシアターのすぐ近くにあります。隣りには改装中の大学もある。

  • 2012.08.28 (火) 22:17
  • Permalink
  • THE INTERNATIONAL IBSEN FESTIVAL 2012
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO