記事一覧

TPAM2015,ショーケース無事修了。

shelf volume 19[deprived]@TPAMショーケース無事に終了しました。想定していた以上に多くの出会いや経験を得ることが出来ました。ご来場頂いた皆様には改めてお礼を申し上げます。本当に有難うございました。

今回、人手が足らないとか予算がないという理由だけではなく、敢えて必要最小人数で公演を敢行してみたのですが、(俳優6名+演出である矢野の合計7名!)やれば何とかなるものですw 受付は劇団員の春日茉衣と川渕の二人体制。会場はもともとオフィスビルのイベントスペースだったので、そこにあるものだけ・準備が出来る時間の範囲内で設営。


ファイル 1264-1.jpg


ファイル 1264-2.jpg


もちろん、さくらWORKS<関内>という空間が持つ力と、なによりここをリノベーションする際に関わった様々なアーティスト・デザイナーの方々の力を(こっそり)借りて、shelf作品の上演ポリシーの中心にある、「出来る限り会場(劇場)の機構や剥き出しの壁面などを活かしてサイトスペシフィックな作品として上演を行う。」ということが、十全に発揮できたように思います。

次はd-倉庫です。5月にd-倉庫主催の◎現代劇作家シリーズ5:J-P・サルトル「出口なし」フェスティバル参加作品として「出口なし」を上演します。詳細はまもなくshelfホームページ等でリリースします。

久しぶりの新作です。ご期待下さい。

  • 2015.02.17 (火) 11:58
  • Permalink
  • archive::[deprived]@TPAM 2015
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

TPAM2015,とても充実した時間を過ごしています。

バタバタの初日を無事? に開けて、いつものように終演後には、ささやかなレセプション・パーティ。海外からいらしたTPAMのゲストも何名かいらして下さって一般の観客のみなさんと俳優陣とで、だいたい一時間ほど。

けっきょく字幕が用意できなくって、英文の構成台本を用意しただけ、という、なんともかたちだけは間に合わせたかなという、あまり褒められない準備不足でのオープニングではありましたが、国外からのゲストの一人はそれ(英文台本)すらも見ず、集中してパフォーマンスをご観劇下さって、終演後には僕にとても熱心に感想を伝えてくださいました。

いろいろな言葉を頂いたのですが、俳優のプレザンス(存在感というような意味)が素晴らしい。と。有り難い言葉です。

他にもいろいろなお客様とお話しが出来ました。貴重なご意見・ご感想を下さったみなさま、本当に有難うございました。

会場を後にしてからは少しだけ身内で、さくらWOKS<関内>の向かいの台湾料理屋で遅い夕飯を食べて、終電間際のメンバーを駅まで見送って、僕だけ横浜に残ってTPAMのフェスティバル・バーみたいなお店に少しだけ顔を出しに。時間も遅かったので、ひょっとしたらもうみんな疲れて帰っちゃってんじゃないか? と、危うんでいたのですが、いやいや。みなさんお元気です...

ファイル 1263-1.jpg

AMAZON CLUB
http://www.amazon-club.com/


そこでまた、国内外からいらしているいろいろなゲストとお話をすることが出来たり。例えば、バンコクのイベントスペースのプロデューサー氏や、北京の劇場のアートディレクター氏、どちらも若くとてもエネルギッシュな方で、話をしていて盛り上がって、都合をつけて今日、shelfを観に来てくれることになりました。こういう出会いが、本当に楽しいです。

でもって、AM2:00過ぎになって、先にチェックインだけ済ませていた本日の宿に無事に戻り。三畳一室一泊3,200円、ゲストハウスといえば少しは響きが良かろうものの実質は東京の山谷、いわゆる木賃宿。

ヨコハマホステルヴィレッジ
http://yokohama.hostelvillage.com/ja/


ファイル 1263-2.jpg

ファイル 1263-3.jpg


寿町って、そういう町みたいです。五階建てのビルなのに当たり前のようにエレベーターはなかったり。までもさすがに清潔ではあって、これはこれで快適な夜を過ごすことができました。

朝起きてホステルヴィレッジをチェックアウトして、のんびり歩いて会場まで来たのですが、朝と夜とではまた顔の違う町並みが非常に興味深く。

さあ。本日二日目です。今日はマチネが14:00開演、ソアレが18:00開演です。上演時間が60分なので、TPAMのほかのプログラムとのはしごも出来ますw

皆様のご来場心よりお待ちしております。
 

  • 2015.02.14 (土) 11:29
  • Permalink
  • archive::[deprived]@TPAM 2015
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

shelf volume 19 [deprived]【TPAMショーケース 参加作品】本日初日です。

午前中に海外から来られた方へ渡すテキスト英訳版をとりまとめて、当日パンフレットを書き直して、予約リストを確認して横浜へ。13:00に集合して、今回の上演会場であるさくらWORKS<関内>に入って、客席と、アクティングエリアと、その他いろいろをその場で即興で考えて配置して、それからみんなで掃除。雑巾がけとか、いろいろ。

で、今ココ。

まもなく場当たり稽古開始。17:00からゲネプロ(写真撮影有)で、18:30受付開始、18:45開場、19:00に初日のステージが開演でございます。

下の映像は、昨年10月の京都公演のダイジェスト映像。撮影・編集はもちろん陳維錚さん。

当日券もございます。

馬車道の、古い港町の風情を残しつつも、近代的なオフィスビルが立ち並ぶ中の旧いビルをリノベーションした、シェアオフィスのイベントスペース。という、なかなかに物語ある劇場が立ち上がりました。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。
 
 

shelf volume 18 "deprived" digest
Composed and Directed by Yasuhito YANO
Cast: Yuko KAWABUCHI / Mai KASUGA / Yusuke MORI / Atsuko OGAWA / Mami WATANABE / Mako MITSUHASHI
Movie shot on October 2nd, 2014 at ATRZONE Kyoto, Japan.
Created by TANJC

  • 2015.02.13 (金) 15:18
  • Permalink
  • archive::[deprived]@TPAM 2015
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

百景社アトリエ祭2015

昨日は本番前の最後OFF。一日かけて、土浦まで百景社アトリエ祭を観に行ってきました。あいにくのお天気なのに客席は満席のアトリエ祭は昨日が最終日。客席には高校生や大学生、なかにはご高齢の方もいて。ここにアトリエを開いてからの2年間、志賀君たち百景社メンバーがどのように拠点を育ててきたのかがうかがわれます。たいへんだろうけど、きっととても遣り甲斐のあることなんだろうなあと。

ファイル 1261-1.png

百景社アトリエ祭2015
http://www.hyakkeisya.org/atelier15.html

一本目は、shelf次々回作は、5月の『出口なし』に客演してくれる文さんの出演している鎌ヶ谷アルトギルドの新作、『いつも心に太陽を』(作/つかこうへい)を観劇。期待を裏切らない男芝居。素晴らしかったです。拍手。

石井君の演出とつかこうへい戯曲とは、頗る相性が良いのだと思う。何年か前に観た『熱海殺人事件』が、実はずっと個人的な石井演出のベストだったし。

だけどそれ以上に今作は、しかしぶ厚い大樹の幹のような肉感の溢れる、それだけでなく、はにかむような、或いは人を騙くらかして引き込んじゃうような笑みと、少しの悪意を潜ませながらそして、かつてつかこうへいが注いだ社会的弱者やマイノリティに対する限りない愛を丸ごと飲み込んで自分のものにしたような。まあ、僕なんぞにしのごのいわれるような余地のない、凄い作品でした。感動した。

2本目は百景社の『ロミオとジュリエット』。これにはすっかりヤられました。『ロミオとジュリエット』といえば、大迷惑な若者の身勝手な恋に振り回されるラブ・ロマンス(ラブ・コメディ?)と思い込んでいたのが、まさか、昨今の過激派による連続テロ事件や、世界に広がる憎悪の連鎖、この不穏な世界のどうにもやりきれない哀しさを映し出そうとは。

あと、客演の八木君が本当に素晴らしかった。もちろんそれは演出の志賀君の大胆な仕掛けが功を奏していたのだけれど。

打ち上げにもお誘い頂き、ずいぶん遅くまでお邪魔をしました。岐路は霧に包まれての常磐線。芝居を観て、いろいろな言葉を人と交わし、いろいろと発奮させられました。


ファイル 1261-2.jpg

shelf volume19[deprived]@横浜TPAM初日まであと4日です。
 

  • 2015.02.09 (月) 12:02
  • Permalink
  • review
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

戦艦ゲーム(海戦ゲームといったりもします。)

昨年6月くらいから世田谷区の登録で、NPO法人からの派遣として主に養育困難家庭の育児サポートのために要請のあった家庭にケアワーカーとして派遣されるというお仕事をしています。

で、幾つか訪問しているお宅のうちの一つで将棋が好きな小学生がいまして、いつも真剣に対戦して勝ったり負けたり楽しく過ごしていたんですけど、それでもやっぱ、将棋ばっかりでは飽きるよなあと思案を巡らせていてふと昨日、懐かしのゲームを思い出して、やってみました。戦艦ゲーム(海戦ゲームといったりもします。)です。

ファイル 1260-1.jpg

ご存じの方、いらっしゃるかしら。昔からある紙と鉛筆だけで出来る対戦ゲームです。将棋が好きならこんなのは? と誘ってみたら案の定大盛り上がり。してやったり。

何戦かやって、小学生の兄妹にしっかり連敗して来ました。

次回派遣時もまた戦艦ゲームで遊ぶ約束です。でもその前に宿題ちゃんとやれよ。

  • 2015.02.07 (土) 11:19
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO