記事一覧

「三島ル。」フライヤー到着!

そうこうしているうちに、次回12月公演のフライヤ―が届きました。今週末あたりから、三重県、愛知県長久手市近辺で、お目見えすることになると思います。shelfでは、ご住所頂いているご近隣の方には郵送もしようと思っています。

ファイル 932-1.jpg

うちにも欲しい! という方はお気軽にご連絡くださいませ。

  • 2012.09.14 (金) 13:32
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

長久手市文化の家×三重県文化会館 合同プロデュース!

「THE MISHIMA WORLD 三島ル。」

長久手市文化の家 風のホール 12月1日(土)~2日(日)
第七劇場「班女」、shelf「弱法師」

三重県文化会館 小ホール 12月8日(土)~9日(日)
shelf「班女」、第七劇場「邯鄲」

三島ル。あいさつ

今回の「三島ル。」は、偶然からなる必然で制作と相成る。
Shelfの矢野氏、第七劇場の鳴海氏、三重県文化会館の松浦氏、そして長久手市文化の家の籾山の4者が偶然にも東海から遥か遠くの鳥取県は鳥の演劇祭で出会った。両劇団は偶然にも近代能楽集から同作品「班女」を発表していた。両者の演出技法と俳優の演技に圧倒された。
100名は参加していたと思われる夜の交流会、導き合うように「三島に乾杯!」とグラスを傾けた。3年前の秋である。

8作品の三島由紀夫の近代能楽集から海外での評価が高い「班女」を三重と長久手で違う演出家により上演。邯鄲(三重)と弱法師(長久手)は各劇団が新たに創り上演する。
他にも多角的に三島に思いを馳せる関連企画を多数用意した。
没後42年余、どの時代も三島を受け入れてきた私たち。
ここに新たな演劇の出会いが三島由紀夫の遺志と意思を考える機会であることを願う。

長久手市文化の家 三重県文化会館


…詳細はしばらくお待ちください。

  • 2012.09.06 (木) 09:27
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動