記事一覧

shelf次回作(6月下旬)ワークショップオーディションのお知らせ

3月下旬、一般開放する予定の基礎稽古場で、オーディションを兼ねたワークショップを行います。

日時等、詳細は下記をご参照ください。

shelfを見たことがある方、あるいは矢野の文章を読んで、(公式サイトやこのブログにに多数上がっています。)多少なりともご興味たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に、稽古場に遊びに来るつもりでご参加下さい。

皆さまのご参加心よりお待ちしております。

【講師プロフィール】
矢野靖人 YasuhitoYANO

shelf演出家・代表。1975年名古屋生。北海道大学在学中に演劇を始める。2002年2月shelf始動。shelfでは洋の東西を問わず、毎公演、古典的テキストを中心に大胆に再構成。同時代に対する鋭敏な認識、空間・時間に対する美的感覚と、俳優の静かな佇まいの中からエネルギーを発散させる演技方法とを結合させ、舞台上に鮮やかなビジョンを造形し、見応えのあるドラマを創造する手腕が高い評価を受けている。

代表作に、『R.U.R. a second presentation』(作/カレル・チャペック)、『構成・イプセン ― Composition / Ibsen』(作/ヘンリック・イプセン)、 『悲劇、断章 ― Fragment / Greek Tragedy』 (作/エウリピデス)、『Little Eyolf―ちいさなエイヨルフ―』 (作/ヘンリック・イプセン)等。

自身のプロデュースするshelfの他、2006年~2009年、横濱・リーディング・コレクション(共催/横浜SAAC、横浜市市民活力推進局)プロデューサー、総合ディレクターを務める。日本演出者協会会員。(財)舞台芸術財団演劇人会議会員。


【日程】3/16(土)、3/17(日)、3/23(土)、3/24(日)、3/30(土)、3/31(日)の6日間のうちいずれか1日以上受付。(複数コマ受講推奨。)

【時間】各日とも18:30~22:00

【場所】世田谷区内 ※ご応募頂いた方に直接お知らせいたします。

【申込締切】 開催日前日の24:00まで

【参加費】 1,500円/1日

【応募資格】 年齢・舞台経験不問。オーディション希望者は、5月1日(水)~本番までの平日夜、土日昼夜(6月に入ってからは原則週5日間程度、5月中は週3日程度を予定。)の稽古、及び本番仕込日からの日程、6月27日(木)~30日(日)に全日参加できること。

※稽古NG日等については応相談。

【定員】 各回定員先着10名(予定)※オーディションご希望の方はお早めにご連絡ください。

【内容】
簡単なボディワーク(ストレッチ、呼吸法、重心のコントロール等)から短いテキスト(三島由紀夫の「近代能楽集」より下記二作品を使用予定。)を使った実演までを予定しております。初心者の演劇入門から経験者のブラッシュアップまで幅広く対応致します。何かご不明な点がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせ下さい!

※ワークショップの受講のみも受け付けております。

【申込方法】お名前、ご住所、電話番号、年齢、プロフィールをご記入のうえ、メール info@theatre-shelf.org までお申し込みください。折り返しご連絡いたします。

【次回作について】
shelf volume15
 『班女/弱法師』
 2013年6月28日(木)~30日(日)@d-倉庫(東京)
 作/ 三島由紀夫
 構成・演出 / 矢野靖人
 出演 / 川渕優子、春日茉衣、森祐介、たけうちみずゑ (chon-muop)、ほか

  • 2013.02.27 (水) 04:23
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

今日、明日のshelfワークショップ参加下さる皆さんへ

他の参加者の方からご質問がありましたので、幾つかお答えしておきます。

・取り敢えずP16の真ん中の「被災地に~」の段は女2の台詞です。
・あと、P16の冒頭は女3です。
・テキストは出来るだけそのまま覚えて下さい。

最後のイッコについてですが、今朝がたtwitter、facebookにも書いたのですが、台詞を覚えるという作業は、そして覚えた語を発語するという行為は、shelfにとっては、役を作って着こんでいくという作業より、一枚一枚着ているものを脱いでいくような作業になります。

それは決して素の自分じゃないんだけど、自分でしかあり得ない、他の何ものでもない、精神的にも身体的にも自分史を背負った、だけど自分とは少しズレたところにあるいわば自分´(ダッシュ)のようなものです。

それは、身体と感情と、声の帯びる情報に自分の個人史と、自分の生を経てきて、結果逃れようのなくそこに時間のように降り積もり、斯様に形成されてしまった自分の「在りよう」を、そこに無防備に託し、しかし与えられた“テキストとは適切な距離を取って”立つ、ということです。

安易に身体に落とし込んで、語尾や文体を変えて言葉を発してしまうのは、それはテキストの外形だけでなく、本質を取りこぼすおそれがあります。

テキストは、人間の内面を形成しているものだけど、だからこそ、冗長率の高い現代口語ではなく、硬質で人工的なテキストの発語(話法、「語り」の方法)を身につけてほしい。

巨匠のブログを掲載します。可能であれば、今日明日のワークショップ参加者には、目を通しておいてほしいです。携帯端末でも読めるはずです。

|12月23日 語りの演技
http://www.scot-suzukicompany.com/blog/suzuki/2012-12/#blog000122

基本的にshelfの作業は、この方の仕事をどうにかして発展的に引き継ぐことだと思っています。それではみなさん、本日15:30にアクテノンでお会いできることを楽しみにお待ちしております!

  • 2013.01.04 (金) 07:49
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

【shelfクリエイションワークショップのご案内】

2013年1月4日(金)-5日(土)の二日間、15:30-18:00 @名古屋市演劇練習館アクテノンで、shelfクリエイションワークショップを行います。shelf 3月公演[edit]@七ツ寺共同スタジオのプレ企画です。

shelfのクリエイションの場を垣間見てみたい方、是非お気軽にご参加下さい。参加費は、2日間で、1,000円を予定してます。定員は10名程度。

所謂俳優教育やコミュニケーション教育目的でなく、実践的な、shelf 3月公演に直結するクリエイションを試したいと思ってます。つまり、3月に七ツ寺共同スタジオで上演する[edit]のクリエイションを、参加者と共に実施したいと考えています。

ひょっとすると、出演していただく機会も得られるかもしれません。つまり、出演者オーディションも兼ねる、ということですが、こればかりは、まあフタを開けてみないと分かりません。

とまれ、経験者・初心者をといません。

ご興味お持ちになりましたらお気軽に

・お名前・年齢・住所・連絡先電話番号・演技経験の有無

を添えて、メール info@theatre-shelf.orgか、メッセージ、FAX.03-5317-0802までご連絡下さい。

〆切は特に設けていませんが、遅くても前日までには意思表示をして頂けると助かります。

扱うテキストを事前に送付しておきたいので、PCのメールアドレスを添えて、ご応募頂ければ幸甚です。

皆さまのご参加をお待ちしております。

  • 2012.12.28 (金) 04:02
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

shelf新作、2012年12月長久手・三重shelf公演プレ企画!!

連続ワークショップのお知らせです。

・shelf WORKSHOP!!(1) 現代演劇をもっと身近に楽しむための演劇ワークショップ

 創作ワークショップ:身体から考える演技論

 日 程:11月7日(水)~9日(金)
 7日(水)19:00~22:00【3H】
 8日(木)19:00~22:00【3H】
 9日(金)19:00~22:00【3H】
 料 金:通し参加(3コマ、合計9時間)7,500円 ※単発参加1コマ3,000円
 定 員:15名程度
 対 象:俳優
 会 場:スターネットジャパンビル
 愛知県名古屋市中区錦2-6-12
 (地下鉄東山線伏見駅 徒歩7分 鶴舞線・桜通線丸の内駅 徒歩5分)
 お問い合わせ先:
 shelf tel. 090-6139-9578 fax. 03-5317-0802 e-mail. info@theatre-shelf.org

 お申し込み方法:
 下記要項を、shelfワークショップ担当までご連絡下さい。FAX・メールでもけっこうです。

・お名前(ふりがな)
・年齢
・ご職業
・ご住所
・電話番号
・e-mailアドレス
・演技経験の有無(有りの場合、具体的に)
・参加希望コース □通し □単発(  日) □見学(  日)

 お申し込み〆切:11月5日(月)24:00

ワークショップ内容(1):愛知県名古屋市開催!

「テキストとの距離/役作りという発想から自由になる」

与えられた言葉(台詞)について、その言葉を発すべき身体の在り様を探ることから演技を組み立てる。テキストと俳優との適切な距離を探り、そのために必要な身体の取り扱い方、空間への関わり方の方法を考える。参加者各自が持ち寄った自身の方法を検証しつつ、shelfが取り組んでいる<語り>の方法を軸に実践を通して、短いシーン作成までを行います。

舞台上で空間と時間を支配し、日常と異なる・強度の高い場へと如何に再構築するか? ――― 俳優の「立ち方」と「語り」の方法を検証し、テキストと俳優との適切な距離を探るワークショップには定評があります。

俳優は勿論、shelf新作の創作プロセスを知りたい、制作の現場に携わりたい方も是非。
皆さんからの意欲的なご応募をお待ちしております。

【プログラム内容(予定)】
・ウォーミングアップ―感覚を開くために―
・古典戯曲のテキスト(対話)を使った実践1
・古典戯曲のセリフと向き合う方法についてのレクチャー
・古典戯曲のテキスト(対話)を使った実践2(発話時における簡単な身体の条件を決めて、方法を通して芝居を作ってみる)

主催 / shelf
協力 / スターネットジャパンビル株式会社
企画・製作 / shelf


・shelf WORKSHOP!!(2) 現代演劇をもっと身近に楽しむための演劇ワークショップ

 「三島由紀夫を読む!」

 日程:11月10日(土)~11日(日)
 10日(土)19:00~22:00【3H】
 11日(日)13:00~16:00【3H】
 料 金:1日1,000円(二日間連続参加 1,500円)※戯曲コピー代込
 定 員:20名程度
 対 象:一般 ※未経験者歓迎!

 ※参加費は事前にご予約の上、当日受付にてお支払いください。

 会 場:三重県生涯学習センター 3Fスタジオ
 三重県津市一身田上津部田1234 Tel. 059-233-1100(文化会館)

 お問い合わせ先:
 shelf tel. 090-6139-9578 fax. 03-5317-0802 e-mail. info@theatre-shelf.org


 お申し込み方法:
 下記要項を、shelfワークショップ担当までご連絡下さい。FAX・メールでもけっこうです。

・お名前(ふりがな)
・年齢
・ご職業
・ご住所
・電話番号
・e-mailアドレス
・演技経験の有無(有りの場合、具体的に)
・参加希望コース □通し □単発(  日) □見学(  日)

 お申し込み〆切:11月5日(月)24:00

ワークショップ内容(2):三重県津市開催

「とりあえず声に出して、読んでみよう。」

名前は知っているのに読んだことのない戯曲。せっかく読み始めても、どう読んだらいいか分からなくて、途中で諦めてしまった戯曲って、ありませんか。

シェイクスピアとかチェーホフとか。岸田國士に、三島由紀夫。ギリシア悲劇だって読んでおきたいし、近松門左衛門や、鶴屋南北だって読んでみたい。けど、そうはいっても戯曲なんてなかなか1人では読む機会ありませんよね。

だからといって人類のせっかくの遺産を、ぜんぜん読まないまま死んでしまうのは勿体無い。そう思ったので、「戯曲を読むための場所」を作ることにしました。

戯曲の言葉は本来声に出し、耳で聞かれることを前提に書かれてあります。1人では読みづらい古典戯曲も、みんなで声に出して読んでみることでずっと親しみやすくなることがあります。

今回は折角なので、shelfが次回作で取り扱う作家、三島由紀夫を読もうと思ってます。日本の近代戯曲で最も技巧的で精緻な文体を築き上げたといわれる三島由紀夫。海外でも一二を争う有名な日本の劇作家です。(日本では小説家としての方が有名かもしれませんが。)その戯曲には、現代にいたる近代以降の人間が抱え込んだ、業というか、この愛すべき屈折した人間の性のエッセンスが詰まっています。

俳優志望の方もそうでない方も、お気軽にご参加下さい。お茶とお菓子を用意してお待ちしております。

古典といわれる名作戯曲はすべて、時代を超えて今に残っている、それだけの力と理由があります。一緒に読んで、考えてみましょう。現代演劇について考えたり、同時代の戯曲を読むときにもきっと役に立つと思います。

主催 / 三重県文化会館・shelf
企画・製作 / shelf

ファイル 920-1.jpg

ファイル 920-2.jpg

 ※上の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

<shelf次回公演情報>

長久手市文化の家×三重県文化会館 合同プロデュース
THE MISHIMA WORLD 三島ル。

長久手市文化の家 風のホール 12月1日(土)~2日(日)
第七劇場「班女」、shelf「弱法師」

三重県文化会館 小ホール 12月8日(土)~9日(日)
shelf「班女」、第七劇場「邯鄲」

  • 2012.09.06 (木) 06:51
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

9月オープン稽古のスケジュール

9月のオープン稽古のご案内です。スケジュールは下記の下記の通り。基本的に毎日、呼吸法、重心のコントロール、メソッド等をやっています。

稽古場所はご連絡頂いた方に直接メールでお知らせします。基本的にすべて世田谷区内(成城学園前とか、経堂とか、梅ヶ丘とか)です。

継続的な参加、大歓迎です。単発でももちろん。どうぞお気軽にお問合わせください。

稽古場の変更、お休みなどは随時お知らせします。

9月
13(木)18:00-22:00
15(土)18:00-22:00
17(月・祝)18:00-22:00
18(火)18:00-22:00
20(木)18:00-22:00
21(金)18:00-22:00
22(土)18:00-22:00
24(月)18:00-22:00
25(火)18:00-22:00
29(土)18:00-22:00

★参加される方は前日までにご連絡ください。
★稽古場には18時~入れます。全体で始めるのは19時ごろ~です。
★1月より基礎稽古参加の際に参加費をいただくことになりました。
参加費:500円/1回

参加者のレベルにあわせて進めていますので、初心者の方も大歓迎です。何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問合わせください。

ではではご連絡、お待ちしております!

  • 2012.08.19 (日) 00:08
  • Permalink
  • shelf workshop
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO