記事一覧

[deprived(仮)]制作のための参考資料 7,8

shelf volume 17 新作[deprived(仮)]の為の参考資料。いろいろな言葉を探して、この辺りのコトにも当たっています。

ファイル 1133-1.jpg

強い言葉、柔らかい言葉。極限を想定して書かれた言葉。ギリシア悲劇に登場する王たちや、昭和天皇の言葉。 「deprived(奪われている)」 という今回の創作のキーになる言葉に連なって、イメージを増幅させたり集約したり、或いは俳優が発語したときにその俳優がその言葉に対して持つ手触りや感覚が顕になるような言葉。

メッセージやコンセプトではなく、用意には言語化の出来ない個人的な身体にまつわる記憶も含めた、リアルな諸感覚そのものを舞台に乗せよう。と、いろいろな言葉を探しています。と同時に、言葉を探すのと同時に、政治的な局面等で人が発語する際に現れる特殊な 「振る舞い」 についてもいろいろと考え、且つ稽古場で実践・検証をし続けています。

疲れますよもう。年々稽古を“見る”コトにおける体力の消尽が増してきてます。不経済極まりないやね。
  
  
  
ファイル 1133-2.jpg

武田泰淳 |1912年(明治45年)-1976年(昭和51年)

日本の小説家。1934年(昭和9年)、竹内好らと中国文学研究会をつくる。1937年(昭和12年)に召集され、中国を転戦し1939年(昭和14年)除隊。1993年(昭和18年)評伝 「司馬遷」 を刊行する。上海で敗戦を迎え、帰国。敗戦体験をもとに 『審判』 『蝮(まむし)のすゑ』 等を発表。第一次世界大戦後、戦後派作家として活躍。1976年(昭和51年)10月5日死去。64歳。東京出身。東京帝大中退。旧姓は大島。幼名は覚(さとる)。兄は水産生物学者・東大教授の大島泰雄。妻は随筆家の武田百合子、娘は写真家の武田花。伯父に、僧侶・仏教学者・社会事業家の渡辺海旭。代表作に、『風媒花』 『ひかりごけ』 『富士』 『快楽』等。
 
 
ファイル 1133-3.jpeg


昭和天皇 | 1901年(明治34年)-1989年(昭和64年)

日本の第124代天皇(在位:1926年(大正15年)-1989年(昭和64年)。諱は裕仁(ひろひと)。幼少時の称号は迪宮(みちのみや)、お印は若竹(わかたけ)。歴代天皇の中で(神話上の天皇を除くと)在位期間が最も長く(約62年)、最も長寿(宝算87)であった。大日本帝国憲法の下では、「國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬」 する立憲君主制における天皇として、終戦の国策決定などに深く関与した。1947年(昭和22年)に施行された日本国憲法の下では 「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」 である天皇として 「国政に関する権能を有しない」 ものとされた。しかし占領期には、GHQ総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見などにより、独自の政治的影響力を保持した。主権回復後には、象徴天皇として皇室外交を行った。また、天皇としての公務の傍らヒドロ虫(ヒドロゾア)・変形菌(粘菌)などを、生物学研究者として研究した。

  • 2014.03.20 (木) 11:02
  • Permalink
  • archive::[deprived(仮)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

[deprived(仮)]制作のための参考資料 6

世間とは、いったい、何の事でしょう。人間の複数でしょうか。どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。けれども、何しろ、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きて来たのですが、しかし、堀木にそう言われて、ふと、
「世間というのは、君じゃないか」
という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤで、ひっこめました。
(それは世間が、ゆるさない)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)
(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)
(世間じゃない。あなたでしょう?)
(いまに世間から葬られる)
(世間じゃない。葬むるのは、あなたでしょう?)
汝は、汝個人のおそろしさ、怪奇、悪辣、古狸性、妖婆性を知れ!などと、さまざまの言葉が胸中に去来したのですが、自分は、ただ顔の汗をハンケチで拭いて、「冷汗、冷汗」と言って笑っただけでした。
けれども、その時以来、自分は、(世間とは個人じゃないか)という、思想めいたものを持つようになったのです。そうして、世間というものは、個人ではなかろうかと思いはじめてから、自分は、いままでよりは多少、自分の意志で動く事が出来るようになりました。

ファイル 1132-1.jpg

太宰治 | 1909年(明治42年)-1948年(昭和23年)

日本の小説家。本名、津島修治(つしましゅうじ)。1936年(昭和11年)に最初の作品集 『晩年』 を刊行し、1948年(昭和23年)に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺を完遂。主な作品に、『走れメロス』 『津軽』 『お伽草紙』 『斜陽』 『人間失格』。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。

  • 2014.03.18 (火) 13:30
  • Permalink
  • archive::[deprived(仮)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

[deprived(仮)]制作のための参考資料 5

僕も八十九歳になり、少し老人になったらしい。人間もいくらか老人になったらしい、人間としては少し老人になりすぎたらしい。いくらか賢くもなったかも知れないが、老人になったのも事実らしい。しかし本当の人間としてはいくらか賢くなったのも事実かも知れない。本当の事は分からない。しかし人間はいつ一番利口になるか、わからないが、少しは賢くなった気でもあるようだが、事実と一緒に利口になったと同時に少し頭もにぶくなったかも知れない。まだ少しは頭も利口になったかも知れない。然し少しは進歩したつもりかも知れない。ともかく僕達は少し利口になるつもりだが、もう少し利口になりたいとも思っている。皆が少しずつ進歩したいと思っている。人間は段々利口になり、進歩したいと思う。皆少しずつ、いゝ人間になりたい。いつまでも進歩したいと思っているが、あてにはならないが、進歩したいと思っている。僕達は益々利口になり、いろいろの点でこの上なく利口になり役にたつ人間になりたいと思っている。人間は益々利口になり、今後はあらゆる意味でますます賢くなり、生き方についても、万事賢くなりたいと思っている。ますます利口になり、万事賢くなりたく思っている。我々はますます利口になりたく思っている。益々かしこく。

ファイル 1131-1.jpg

武者小路 実篤 | 1885年(明治18年)- 1976年(昭和51年)
日本の小説家・詩人・劇作家・画家。従三位。文化勲章受章。授与された称号には名誉都民等。日本芸術院会員。、1910年(明治43年)に友人・志賀直哉らと雑誌『白樺』を創刊。以後、60年余にわたって文学 活動を続ける。代表作は、小説 『おめでたき人』『友情』『愛と死』『真理先生』、戯曲 『その妹』『ある青年の夢』等。多くの人生論を著したこ とで知られ、一貫して人生の讃美、人間愛を語り続けた。

  

  • 2014.03.17 (月) 12:50
  • Permalink
  • archive::[deprived(仮)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

[deprived(仮)]制作のための参考資料 4


Baby Laughing Hysterically at Ripping Paper.
紙を千切って貰ってひたすらそれを喜んでいる赤ちゃん。


  

little girl conducting the choir.
合唱団を指揮する小さな女の子。


  

FIRST KISS from Tatia Pilieva on Vimeo.

名前も知らない他人同士の10組のカップルたちの「初めてのキス」。

  

  • 2014.03.17 (月) 12:33
  • Permalink
  • archive::[deprived(仮)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

[deprived(仮)]制作のための参考資料 3

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

  • 2014.03.13 (木) 16:49
  • Permalink
  • archive::[deprived(仮)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO