記事一覧

Miss Knife chante Olivier Py

思い立って各駅停車の旅で静岡へ。いつもshelfの舞台写真を撮ってくれてるフォトグラファーの原田真理さんとデート。

ファイル 1254-1.jpg

目的は、オリヴィエ・ピイさんのミス・ナイフ。何もかもが最高でした。艶やかでセクシーでダイナミックで、そして詩の言葉! 強くリリカルで、あらゆる修辞を駆使しているのに決して難しくなく、柔らかい、そして微かに死の匂いを感じさせる。そんな言葉を全身に浴びて来ました。最高でした。

ファイル 1254-2.jpg

ファイル 1254-3.jpg

オリヴィエ・ピィ(Olivier Py)|1965年-

劇作家・演出家・映画監督・俳優。1965年、南仏グラース生。熱烈なカトリック信仰と自らの同性愛とを詩と演劇の力によってアクロバティックに結びあわせ、「受肉の奇蹟」としての舞台創造を目指す。1987年にパリ国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)に入学、並行してカトリック学院で神学と哲学を学ぶ。1998年から2007年までオルレアン国立演劇センターを指揮、同年3月から12年までオデオン座の芸術総監督を務める。2013年、フランス・アヴィニョン演劇祭のディレクターに就任。SPACではこれまでに『イリュージョン・コミック―舞台は夢』、『若き俳優への手紙』(2008年)、『グリム童話』3部作(2009年)、「オリヴィエ・ピィの『<完全版>ロミオとジュリエット』」(2012年)を上演。主な出演映画に、『猫が行方不明』(1996年、セドリック・クラピッシュ監督)など。

  • 2014.12.24 (水) 13:05
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

保坂展人さん

まきながら、9月に行ってきたshelfのノルウェー公演、国際イプセン・フェスティバル2014参加作品「GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN」の帰朝報告をしに、世田谷区役所に行って参りました。ノルウェーと日本の舞台芸術を取り巻く環境について、その違いや、ここ十数年での(日本の)観客の質の変化。それから、これからの東京や、日本、世田谷区の文化政策・文化行政の在り方やその行く末について、短い時間でしたが、いろいろとお話しさせて頂きました。
 
 
ファイル 1251-1.jpg
 
 
坂展人さん、昨年観たOrt-d.d.「わが友ヒットラー」@駅前劇場のポスト・パフォーマンス・トークでお見かけして以来でしたが、言葉の扱いと物腰が非常に柔らかな方で、短い時間でしたがとても気持ち良くいろいろとお話しさせて頂きました。年の瀬のお忙しい中に貴重なお時間を本当に有難うございました。

  • 2014.12.09 (火) 12:02
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

TOKYO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL 2014

仙台から帰った翌日10/29(火)は夕方から久しぶりに六本木へ。目的は第27回東京国際映画祭。日本映画スプラッシュ部門に選ばれた作品は『愛の小さな歴史』(監督:中川龍太郎)に、9月のshelfノルウェー公演「GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN」に出演して下さった沖渡崇史さんが主演していらしたので、それを観に。

ファイル 1244-1.jpg


ちょっと早めに会場に着いてレッドカーペットを歩いている沖渡さんの写真を見たりしてぼおっとしていたら、本人に遭遇したり。

TOKYO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL 2014
http://2014.tiff-jp.net/

ファイル 1244-2.jpg

『愛の小さな歴史』は、Tokyo New Cinemaという日本の若手インディペンデント映画団体の制作した映画。監督はもちろん、企画から撮影、上映に至るまで映画製作における全てのプロセスを一つの団体で運営しているとのことで、また年齢も20代がほとんどというなかなかにアグレッシヴな集団のよう。

件の作品の監督も24歳とかで、映画の内容も実に若々しいものでした。沖渡さん、苦労したろうなあ... しかし、若さって、何だろう。いろいろ考えさせれました。例えば、「世界で勝負する」って息巻くのもいいけど、今、あなたのいる「ここ」も、世界の一部だよ、なんて思ったり。

あと、演劇なぞを始める以前、大学時代にとにかく映画を観まくっていた時代を思い出しました。徹夜の上映会とか、内容を問わず行ったなあ、とか。映画、いいですね。やっぱり大好きです。


http://tokyonewcinema.com/

  • 2014.10.31 (金) 17:57
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

素晴らしい紅葉と絶品のあぶらあげ。

川を上ってダムを越えて、その道のりの山並みもその紅葉も素晴らしかったのですが、定義山の五重塔のあるお庭の紅葉が、とても素晴らしく。紅葉なんてゆっくり眺めたのはいついらいだろ。

ファイル 1242-1.jpg

ファイル 1242-2.jpg

ファイル 1242-3.jpg

ファイル 1242-4.jpg

ファイル 1242-5.jpg

帰りしなには土地の名物の定義山三角あぶらあげを。豆腐屋さんで揚げたてを醤油と七味で頂きました。絶品でした。すげえ美味かったっす! 感謝。

  • 2014.10.27 (月) 15:28
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

定義山西方寺。

三日間のワークショップを終えて打ち上げの夜を明けて翌日。ちょっとドライブして、みちのくの紅葉を見に連れて来て貰いました。定義山、西方寺。もちろん訪れるのは初めて。

ファイル 1241-1.jpg

早朝仕事明けでお疲れのところをわざわざ僕らを連れて行ってくれたのは、C.T.T.仙台事務局長の小濱さん。今回はこの方に本当に、宿から牛タンから、もちろんワークショップの主催者としても本当にお世話になりました。同行した春日茉衣も、今回のワークショップのアシスタントを立派に務めてくれました。

ファイル 1241-2.jpg

ファイル 1241-3.jpg

ファイル 1241-4.jpg

ファイル 1241-5.jpg

七福神おみくじ。福禄寿(人望)の大吉!

「学業・技芸 ◎ 大きな目標を達成できそう。しかし油断は禁物。更にもう一歩の詰を。」
 

  • 2014.10.27 (月) 15:18
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO