記事一覧

出国日

朝9:45に待ち合わせしてジャンボタクシーに乗り込んで、オスロ空港へ。早く起きれたのでレストランで朝食を済ませる余裕があった。

同乗者は、Heiner Goebbels の"Eraritjaritjaka"に出演していた演奏家たち。カッコ良かったんだ、この作品、演奏者たちが特に。リハーサルはどのくらいやったんですか? とか全曲 Heiner Goebbesさんの作曲?(違った。)とか、そんな話をしていたらあっという間にオスロ空港着。機会があったらまた会いましょう、と話して、(ホントこれが社交辞令じゃなく聞こえるから不思議。)別々のゲートへ。

ファイル 930-1.jpg

搭乗手続きを済ませて、ひたすら出発待ち。搭乗ゲート近くのカフェで時間つぶしながら読書してた(ブゴウスキーの「パルプ」を読んでた。今更だけど面白いですね、ブゴウスキー。)んだけど、どうやらチェックイン時にゲート番号を聞き間違えてたらしく、(日本を出るときにはボーディんグチケットにちゃんとゲート番号も書いてあったのに、帰りのには書いてなかったの。)なかなかゲートが開かないなあ、なんてのんびりしてたら、離陸時間の10分前に、さすがにそこまで開かないと変だと思ってちょっと? 焦ってウロウロしてたんだけど、ついにアナウンスで呼び出されてしまった。

慌てて最寄りのゲートのスタッフに告げて、正しいゲートを教えて貰い、走って搭乗口へ。ふう。何とか間にあいました。

ファイル 930-2.jpg

オスロ空港で見かけた回転寿司屋。コペンハーゲンでも見かけたな。市内ではほとんどがテイクアウト用のものしか見かけなかったのに。

ファイル 930-3.jpg

であっという間にコペンハーゲン空港。1時間乗ってたかな、ってくらい。近い! で、時間も時間だったし、(確か14:00頃、)ヨーロッパのハブ空港の一つなだけあって、すごい賑わい。

ファイル 930-4.jpg

そりゃ、免税ショップでクルマだって売ってる。ちょっと興味を示したら日本のWebページを開いて価格の比較を見せてくれようとした。ゴメン、ちょっと、クルマ買う余裕はないの。ごめんなさい。

ファイル 930-5.jpg

パスポートコントロールも大混雑。ってもちょうど並び始めたタイミングで新しいゲートがひとつ開いたので、そんなに待たなくても済んだけど。

  • 2012.09.14 (金) 12:50
  • Permalink
  • THE INTERNATIONAL IBSEN FESTIVAL 2012
  • Yasuhito YANO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/930

トラックバック一覧