記事一覧

「待つ春に」 無事、終演しました。

ご来場いただいた皆さまには、誠に有難うございました。楽しんでいただけましたでしょうか。私たちはようやく年が越せた感じです。準備期間は昨年の今時分から。打ち合わせに打ち合わせを重ねて、数回のお稽古を経ての本番。

個人的には稽古がいちばん楽しかったな。作られていくプロセスで僕の脳のクリエイティブな部分がビシビシ刺激を受けました。

もちろん本番も素晴らしい出来でした。能楽堂、「型」を身体に棲まわせる力があるというか、“そこ”に訓練された身体が立つだけで場が、空間が引き締まります。対談で舞台に立った僕の身体なんかはグダクダでしたが(笑)寛先生、太三郎先生、川渕が橋懸りからしずしずとすり足で歩いてくる様にはぞっとするど美しいものがありました。ご本人的には(きっと)何気なく歩かれているだけなんですけどね。身に染み込んだ型と時間があるんでしょう。

音楽教育の山田隆先生との対談も楽しかった。隆先生お話が本当にお上手で、終始客席から笑いが絶えなくて。でも楽しいだけじゃない、とてもいいお話を聞かせて頂きました。笛や太鼓はメロディやリズムを奏でるのではなく「日本語を語っている」んだ。だからどんな言葉とも唄ともあうんだ。という話とか、目からうろこでした。

そして言わずもがなですが、何より笛と鼓が素晴らしかった。やっぱり本物を聴かなきゃダメですね。「傷をなめる獅子」の笛鼓には本当に身震いしました。川渕も頑張ってましたよ。今回ほとんど彼女に演出をつけていないので、一俳優として自力で朗読を組み立てていたみたいなんですが、良かったです。ホントいい経験をさせて貰いました。良かった。

あと、忘れちゃいけない、一部として午前中に発表会があって午後から二部というバタバタなタイムテーブルで、事故なく無事に仕事を全うして下さった舞台監督のちょこさんには大感謝です。(舞監、僕がやらなくて本当に良かった。)それと慣れない舞監助手を務めてくれた一間、山形君、櫻井も有難う。春日、陰アナを有難う。アナウンス上手だったよ。致命的なミスも1コだけあったけど。まあ、愛嬌です。愛嬌。

ファイル 806-1.jpg

写真は本番終わっての楽屋でのOFFショット。春日が撮ってくれました。左端が望月太三郎先生で、右端が福原寛先生です。

東京戻ったら二部の座組みで、ぜひ打ち上げしましょう。また来年もこの企画をという話もチラホラ出ていますので、機会がありましたら是非。まだまだ若輩者ですが、今後とよろしくお願いします!!

追記

来年は演出的な立場から、企画のコンセプト作りからもっと突っ込んんで関わりたいなあ。と。今回、最終的にだれが責任者なのか曖昧なまま、みんなで作っていったことが、良かったところもあるけどちょっと反省点。もちょっと一本筋の通った企画にできると思う。おこがましい言い方かもしれないけど、寛先生にも、お互いに発見の在るような企画。何よりお客様がもっと楽しんで下さり、かつ思考と感覚を刺激出来るような企画。今回の企画も裏設定みたいなのが当初あったのですが、時間の経過ととともに薄れてしまいました。そこは、反省点だな。

経験と反省を活かして次へ! 向かいたいと思います。皆さま今後ともご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

  • 2012.01.31 (火) 04:24
  • Permalink
  • archive::「待つ春に」
  • Yasuhito YANO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/806

トラックバック一覧