記事一覧

劇評が掲載されました。中日新聞 2011年11月19日(土)

ファイル 789-1.jpg

安住恭子の舞台プリズム shelf「構成・イプセン」

人を縛る観念 端的に描く

 イプセン作品に取り組んでいるshelfが、「構成・イプセン」(矢野靖人構成・演出)を上演した。「幽霊」を中心に他の作品も織り交ぜた構成で、数年前にも上演しているが、今回は戯曲をより深く捉え直し、因習や道徳律との葛藤と悲劇を端的に見せた。
 「幽霊」は、夫を亡くして十年になるアルビング夫人と、長年海外で暮らしていた息子、召使いとその父親、そして彼らの後見者的立場を自任する牧師をめぐる物語。主には牧師と夫人の結婚をめぐる議論で、牧師が主張する結婚観がいかに彼女と周囲の人間に不幸をもたらしたかを明らかにして行く内容だ。夫人が「幽霊」と呼ぶところの、人を支配するその観念をクローズアップして、イプセンの中でも象徴的な作品とされる。
 そして物語の枝葉を切り落とし、議論の本質を構成した今回の舞台は、「人形の家」の挿入もあって、心と行動を縛る観念への妻の目覚めと反発をより分かりやすく示した。更に今回は、その「幽霊」を男女の俳優が演じた。常時彼らの周囲を徘徊し、ときには彼らのセリフを語るのだ。
 そのことによって観念の濃密さを視覚化しただけでなく、人間への批評性を強めたようだ。因習や道徳律に限らず、人は時代の空気や多数の意見に縛られている。イプセンが提起した問題は、今も続いているのだ。相変わらず出演者たちには内圧の高い演技が要求され、川渕優子と三橋麻子がせりふを深く響かせた。だが、出演者によってはそれが力みだけに終わったように思う。(六日、名古屋・七ツ寺共同スタジオ)

  • 2011.11.22 (火) 06:58
  • Permalink
  • archive::「構成・イプセン」 2011
  • Yasuhito YANO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/789

トラックバック一覧