記事一覧

日本海新聞の公演紹介記事(2010年2月20日)


全国に公募4劇団が出演
「鳥取の観客に作品を見せたい劇団による上演」

鳥取市鹿野町の鳥の劇場で20、21日と27、28日の2週にわたって「鳥取の観客に作品を見せたい劇団による上演」が行われる。
 鳥の劇場が全国の劇団に向けて公募。23の劇団から応募があり、東京や神奈川を拠点にい活動している四つの劇団を選考した。
 東京デスロック(東京)による「LOVE2010 Tottori ver.」は、愛についての作品。せりふはほとんどなく、俳優の立ち居ふるまいから想像する芝居。妄人文明(東京)は、孤独なサラリーマンの家族に関する妄想を面白おかしく表現した「妄人一家」を上演する。
 shelf(東京)は、今回の中で唯一の近代戯曲となる「Little Eyolf―ちいさなエイヨルフ―」を上演。ヘンリック・イプセン原作。元祖演劇乃素いき座(神奈川)は、鳥取県出身の森下眞理さんが土井通肇さんと2人で結成。上演20年目を迎え、ステージ数は100回を超える内田百閒原作の「阿房列車」を送る。取りとめのない会話の妙など、熟練された俳優陣の見どころの一つとなっている。
 鳥の劇場は「経済的にはほとんどもうからない上演条件んで、予想以上の応募があったことに驚いている。4劇団とも力の入った作品を持ってきてくれるので、楽しめる」と期待している。
上演日程は次の通り。
20、21日午後2時から「LOVE2010 Tottori ver.」(東京デスロック)▽同日午後5時から、
「妄人一家」(妄人文明)▽27、28日ほほ2時から「Little Eyolf―ちいさなエイヨルフ―」(shelf)▽同日午後5時から「阿房列車」(元祖演劇乃素いき座)
 チケットは各上演大人2000円、中高生500円、小学生以下無料。一日通し券大人3500円。

日本海新聞 2010年2月20日(土)

ファイル 525-1.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/525

トラックバック一覧