記事一覧

京都新聞の記事

終わってしまった公演だけれども、「私たち―」の公演と shelfの紹介記事を京都新聞が 10/20(火)に掲載してくれていて、帰京してから自宅に届いていていたのを読んだのだけど、これがまたずいぶん大きく取り扱ってくれていて、とても嬉しかったのだった。


ファイル 463-1.jpg


取材をして貰ったのがワークショップで訪れた6月、その段階ではまだ構想段階だったことも含めて、しかしとても丁寧に聞き取って下さって。その後の名古屋公演や東京公演の様子を(おそらく)調べて書いて下さった記事、だと思うのだけど、記者の記事に対する愛情をとても強く感じました。

伝えなければならないのは、単なる「情報」じゃあないんだよなあ。



注目劇団 shelf
23日から今日で関西公演
イプセン最後の戯曲

古典を現代に重ね合わせ、大胆に再構成する手法で注目を集める東京の劇団 shelfが23~25日、京都市左京区のアトリエ劇研で初の関西公演を行う。ノルウェーの劇作家イプセン最後の戯曲「私たち死んだものが目覚めたら」を上演する。
 shelfは「青年団」出身で新進気鋭の演出家矢野靖人が2002年に結成。「人形の家」で知られるイプセンやカレル・チャペック、ギリシャ悲劇など個展、近代戯曲を読み直す試みを続けている。
能舞台のような静謐な空間で、俳優の「語り」に力点を置きつつ戯曲の本質をあぶり出す手腕は評価が高い。
 「私たち―」は、老彫刻家とモデル、若い妻の関係を軸に、作品をつくる、子どもをつくるということの意味や、人と人との断絶などを描いた作品。
 矢野は「古典やヨーロッパの近代戯曲には圧倒的な他者が存在するのが面白い。現代の新しいパフォーマーが上演することで、古びることなく、新しい表現が生まれるのでは」と語る。「特にイプセンは、人間の自我や自意識が戯曲に書かれるようになった過渡期の作家。人間関係の断絶や疎外感というテーマは今もリアルな問題だと感じる」
 出演は川渕優子、阿部一徳、片岡佐知子ら。全4公演前売り2500円(当日500円増)。アトリエ劇研 Tel 075(791)1966
(森山敦子)

  • 2009.11.13 (金) 02:55
  • Permalink
  • archive::「私たち死んだものが目覚めたら」
  • Yasuhito YANO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/463

トラックバック一覧