記事一覧

Taizo KOYAMA -On the wall-

本日9月26日(土)、7月に野外パフォーマンスでオープニングに参加させて頂いた小山泰三さんの写真展のクロージングパーティがあります。

ファイル 434-1.jpg

現在、画廊では後期 (モノクロームの美学) 2009年9月3日(木)-28日(月)を開催中です。本日は作家の小山さんも神戸から来廊予定。パーティでは、クロージングイベントとして7月7日に開催したshelfのイベントの記録映像の上映会も行われます。

イベントを見逃した方は、この機会にてご覧くださいませ。

時刻は17:00頃を予定。その後交流会もあるそうです。

小山さんの写真展、とてもいいですよ。デジタルのプリントばかりに慣れた目で久しぶりに触れた紙焼きの(ドットではない)粒子の緻密な印画紙は、目で見ているだけでモノの手触りが感じられるようで、とても素敵でした。

余談ですが昨日の日記に掲載したムンクの画も、画集でもなかなか伝わらないのに、縮小したデジタル画像にしてしまうとどうにも薄っぺらになってしまって。マチエールというか画家の息遣いというか、画の魅力が全然伝わりませんね。こういうときに、デジタル社会のなかでのリアルでライブな表現の重要性を強く感じます。

クロージング、僕も行きたかったのですが、残念。さすがに名古屋入りまで残り稽古日4日間というこの瀬戸際ではちょっと参加出来ませんでした。ので、お近くにお住まいの方は僕らの代わりに、是非!

記録映像は僕も未見なので、ご覧になった方は是非ご感想をお寄せください。

  • 2009.09.26 (土) 06:34
  • Permalink
  • archive::shelf prd. 「掟の門」
  • Yasuhito YANO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/434

トラックバック一覧