記事一覧

23日(土)トーク・ゲストご紹介/柴 幸男氏(青年団 演出部)

ファイル 349-1.jpg

撮影/高橋エイジ

柴 幸男(しば ゆきお)
1982年生まれ、愛知県出身。劇作家・演出家。青年団演出部所属。日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で「第2回仙台劇のまち戯曲賞」を受賞。その後、就職したり、引きこもったり、四代目劇王になるなどして青年団演出部に入団。近作では「構造から考える物語」をキーワードに、新しい視点による普遍性を模索している。代表作は『あゆみ』、短編集『四色の色鉛筆があれば』など。2009年度春期ENBUゼミ専任講師。また地元の名古屋でもワークショップを行っている。今年10月にユニット「ままごと」を旗揚げする予定。
青年団 http://www.seinendan.org/

柴君とは、平田オリザの演劇の系譜(現代口語演劇)を起点にしたお互いの作品の距離、あるいはその先の展望について、その先の可能性についての話が出来ればと思っています。

もっと突っ込んで言ってしまうと、「静かな演劇」「現代口語演劇」の“功罪”について、話がしたい。なんて、難しいかなあ、同時代の演劇人を同じ演劇人という立場に立って批判的に考察するのは。

そういえば、前回に続き今回も客演してくれている櫻井君は、先日卒業した通信大学の卒論で、平田オリザと現代口語演劇について書いていたらしい。今度読ませてよ。櫻井君。

司会は三日間、第七劇場の鳴海君にお願いしました。今回のポスト・トークは、公演のおまけじゃなくて、それ自体で聞いても有意義な企画にしていきたいと思っています。チケットの半券をお持ちの方はほかの回のトークもご参加頂けますのでこの機会にぜひ。

22(金)の夜にはSENTIVAL! 2009のイベントとして「トーク!」という企画もあります。こちらは各団体公演期間中に、毎回ゲストに、今回のフェスティバルに参加している他の演出家らを交えて、ご来場いただいたみなさんとも交流できるようなトークイベントになります。「ただ創り手側が一方的に話すのではなく、ご来場いただいたみなさんとも、意見交換、質疑応答など、相互交流ができる場。」

詳しくは、下記URLをご覧ください。

トーク!'09
http://sentival.blog43.fc2.com/blog-entry-33.html

皆様のご来場心よりお待ちしております!

  • 2009.05.17 (日) 11:24
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2009)」
  • Yasuhito YANO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://theatre-shelf.org/diarypro/diary-tb.cgi/349

トラックバック一覧