記事一覧

本日「三島ル。」大千秋楽です。

ファイル 962-1.jpg

舞台写真、美術をメインに撮るとこんな印象です。

昨日本番開場ちょっと前。見る人に寄って格子に見えたり、クモの糸に見えたり、そもそも席に寄ってぜんぜん違って見える舞台美術です。いろいろあって、お客さまから感想を聞くのが凄く楽しいです。建築家で今回舞台武術家デビューした山上氏。また一緒に仕事したいな。しましょうよ。山上氏!

さて。

足かけ2年かけて準備してきた「三島ル。」いよいよ本日大千秋楽です。なんだか非常に感慨深いものがあります。shelfは今年で創立10周年だったのでしたが、今まででいちばん大きなプロジェクトだったかもしれません。

下記にアップした20枚の写真はゲネプロ時のもの。素敵な写真を有難うございます。藤田さん。

舞台上空に吊られている舞台美術が繊細すぎて、うまく写真に写せなかったのがちょっと残念。これはもう、劇場にて体感して頂くしかありません。

さあ、「三島ル。」も残すは本日14:00からの回のみ。来年6月に東京でshelf単体で「班女」「弱法師」の再演の予定はありますが、作品と戯曲、劇作家と演出家の仕事がクロスする企画であることの「三島ル。」の面白さはまたぜんぜん別物です。舞台美術も、この劇場でしか成立しない美術を作っています。

当日券あります。受付は13:00から。少しでもご興味もたれた方は、ぜひ!

  • 2012.12.09 (日) 09:14
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Yasuhito YANO

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
mail
url
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「qwrtypsd」と入力してください。(スパム対策。)