記事一覧

思考するための体力、あるいは必要とされる深い呼吸について

新作公演を終えてようやく人心地ついた日を過ごしています。といって、来週の週末には、次回作「三人(姉妹)」(いかだ辺境劇場(主催/NPO法人らふと)参加作品)への出演者募集ワークショップ・オーディションがありますし、

6月には単身また渡欧してシビウに行く予定があるのでその準備を(プレゼン資料の作成とか)しなければだし、8月からまるまる一ヶ月以上、9月の上旬まで利賀村に長期滞在する予定なので、そんなにのんびりもしていられないのですが。

今回の「出口なし|Huis clos (1945) 」のクリエイションでは、人間の“業”についてずっと考え続けていました。もちろん一方で西洋の哲学・思想の系譜を理解するに“業”という、僕らにとってはなんとも特別な言葉を使って勝手に何かサルトルについて分かったように振舞うのだけは極力避けねば、と心に記してもいたのですが、

人は日々、いろいろの煩雑さに紛れて、流されてなんとなく生活しているけど、生と死はいつも隣り合わせで、すぐそこに深い断裂があったりする。しかしそれを、たぶんみんな見ないように、見ないようとにしながら人は生きているのだなあと。それ自体は、決して善いことでも悪いことでもなく。そんな、ささやかですが、確実な人間の何か大切なところに触れることが出来るような作品に仕上がったと思っています。

フェス自体はまだ折り返しですが、他の団体の作品を観ながら、思考の基礎体力、言葉を扱う呼吸の深さ、演出という作業の峻厳さについて考えさせられ、またそのような地力の“足りなさ”を痛切に感じています。己れについてはもちろん、フェスの参加作品を見ていて、本当に今、舞台芸術を取り巻く環境は無残で、まるでなっちゃいないなあと。

例えば、演出ノートについても、共通で10名の演出ノート(500字程度)がA3用紙一枚に書かれた当日パンフレットが劇場配布されているのですが、それがどれも読んでいてまるで詩(ポエム)か何かのようで、誰もきっといい歳したおっさんおばさんのハズなのに何とも夢見がちで、や、僕もかなり夢見がちでなかなかレアリストたれないという弱みは自覚しているのですが、それでもあれは、酷い。

言葉を扱うときに僕はいつも、深く潜ることの出来る力、というものをイメージします。そもそもじっさいに深い呼吸法を身につけていないと、思考も浅くなる。だからこそ僕は必ず稽古場では俳優と一緒にベーシック・トレーニングを欠かさないようにしているのですが、事実、舞台芸術の演出というものには、“身体で考える”ことの必要性というのがあって、直感とかインスピレーションというものも頭だけで考えててもなかなか生まれない。

と同時につかんだ直感やアイデア、閃きを手放さずにググッとそこを踏み込むというか、そもそも何か時間と空間を構成するという作業には、思考の体力、言葉を扱う身体の地力とでもいうものが不可欠で、閃きをつかんだその瞬間にそこをぐっと堪えて、呼吸を深くして長時間にわたって思考し続ける、掘り下げるということが、体力がないととても難しい。

換言すれば、閃きやアイデアを披瀝したり、解釈を講釈したり、ただ単に自分の好きなもの、個人的に面白いと思ったことばかりをだらだら並べ置くだけでは、それを演劇の演出とは絶対に呼べない。

そういう、いわば事物を正しく“考える力”が東京、日本で、演劇の世界だけでなく全体的に地盤沈下を起こしているのではないか? という強い危機感を持っています。

言葉、言葉とばかり言っていると、いやいや、舞台芸術とはけっきょく言葉に出来ないことを表現しているのだ、という反論が聞こえてきそうですが、そんなのは当たり前の大前提の話で、みんな言葉を軽んじすぎている。

本当に言葉に出来ない作業なのであればそれはスポーツに近い。というか、スポーツの感動を超えられない。僕は自分の演劇で、例えばウサイン・ボルトの100mの感動を超えたい。(ちなみに僕は、ボルトの走りを見るともう、感動して、全身が泣き出しそうになります。)

演劇はやはりどこかで、発語する身体と言葉、物語、歴史や社会という言葉で構成されたものと人との関わり方や摩擦や断裂を描くのでなければ、スポーツには勝てないと僕は思うのです。
 
 
ファイル 1286-1.jpg
 

ウサイン・レオ・ボルト(Usain Leo Bolt) |1986年-
ジャマイカの陸上競技短距離選手。人類史上最速のスプリンター。オリンピック陸上競技100m、200m、4×100mリレーの3冠を2大会連続で達成し、通算6個の金メダルを獲得。世界陸上競技選手権大会の200mと4×100mリレーを3連覇し、100mとの3冠を2度達成し、最多タイとなる通算8個の金メダルを獲得。100m、200m、4×100mリレーの世界記録保持者。



スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme
スーパーコピーSupreme

  • 2015.05.07 (木) 12:41
  • Permalink
  • 俳優あるいは演出のための方法についてのメモ
  • Yasuhito YANO

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
mail
url
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「qwrtypsd」と入力してください。(スパム対策。)