記事一覧

パノプティコンもしくはパンオプティコン(Panopticon)邦訳は一望監視施設について

サルトルの戯曲『出口なし』が地獄に落ちた人間の極限状態を描いているとして(じっさいにサルトルがそこまで意図していたかどうかはともかく、)一読して僕がイメージした空間はしかし、“地獄”というよりかむしろ現実世界そのもので、しかもそれがディフォルメされたような言説空間であって、そしてもう一人の20世紀の偉大な思想家ミシェル・フーコーが、自著『監獄の誕生―監視と処罰』のなかで「主体化の装置」の一つとして転用、社会のシステムとして管理、統制された環境の比喩として用いたことで有名になった“パノプティコン(一望監視施設)”だった。


“パノプティコン(一望監視施設)”は、そもそもはイギリスの哲学者ジェレミ・ベンサムが設計した刑務所その他施設の構想で18世紀に考案された。円形に配置された収容者の個室が、中央にある多層式看守塔に面するよう設計されており、ブラインドなどによって、収容者たちにはお互いの姿や看守が見えなかった一方で、看守はその位置からすべての収容者を監視することが出来るというもの。


ファイル 1281-1.jpg
ベンサムによるパノプティコンの構想図


 ここで重要なのは、「見られているかもしれない」という可能性を与えることで、獄房に収監された囚人が、いつ看守に監視されているか、いないのか分からないままにすべての方向から監視されてしまうということにある。見られている可能性があるが故に、囚人の側に自己監視の作用が生じて、それが規格化され、矯正されていく。フーコーは先に挙げた『監獄の誕生』の中で、ここに「権力」の本質があると考えた。


 フーコーが分析する西欧社会の“権力装置”は、諸個人の身体を操作対象とする政治的技術論、つまり「身体技術論」として構成されている。それは言説と非言説的実践とを一定の図式によって調整配置したものであり、身体のレベルにある現実―たとえば監獄とか、セックスなど―を経由して諸個人に直接作用するものである。また効果の面からいうと、この権力装置は把握した諸個人の身体をすべて「主体=身体」として規格化するように働く。
 諸個人をその多様性のままに捉え、その一人一人すべてを主体化する権力装置を図解するものとして、フーコーは次の二つの事例を分析している。

 ①監獄制度において囚人を収容する建築物である「一望監視施設」(パノプティコン:Panopticon)。
 ②キリスト教社会が発展させた「セクシュアリテ」(性的欲望、行動、現象などの総体:sexualité) の領域における「告白」の制度。

 これらの装置はいずれも近代社会の権力構造を端的に図解するものであり、次の二つの特徴を持っている。
 第一に、これらの装置は監獄や性現象(セクシュアリテ)の領域にとどまらず、社会の全域に一般化しうる作用モデルである。たとえば、パノプティコンは監獄だけでなく、学校、工場、軍隊、病院などに適用される。また、「告白」の形式は宗教だけでなく、医学、精神分析、裁判、教育などの諸制度に適用される。
 第二に、これらの装置における管理方式は、諸「個人」からなる近代的な「社会」空間を維持する基本的な技術論を構成するものである。その管理方式とは諸個人の多様性を配慮しながら、彼らをその全体性において捉えるものであり、個別化と全体化という二つの原理を同時に充たしている。

p175- 内田隆三著『ミシェル・フーコー』(講談社現代新書)


「主体」の問題と「権力」装置の構造の問題。


サルトルの生没年月日が1905年6月21日-1980年4月15日で、フーコーが1926年10月15日-1984年6月25日。構造主義の台頭によって、(実存主義は)「主体偏重の思想である」として批判の対象となったサルトルのその死に際し、5万人がその死を弔った群集のその中に、当時構造主義の旗手と目されていた(フーコー自身は、自分が構造主義者であると思っていたことはなく、むしろ構造主義を厳しく批判していたのだが、)フーコーもいた。


パノプティコンは、そもそも上述したようにイギリスの哲学者ジェレミ・ベンサムが構想・設計したものだったが、(ベンサムは、当時のイギリスの非人道的な刑務所事情に心を痛め、パノプティコンの建設に異様なほど力を入れて、父の遺産の一部で模型までつくり、英国議会に強く働きかけまでしていたらしい。)最初にパノプティコン型刑務所が建設されたのが実はアメリカだったというのが実に興味深い。


ファイル 1281-2.jpg
パノプティコン型刑務所の例、旧プレシディオ・モデーロ(キューバ)内部の写真


『監獄の誕生―監視と処罰』などからなる一連の活動により「知」と「権力」の関係、「知」に“内在”する「権力」の働きを説明し、また未完に終わったフーコー最後の著作『性の歴史』研究により、古代を題材としながら本来あるべき人間像と社会像を探求し続けたフーコーは、1984年、サルトルが死去してからわずか4年後に、道半ばにしてエイズで死去した。57歳だった。


ちなみにパノプティコンとは、all「すべてを」(pan-)observe「みる」 (-opticon)という意味。...ここにも「眼差し」というサルトルを考える際にとても重要な述語が出現するとは、われながら思いも寄らなかった。


ファイル 1281-3.jpg

ミシェル・フーコーMichel Foucault | 1926年-1984年
フランスの哲学者。『言葉と物』(1966)に当初「構造主義の考古学」の副題がついていたことから、当時流行していた構造主義の書として読まれ、構造主義の旗手とされた。フーコー自身は自分が構造主義者であると思っていたことはなく、むしろ構造主義を厳しく批判したため、のちにポスト構造主義者に分類されるようになる。代表作に、『狂気の歴史』『監獄の誕生』『性の歴史』など。

  • 2015.04.24 (金) 13:58
  • Permalink
  • next performance
  • Yasuhito YANO

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
mail
url
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「qwrtypsd」と入力してください。(スパム対策。)