記事一覧

GHOSTS - COMPOSITION/IBSEN

いろいろな方のお力添えと巡り合わせとご縁とがありまして、本年9月にオスロで開催される国際イプセンフェスティバル2014にshelf作品『構成・イプセン― Composition/Ibsen』が公式プログラムとして招聘されましたのでここにご報告いたします。

9月14日(日)と15日(月)の2日間、ノルウェー国立劇場はアンフィシェンという劇場で2ステージ上演致します。

shelf初の海外公演がイプセン作品でノルウェー国立劇場というのは、我ながら少し出来すぎな感じですし、そもそも日本からこのフェスティバルに「公式プログラム」として参加するのは私たちが初めてとのことで、一同恐々としておりますが、折角頂いた機会ですので精一杯、努めさせて頂きたいと思っております。

みなさま今後ともご支援、ご声援のほど何卒よろしくお願い致します。

ファイル 1169-1.jpg

ファイル 1169-2.jpg

Ghosts – Composition/Ibsen (JP)

What happens to human beings in a fragmented world, perhaps without real substance? This is the question posed by the award-winning Japanese theatre company shelf.

What has happened to the self? Is it unravelling? It was in Ibsen's time that the idea of the inner self, the human ego, was born. Through Ghosts – Composition/Ibsen, director Yasuhito Yano wants to describe what happens in the inner selves of people who face the problems of today. In a world that is fragmented and perhaps without real substance.

The Japanese theatre company shelf has won several awards for their productions of Ibsen. In 2011 shelf received the Nagoya Citizens’ Art Festival Award for Theater for this interpretation of Ghosts. The company is known for challenging and spectacular productions.

In Ghosts – Composition/Ibsen, outsiders are brought into the production and the characters are forced to interact. Yano wants to identify the essence of Ibsen’s drama – an essence that lies in ruins when the idea of the human self is breaking down. Yano approaches the text from different perspectives, and in the distance between the actor and the text the key to understanding is found, according to the director.

Venue: Amfiscenen
Composed and directed by: Yasuhito Yano

Performed in Japanese, with English subtitles.

  • 2014.06.18 (水) 13:42
  • Permalink
  • archive::GHOSTS-COMPOSITION/IBSEN
  • Yasuhito YANO

コメント一覧

矢野靖人 mail url 2014.06.19 (木) 15:04 編集・削除

訂正、というか補足です。すいません、国際イプセンフェスティバルに日本で最初に招聘された作品は、2006年の名取事務所制作「Double Nora」でした。なので、shelfは、日本から参加する二番目の作品ですね。「Double Nora」は、能楽師の津村禮次郎先生がノーラを演じ、現代劇と日本の古典芸能(能楽)の融合というスタイルで、イプセン研究家で演出家の毛利三彌先生が演出された作品でした。昨年東京で開催された、現代イプセン演劇祭でも再演された作品で、僕も観ています。なかなかに見応えのある作品でした。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
mail
url
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「qwrtypsd」と入力してください。(スパム対策。)