記事一覧

劇評が掲載されました。神奈川新聞 2009年3月20日(金)

 
ファイル 307-1.jpg

言葉を聴かせる趣向
横濱・リーディング・コレクション#FINAL

 二〇〇六年から始まった横濱・リーディング・コレクションという企画では毎回、一人の作家を決め、その戯曲や小説などを読むのを基本に、三―四人の演出家が舞台表現のさまざまな可能性に挑んできた。五回目は「#FINAL 三島由紀夫を読む!」と題して四作品を見せた(2月21・22日、相鉄本多劇場)。
 この企画では東京を拠点にする演出家が多いが、今回は地元劇団、ペピン結構設計の石神夏希が加わった。取り上げたのは、手紙の書き方の指導と例文からなる「三島由紀夫レター教室」。現代の男女四人が身近にあるものを次々と読む、という形で、日常を描いている石神の持ち味を生かしながら、三島の書くことへのこだわりなどを伝えた。
 ほかに、田口アヤコはみしまと全共闘との討論をまとめた「美と共同体と東大闘争」を、場違いな衣装などの趣向で見る側を引き寄せた。片山雄一は戯曲「わが友ヒットラー」を、人物の焦点を絞って再構成し、新しい味を出した。企画のプロデューサーでもある矢野靖人は「近代能楽集」「班女」に挑み、二人のせりふを三人に語らせるなどの手法で、作家が練った言葉に観客の意識を向けさせた。

(神奈川の文化時評「演劇」山田ちよ)

  • 2009.03.30 (月) 13:48
  • Permalink
  • archive::「三島由紀夫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

劇評が掲載されました。【横濱・リーディング・コレクション#FINAL 三島由紀夫を読む!】

掲載からちょっと日が経ってしまいましたが、インターネット・マガジン「wonderland」 に、演劇ライターの山田ちよ氏が劇評を寄稿下さいました。リーディング・コレクション初回から追いかけた、たいへんな力作です。舞台写真も何枚か掲載されています。下記URLでご覧下さい。


 横濱・ リーディングコレクション#FINAL
 「三島由紀夫を読む!」
 リーディングの枠を超えた4本、幅広く多彩に
 http://www.wonderlands.jp/index.php?itemid=1006

ファイル 305-1.jpg

「レター教室」 演出 / 石神夏希(ぺピン結構設計)

ファイル 305-2.jpg

「班女」 構成・演出 / 矢野靖人(shelf)

ファイル 305-3.jpg

「美と共同体と東大闘争」 構成・演出・出演 / 田口アヤコ(COLLOL)

ファイル 305-4.jpg

「わが友ヒットラー」 構成・演出 / 片山雄一(NEVER LOSE)

初出時にはメルマガ巻末「編集日誌」にて、編集長の北嶋さんに


 横濱・リーディングコレクションはリーディング・ブームのはしり、草分けではないでしょうか。コンセプトが明快で、現れた舞台も文字通りリーディングの「枠」を超えていました。通常の公演からマイナスしたという位置づけではなく、文字通りのリーディングに何かがプラスされたのです。その何かが各舞台ごとに違っていたところが魅力でした。演劇状況を先に進めるためにもこれからも続いてほしい、続けてほしい企画の一つです。
(北嶋)

との評を頂きました。企画のコンセプトから毎回の舞台の成果まで、こうしてご支持を頂けて。プロデューサー冥利に尽きます。有難うございます!

  • 2009.03.24 (火) 16:57
  • Permalink
  • archive::「三島由紀夫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

終了しました。【横濱・リーディング・コレクション#FINAL 三島由紀夫を読む!】

終わってから3日も経ってしまいました。うかうかしてるとホント、最近日が経つのが早い。一昨日も昨日も起きたら外が暗くなってました。もっとも一昨日は寝たのも明るくなってからでしたが。

今回、関わって下さった演出家、出演者、スタッフ及び関係者の皆様には本当に感謝×感謝! です。皆さんとともに競演、共作が出来てとてもよかった。 あとご来場いただいた皆さまにも! 皆さんとこうして劇場体験を共にすることができて、とても幸せです。ご来場、誠に有難うございました。

それにしても、関係者の皆さんには、プロデューサーと言いながら、僕が自身の作品もエントリーしているせいで、何かと不手際や、手の届かないところも多々あったのではと思います。それについては本当にごめんなさい。企画をこうして、なんとか無事盛況のうちに終えることができたのも、皆さんの協力があってこそです。本当にありがとうございます。

様々な事由で今回、FINALと銘打って実施した横濱・リーディング・コレクションですが、終わってみるとやっぱりもっと続けたかった。なんとかして続けていく方法はなかったものか。等々、悔やまれること多々。

この企画で僕も劇団も、本当に大きく育てて頂きました。プロデューサーという職能を与えられたことで引き出された力、ドラマ・リーディングという企画を通したことで培われたカンパニーや、演出家としてのスタイルと方法論。そして何よりも、関わってくれた演出家、俳優という仲間。得たものを数え上げれば切りがありません。

終わってしまうのは残念ですが、されど終わりがあってこそ始まりがあるのだと信じて。今後も邁進していきたいと思います。

本企画はここでいったん一区切りとなりますが、僕らにとって横浜は今後も大切な活動拠点の一つです。今後もまた(shelfで、になるか企画公演になるか分かりませんが、)横浜で公演を続けていきたい。関係者の皆さん、横浜の皆さん。今後ともよろしくお願いいたします!

  • 2009.02.25 (水) 23:15
  • Permalink
  • archive::「三島由紀夫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

「班女」舞台写真 【横濱・リーディング・コレクション#FINAL 三島由紀夫を読む!】


ファイル 289-1.jpg

ファイル 289-2.jpg

  • 2009.02.22 (日) 03:56
  • Permalink
  • archive::「三島由紀夫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

横濱・リーディング・コレクション#FINAL、本日無事に初日が明けました。

本日ご来場頂いたばかりなのに、さっそく因幡屋さんがブログに速報を上げて下さいました。有り難いことです。

因幡屋ぶろぐ:横濱・リーディング・コレクション#FINAL!『三島由紀夫を読む!』
http://inabaya-k.mo-blog.jp/inabayakmoblogjp/2009/02/final_b7b3.html


人気ブログ、Tokyo play graphの藤田君も(mixi内日記ですが)紹介してくれてます。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1088237363&owner_id=5029320

文中でも書かれていますが、因幡屋さんに初めてご覧頂いたのが、#0は2006年の『福田恆存を読む!』の時だったそうです。その時はまだお顔も存じ上げなかった方なのに、本企画を非常に高く評価下さって、以降毎回この企画に足を運んで下さっています。

感謝×感謝! です。こういうお客様がいるからこそ、僕らは演劇を作り続けることが出来る。心から、そう思います。

初日が明けたばかりなのに明日はもう千秋楽。勿体ない。もっとやるべき! とのお言葉を、今日は会場で多くの方より頂きました。でもね、終わりがあるから、始まるものもある。そのお気持ちを、どうか今後の、僕ら個々のカンパニーや俳優、演出家の活動に向けてお寄せ頂ければと思います。勝手なお願いですが、今後ともご支援、ご声援をよろしくお願いいたします!


写真はshelf「班女」舞台写真です。

撮影/藤倉善郎

いつもありがとう!

ファイル 288-1.jpg

大川みな子

ファイル 288-2.jpg

川渕優子

ファイル 288-3.jpg

青木佳文

ファイル 288-4.jpg

櫻井晋

ファイル 288-5.jpg

百花亜希

明日は千秋楽。お客様に、心から楽しんで頂ける時間をお届けしたいと思います。僕らもね、楽しみますけれど!

おかげ様で本日はマチネ・ソワレともにほぼ満席でしたが、明日はまだ若干お席に余裕がございます。

皆さまのご来場、心よりお待ちしております!

  • 2009.02.22 (日) 03:44
  • Permalink
  • archive::「三島由紀夫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動