記事一覧

「その囁きは水底から響いてきたようにも思えた」

ちょっと間が空いてしまいましたが、『ちいさなエイヨルフ-Little Eyolf-』7月公演@Atelier SENTIO の劇評がwonderland に掲載されました。

◇shelf「 Little Eyolf-ちいさなエイヨルフ」
その囁きは水底から響いてきたようにも思えた
大泉尚子

http://www.wonderlands.jp/index.php?itemid=1103

ファイル 420-1.jpg

ファイル 420-2.jpg

ファイル 420-3.jpg

丁寧で洞察に富んだ、かつとても読みやすい劇評です。お時間ありましたら是非ご一読下さい。

  • 2009.09.03 (木) 01:10
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2009)」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

shelf09 『Little Eyolf-ちいさなエイヨルフ-』 無事に終了いたしました。

ご来場頂いた皆さまには本当に有難うございました。 おかげさまで今回、ほとんどの公演がほぼ満席というたいへんな盛況でした。嬉しい限りです。風琴工房の詩森さんや因幡屋さんにもさっそくブログにレビューを掲載して頂きました。

LIVESTOCK DAYS:鑑賞の気構え
http://blog.livedoor.jp/robarock/archives/51370112.html

因幡屋ぶろぐ:shelf『Little Eyolf-ちいさなエイヨルフ-』
http://inabaya-k.mo-blog.jp/inabayakmoblogjp/2009/05/shelflittle_eyo.html

昨日(5/25)なんとか無事千秋楽を終えて、今日は午後から名古屋の新聞記者さんの取材。と、夕方からはatelier SENTIO prd.企画のためのワークショップ講師。

1日、1コマのみという限られた時間でしたが、参加者の皆さん一人一人がとても積極的に参加して下さったので、充実した3時間を送ることが出来ました。みんな有難う! 僕もいろいろ、個人的にもいくつか発見があって、とても楽しかったですよ。

参加メンバーはこの後、百景社の志賀君、第七劇場の鳴海君ユニークポイントの山田さんの三人のワークショップを経て、山田さんの書き下ろし戯曲&鳴海演出で6月27日(土)・28日(日)に公演を行う予定になっています。生憎と僕は本番の日程は名古屋でワークショップを行ってたりして観に行かれないのですが、ご興味持たれた方は是非!

参加者にはユニークなメンバーが集まっていますので、山田さん、鳴海君次第ですが、atelier SENTIO prd.企画、とても面白い作品になるのではないかと思います。

期待していますよ!

  • 2009.05.27 (水) 01:52
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2009)」
  • Comments(2)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

コメント一覧

| sophy (06.05 01:04) 編集・削除

遅ればせながら・・・
千秋楽、おめでとうございました。

今回、ようやく拝見できましたが、
5月の数々の芝居の中でも、とても印象の
残っている芝居の一つです。
よく一時間でエッセンスだけをまとめあげた
ものですね。感心いたしました。
終わった後にもいろいろとお話できたのも
楽しかったです。

次回ももちろん楽しみにしています!

では、また静岡で!(笑)

| ysht.org url (06.09 14:29) 編集・削除

sophyさん

お返事遅くなりました。と、コメント有難うございます!

気にって頂けて嬉しいです。再演を繰り返しすぎて、ちょっとストイックな作品になっていたのですが、あれはあれで個人的にもとても気に入っている作品の一つです。sophyさんにご覧いただけて本当に良かった! また感想を聞かせてください。

6月は静岡ですね。なかなか都合がつかず僕が行けるのは20日(土)だけになってしまったのですが、20日は3本ハシゴして来ますよ。お会いできたら向こうでもぜひ! お話しましょう~

千秋楽です。 shelf09 『Little Eyolf -ちいさなエイヨルフ-』

7ステージ終わって、本日千秋楽。残すところ1ステージ、60分です。長かったような短かったようなこの6日間。作品はたいへん好評です。皆さん終演後に直接、いろいろなコメントを残していってくださるのがとても嬉しい。

当日券も若干枚数ですが発売予定です。皆さん週の始めでご多用のことと思いますが、お時間ありましたらぜひ。ご来場心よりお待ちしております。

  • 2009.05.25 (月) 11:30
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2009)」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

5/24(日)15:00~の前売りも完売しました。

初日5/20(水)19:30~の回に引き続き、5/24(日)15:00~の前売りも完売しました。

当日券はキャンセル待ちのみの予定です。

そしてそして、やっぱり他の日程はまだお席に余裕があります。ぜか土曜日の夜がガラガラです。なぜだろう。

とまれ、アトリエ公演というだけあって、その日のうちに突然、満席になってしまう可能性もあります。ので、ご観劇ご予定の客さまにはくれぐれもお早目のご予約を、ぜひ。

ご連絡お待ちしております!

shelf09 『Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―』

原作 / ヘンリック・イプセン 構成・演出 / 矢野靖人
出演 / 川渕優子、ナギケイスケ、山根舞(演劇集団 円)、秋葉洋志、大川みな子、櫻井晋
2009年5月20日(水)~25日(月)@atelier SENTIO(池袋)
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=13001

  • 2009.05.19 (火) 01:40
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2009)」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

23日(土)トーク・ゲストご紹介/柴 幸男氏(青年団 演出部)

ファイル 349-1.jpg

撮影/高橋エイジ

柴 幸男(しば ゆきお)
1982年生まれ、愛知県出身。劇作家・演出家。青年団演出部所属。日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で「第2回仙台劇のまち戯曲賞」を受賞。その後、就職したり、引きこもったり、四代目劇王になるなどして青年団演出部に入団。近作では「構造から考える物語」をキーワードに、新しい視点による普遍性を模索している。代表作は『あゆみ』、短編集『四色の色鉛筆があれば』など。2009年度春期ENBUゼミ専任講師。また地元の名古屋でもワークショップを行っている。今年10月にユニット「ままごと」を旗揚げする予定。
青年団 http://www.seinendan.org/

柴君とは、平田オリザの演劇の系譜(現代口語演劇)を起点にしたお互いの作品の距離、あるいはその先の展望について、その先の可能性についての話が出来ればと思っています。

もっと突っ込んで言ってしまうと、「静かな演劇」「現代口語演劇」の“功罪”について、話がしたい。なんて、難しいかなあ、同時代の演劇人を同じ演劇人という立場に立って批判的に考察するのは。

そういえば、前回に続き今回も客演してくれている櫻井君は、先日卒業した通信大学の卒論で、平田オリザと現代口語演劇について書いていたらしい。今度読ませてよ。櫻井君。

司会は三日間、第七劇場の鳴海君にお願いしました。今回のポスト・トークは、公演のおまけじゃなくて、それ自体で聞いても有意義な企画にしていきたいと思っています。チケットの半券をお持ちの方はほかの回のトークもご参加頂けますのでこの機会にぜひ。

22(金)の夜にはSENTIVAL! 2009のイベントとして「トーク!」という企画もあります。こちらは各団体公演期間中に、毎回ゲストに、今回のフェスティバルに参加している他の演出家らを交えて、ご来場いただいたみなさんとも交流できるようなトークイベントになります。「ただ創り手側が一方的に話すのではなく、ご来場いただいたみなさんとも、意見交換、質疑応答など、相互交流ができる場。」

詳しくは、下記URLをご覧ください。

トーク!'09
http://sentival.blog43.fc2.com/blog-entry-33.html

皆様のご来場心よりお待ちしております!

  • 2009.05.17 (日) 11:24
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2009)」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動