記事一覧

M-PAD2011、無事に終幕しました。

最終日は津あけぼの座で四作品一挙読み。shelf「春は馬車に乗って」(作/横光利一)はトップバッターを務めさせて頂きました。特別に、初日中津軒では矢野が読んだ箇所を(医者の役)劇団Hi Psosition! のジョージさんに客席から読んで貰ったり、と、思わぬところでコラボレーションがあったり。(ジョージさん、無茶振りに応えて頂き有難うございました! とてもとても楽しかったです。)作品も、緊張感のある良いパフォーマンスだったのではないかと思います。

続いて、このしたやみの「赤い部屋」(作/江戸川乱歩)、15分の休憩を挟んで、第七劇場の「よだかの星」(作/宮沢賢治)、そして最後が劇団Hi Position! の「赤い太鼓」(作/太宰治)。

最後を津あけぼの座の専属劇団であるHi Position! に〆て貰えたのはとても良かったと思う。3時間近い長丁場の上演でしたがお客さんの集中も途切れることなく、来年以降、この企画を次へと繋げる勢いと熱とを持った素敵な一日でした。

fringeでも取り上げて頂きましたが、

・仙台「杜の都の演劇祭」に続き、津「M-PAD2011 おいしくてあたらしい料理と演劇のたのしみかた」も大盛況、まちなか飲食店リーディング公演は新しい観劇スタイルの提案だ
http://fringe.jp/topics/casestudies/20111128.html

最終日の劇場公演はともかく飲食店でのお食事とリーディング公演を一緒に楽しんでもらう、という今回のこの企画は本当に、演劇と、街と人との間に新しい出会いが生まれた一週間だったと思います。その一回目の企画が生まれる瞬間に立ち会えたことを実に光栄に思います。

ぜひ来年以降も参加して行きたい。そうそう、ドラマ・リーディングとはいえ実際に上演をしてみて、横光作品についても、もっともっと掘り下げてみたいと思いました。

ファイル 792-1.jpg

写真は、実家にあった横光利一全集から「春は馬車に乗って」(改造社)。昭和二年、定価が壱円八拾銭のものの「復刻版(精選 名著復刻全集 近代文学館 昭和58年)」です。装丁がとても可愛らしいです。

今回、直観で横光の「春は馬車に乗って」を、選びましたが、選んでみてから今まで僕が注目して取り組んで来ていた作家たち、近代の書き言葉/小説や、戯曲の言語の革新を試みていた(新感覚派)の一人ということもあって、非常に興味深いエピソードや他の作家との交流、時代背景との連関、何より沢山の面白い作品が残されていて、先にも書きましたがこの作家、もっともっと掘り下げてみたいと思いました。きちんとshelf本公演でやってもおかしくない、構成作品を作ってみたい。いや、いつかやります。きっと。横光ファンの皆さま、どうかご期待ください。

明日はNPO法人としょかん再発見主催の「読書ボランティアのためのスキルアップ講座」。今から課題図書を読みます。今のところ15名程度の参加者がある予定。矢野と川渕が講師を務めます。基本的に押さえておきたいところは、読み聞かせは、聞き手との“コミュニケーション”である、ということ。独りよがりな自己表現にならぬよう、また表現の押し付けにならぬようにするためはどうしたらいいか。ということを、一緒に考えて、試行してみようと思っています。

午前・午後と二部構成長時間にわたるワークショップ。ちょっと体力がもつかどうか心配。だけど、一方でみなさんの個別クリニックを実施していると時間が足らなくなりそうでもあり。

とまれ、さあ。絵本を読んで、レジュメを作らなければ。

  • 2011.11.29 (火) 02:03
  • Permalink
  • archive::M-PAD2011 「春は馬車に乗って」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

M-PAD2011、無事に開幕しました!

M-PAD2011、無事に開幕しました! いやー緊張した。客席が、いつもの演劇のお客様と全然違くて。松浦リーダーも油田さんも、いつも見かける三重の演劇ファンのお客さんがほとんどいない。って仰ってました。

どこに惹かれて来て下さったのだろう。お料理かな。それとも文学ファンの方が多かったのかな。客層、年齢層も高くて、上品なおばさま、おじさまが多かったです。アンケートもいつもにも増して、熱のこもったそれも沢山のアンケートを頂きました。

しかし楽しかった! レストラン中津軒、お料理はもちろん、空間も人も(今のシェフは四代目で、今年で創業100年! だそうです!)とっても素敵で。三重でのshelf初のパフォーマンスを、こんな素敵な空間でやらせて貰えたことに感謝! 改めて関係者の皆様、中津軒の皆様、そして何よりご来場いただいた皆様にお礼を申し上げたい。本当に有難うございました。とても楽しかったです。


ファイル 790-1.jpg


ファイル 790-2.jpg


そしてドラマ・リーディング。これはやっぱり、朗読と違ってきっちりとした“演劇”ですね。昨日、確信しました。はじめは耳を傾けることに集中していたお客様が、徐々に俳優の表情や身体に見入って来て下さってるのが手に取るように分かりました。というのは、油田さんの談ですがw(僕は音響オペと途中数行だけ参加したので、それでいっぱいいっぱいでした…。)

パフォーマンスも、みんな良かった。やっぱり舞台芸術は、お客様と作るものですね。本番は、稽古とはぜんぜん違った集中と演技で三人ともみんなとっても魅力的でした。本当に、お客さまと一緒に作った舞台でした。

本番中は慌てててそれどころじゃなかったので、後から頂く予定の写真や記録映像がとても楽しみです。

shelfチームは今日、いったん名古屋に帰って、それから25日に再び三重入りします。

26日のあけぼの座公演、客席を増席したのでまだ若干のお席があります。お料理は出ませんが四つの味わい異なるドラマ・リーディングが一挙に楽しめます。ご予約は津・あけぼの座まで!

  • 2011.11.23 (水) 08:36
  • Permalink
  • archive::M-PAD2011 「春は馬車に乗って」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

中津軒

津に到着して、あけぼの座の油田さんと山中さんと合流して、下見を兼ねて中津軒へ。ご挨拶だけでもあれなので、と、夕食をちゃっかり頂いてきました。


ファイル 788-2.jpg


ファイル 788-1.jpg


オムハヤシと、メアベア。美味です。いやあ、明日はこのメアベアに、スープとデザートがついてリーディングが楽しめて。2,500円は格安です! 残念ながら今回の前売りは何れの回も完売してますが、M-PADは来年以降も続きます。

三重、アツいですよ!!

  • 2011.11.21 (月) 20:55
  • Permalink
  • archive::M-PAD2011 「春は馬車に乗って」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

三重へ

東京滞在も一週間そこそこで今度は三重へ旅立ちます。今回は少人数。川渕、矢野、春日、鈴木の四名のみ。

ファイル 787-1.jpg

往路は四人一緒に新幹線を利用。復路は、矢野川渕が、29日に名古屋でワークショップがあるので別々です。

今日が移動日&会場の下見をして、で明日が初日@中津軒。中三日おいて土曜日にも本番があってそちらの会場は津・あけぼの座です。

M-PAD参加作品、shelf「春は馬車に乗って」(作/横光利一)、昨日の一回目の通し稽古は38'30でした。なかなかいい塩梅に仕上がっています。三重県文化会館と津・あけぼの座の新しい主催企画、

 おいしくてあたらしい料理と演劇のたのしみかた M-PAD2011
 http://www3.center-mie.or.jp/center/bunka/event_c/2011/mpad.html

記念すべき第一回目の初日がいよいよ明日、幕を開けます!

ファイル 787-2.jpg

会場を飾るM-PAD公式タペストリー。会場には公式フラッグもあるらしいです。こういうの見るといやがおうにも気分が盛り上がりますね。

  • 2011.11.21 (月) 15:17
  • Permalink
  • archive::M-PAD2011 「春は馬車に乗って」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

【出演者変更のご案内】

2/22、26にM-PADにてshelf「春は馬車に乗って」出演予定だった櫻井晋ですが、体調不良につき出演が難しくなりました。櫻井の出演を楽しみにしてい下さっていた方には誠に申し訳ありません。

本企画には、代わって鈴木正孝(一徳会/K・A・G)が出演します。皆さまのご来場心よりお待ちしております。

  • 2011.11.19 (土) 12:38
  • Permalink
  • archive::M-PAD2011 「春は馬車に乗って」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動