記事一覧

2013年1月5日(土)中日新聞夕刊に「三島ル。」安住さんの劇評が掲載されました。

ファイル 971-1.jpg

安住恭子の舞台プリズム
2013年(平成26年度I)1月5日(土曜日)中日新聞夕刊

長久手市文化の家×三重県文化会館プロデュース「三島ル。」

2劇団、演出の対比 鮮やか

 愛知県長久手市文化の家と三重県文化会館が、三島由紀夫の「近代能楽集」を二つの劇団が競演するというユニークな企画を、共同制作した。「三島ル。」shelfと第七劇場の演出家、矢野靖人と鳴海康平が演出を競った。
 長久手ではshelfが「弱法師」、第七劇場が「班女」の上演で、三重では前者の「班女」と後者の「邯鄲」というプログラム。両者とも古典を新しく表現する作品作りをしているが、矢野は言葉と身体を重視するのに対し、鳴海は美術を含めた視覚的表現を追求している。今回の舞台にもそれの特徴がはっきりと表れ、特に「班女」の競作は全く異なる作品かと思えるほどだった。
 「班女」は、男を待ち続けるあまり狂気となった女と、彼女を庇護する女性画家の元に、男がやってくる話。画家は女を独占しようと男と対立し、一方、女は彼が待ち焦がれた男と気づかないという皮肉な幕切れで、「待つ」と「追う」という行為を通して恋の狂気を突き詰めた作品だ。特に女を庇護しつつ彼女を求め続ける画家の狂気が浮かび上がる。
 鳴海版は、一つ一つにスポットライトが当たる小さな箱庭が並ぶ舞台美術を前に展開。その美しく静かな世界の中で、画家がせりふを言いながら赤い絵の具をまき散らし狂気を分かり易く見せた。一方の矢野版は、三人の登場人物の他にもう一人の女性を登場させ、彼女が戯曲を幻視する作り。中央に座る彼女が背後で繰り広げられる画家や女のドラマに同化し、女たちの狂気を増幅させる。それをせりふを重ねたり微妙にずらすなどの繊細な演出と座ったままの演技で張り詰めて見せた。(十二月1日長久手市文化の家、九日三重県文化会館)

  • 2013.01.08 (火) 04:51
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

長久手市文化の家×三重県文化会館合同プロデュース企画「三島ル。」全日程、無事終了しました。

いつものように朝イチで起床。誰もいないリビング(作業場)で今回の企画を反芻してる。「三島ル。」本当に素晴らしい企画でした。演劇ファンだけにとどまらない、新しい観客を呼び込む、公共劇場にしか出来ないアウトリーチ企画の側面もあり。そして演劇ファンには堪らないと思われる、劇作家と演出家、作品と作品が、そして劇場と劇場がクロスするビッグプロジェクトでした。地域に根差した劇場の素晴らしさを実感。参加できて本当に良かった。

第七劇場は、以前にもまして美しい舞台美術による空間構成と、単線的なドラマに依拠しないシアトリカルな時間を作り上げていました。「班女」も。「邯鄲」も。とても良かった。たくさんの刺激を頂きました。

shelfも、お客さまからの感想で言葉の、発語の力を信じてドラマを強く推し進めるスタイルが美しく潔いとの評を頂きました。まさに今、自分たちが強くこだわり抜いて稽古場で試行錯誤していることなので、本当にうれしい感想でした。他にも嬉しい感想をたくさん頂きました。ここで一々の感想は紹介しませんが、概ね好評のうちに幕を閉じることが出来ました。本当にうれしい。

でもこれ、自分たちの公演で手打ちの公演だけだったらここまで深い感動は味わえなかっただろうな。長久手市文化の家の籾山さんと三重県文の松浦リーダーには本当に感謝。機会がありましたら、またお仕事ご一緒させて頂きたいです。どうか、今後ともよろしくお願いします。

今日は一日移動日。名古屋までレンタカーで帰って、そこから高速バスに乗って新宿に帰ります。またあの東京の喧騒に身を置くのかと思うと、複雑な心境。今回、本当に僕にとってのホームは、名古屋なんなんだなと実感。東京はいろいろな意味でアウェイだ。

近いうちに、本格的に名古屋近辺に拠点を移そうと思う。今、名古屋・東京二拠点をうたっているけど、それは実際の活動に即しての表現なのだけれど、少なくとも今よりもっともっと東海圏の演劇に、

というか東京以外の地域の演劇に、その地域の観客に関わりたい。

それが名古屋である必要はないんだけど、

いや幾つかあるな。人だ。人。shelfの活動に関わってくれている人たち。応援して下さっている人たち。七ツ寺共同スタジオの二村さん、昨日、無理なお願いを聞いて貰って急遽トークにゲスト出演して下さった演劇評論家の安住恭子さん、ボストン美術館の馬場俊吉先生。忙しい中駆けつけて下さった豊橋の矢作勝義さん、他にもたくさんの、それこそ親族や、旧知の間柄の学友、shelfのファンのみなさんなど、本当に僕らの芝居を必要としてくれている、というとおこがましく聞こえるかもしれないけど、僕らの作品を僕らが観て欲しいと思える観客は、東京よりも他地域に多い。そんなふうに思えて仕方がない。

東京ではどうしたって、演劇が商品として消費されてしまう感がある。しかし東京以外の地域に行くと、それは利賀村だったり鳥取だったり、長久手だったり三重だったりするのだけれど、消費対象ではなく自分の人生の一部分として、演劇と向かい合ってくれる観客がとても多いように思う。

自分の演劇を、自分の生活のどこに位置付けて生きていくか。演劇は今の社会にとってますます必要なものとなっている。と、よく言われるけれど、僕もそう思わないでもないけど、そんなふうに大上段に構えるのはちょっと恥ずかしい。所詮やりたいことをやっているだけじゃないか、とそんな感覚に捉われたときは、自分を戒める。演劇がコミュニケーション教育に役立つと言われるけど、そういう側面がないわけじゃないけど、ないわけじゃないと僕も思うけど、それは一種の方便な面もある。

自分の人生をより豊かにするために。出来ることなれば自分の手の届く範囲の人たちとの生きることの歓びを共有するために。劇場という場で行われる交歓をもっともっと増やすために。私たちはshelfは、今後も活動を続けていきます。2012年、創立10周年の年にこうしたビッグプロジェクトに参画出来たことに改めて感謝。

長久手市文化の家の籾山さん、佐藤さん、粕谷さん。三重県文化会館の松浦リーダー、今井さん、ほかこの企画に関わって下さった関係者の皆さま、そして何より劇場に足を運んで下さったみなさまに改めてお礼を言いたいです。本当にありがとうございました!

  • 2012.12.10 (月) 07:01
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

本日「三島ル。」大千秋楽です。

ファイル 962-1.jpg

舞台写真、美術をメインに撮るとこんな印象です。

昨日本番開場ちょっと前。見る人に寄って格子に見えたり、クモの糸に見えたり、そもそも席に寄ってぜんぜん違って見える舞台美術です。いろいろあって、お客さまから感想を聞くのが凄く楽しいです。建築家で今回舞台武術家デビューした山上氏。また一緒に仕事したいな。しましょうよ。山上氏!

さて。

足かけ2年かけて準備してきた「三島ル。」いよいよ本日大千秋楽です。なんだか非常に感慨深いものがあります。shelfは今年で創立10周年だったのでしたが、今まででいちばん大きなプロジェクトだったかもしれません。

下記にアップした20枚の写真はゲネプロ時のもの。素敵な写真を有難うございます。藤田さん。

舞台上空に吊られている舞台美術が繊細すぎて、うまく写真に写せなかったのがちょっと残念。これはもう、劇場にて体感して頂くしかありません。

さあ、「三島ル。」も残すは本日14:00からの回のみ。来年6月に東京でshelf単体で「班女」「弱法師」の再演の予定はありますが、作品と戯曲、劇作家と演出家の仕事がクロスする企画であることの「三島ル。」の面白さはまたぜんぜん別物です。舞台美術も、この劇場でしか成立しない美術を作っています。

当日券あります。受付は13:00から。少しでもご興味もたれた方は、ぜひ!

  • 2012.12.09 (日) 09:14
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

「班女」@三重県文化会館 4/4

ファイル 961-1.jpg

ファイル 961-2.jpg

ファイル 961-3.jpg

ファイル 961-4.jpg

ファイル 961-5.jpg

  • 2012.12.09 (日) 09:09
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

「班女」@三重県文化会館 3/4

ファイル 960-1.jpg

ファイル 960-2.jpg

ファイル 960-3.jpg

ファイル 960-4.jpg

ファイル 960-5.jpg

  • 2012.12.09 (日) 09:06
  • Permalink
  • archive::三島ル。
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動