記事一覧

小説などの名作、現代に照応 演劇|劇団 shelf 「edit」

4/4(木)日経新聞夕刊に劇評が掲載されました。執筆者は馬場駿吉先生です。ご一読くださいませ。

小説などの名作、現代に照応
演劇|劇団 shelf 「edit」

小劇場演劇では、今という現実の様相を、どんな独自の新しい価値観で表現しているのかをひたすら見届けたいと観客席に座してきた。そのような関心を裏切ることのない演劇集団として最近注目されるのが、「shelf」だ。

代表者で劇作家・演出家の矢野靖人(名古屋出身、東京在住)が当面目指すのは、古今東西の優れた劇作家や文筆家たちのテキストを現代の状況に照応させ、その時空を超えた先見性、普遍性を再発見することだろう。

今回の名古屋公演「edit」(構成・演出/矢野靖人、七ツ寺共同スタジオ、3月9日~11日)は編集を意味する英語。ル=グウィン「左ききの卒業生祝辞」、ソフォクレス「アンティゴネ」、イプセン「人形の家」、太宰治「かすかな声」。保坂和志「魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない」、伊丹万作「戦争責任者の問題」の6編から核心部分を抜き出し、連句のように響き合わされる。このうち「アンティゴネ」における、政治的・公的な言葉と私的な言葉との軋轢が特にクローズアップされる。それと共に男女差別、責任転嫁に加え、利便性と表裏をなす環境問題などがその他のテキストからも立ち上がり、川渕優子を中心とする俳優6人の声と身ぶりによる独白や対話によってそれらが共振させられる。

衣装は古代ギリシャ劇風で簡素。舞台空間には何も置かずホリゾントは黒一色でシンプルに徹し、そこに漂う俳優たちの緊張関係にはふと能楽に通じるものさえ感じられた。

最後は再び冒頭の「卒業生祝辞」に戻り「栄養物を与えてくれる闇の中で人間は人間の魂を育む」で結ぶ。闇のような現代を生きる私たちへの励ましの一言だ。

(演劇評論家 馬場駿吉)

ファイル 1016-1.jpg

  • 2013.04.06 (土) 06:22
  • Permalink
  • archive::[edit (2013)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

安住恭子の舞台プリズム shelf 「edit」 力強い言葉、明白だが…

3/30(土)中日新聞夕刊に劇評が掲載されました。執筆者は安住恭子さんです。ご一読くださいませ。

安住恭子の舞台プリズム
shelf 「edit」 力強い言葉、明白だが…

古典や近代劇など既成の戯曲を再構成し、力強い発語によって、独特の劇世界を作るshelf。今回の「edit」(矢野靖人校正・演出)は、ギリシャ劇や現代作家の演説、エッセー、小説などを構成した作品だ。それらの断片をつなぐことによって日本の今に対する強いメッセージを発する舞台だった。

冒頭は「ゲド戦記」などで知られる作家K・ル=グウィンが、大学の卒業式で行った演説。これから社会へ旅立つ若者たちに、成功を目指す上昇志向ではなく、弱者への共感を呼びかける。そして、追うの命令に背き、反逆者である兄を弔った女を描くソフォクレスのギリシャ劇「アンチゴネー」や、夫との関係が対等ではないことに目覚めた妻を描く「人形の家」だまされた側の責任を問う伊丹万作のエッセー「戦争責任の問題」などへと続く。

つまり、支配する者とされる者の関係と、その内実に対する問題がさまざまな言葉で語られるのだ。保坂和志の小説では支配が政治の問題だけでなく、経済的支配によって欲望さえもがコントロールされ、もはや主体性も失っていることが指摘される。

ル=グウィンの演説やアンチゴネーのせりふをまるで言葉の精霊が宿るように力強く発語する川渕優子、ノラのせりふをささやきで表現した春日茉衣と、出演者たちはそれらの言葉をしっかりと届け緊密な空間を作った。そしてメッセージも明確に伝わった。しかしそれが露わに過ぎた感もある。やや直接的に過ぎるのだ。演劇的膨らみの背後からそれらが浮かび上がれば、さらに魅力的だったと思うのだが。

(十日、名古屋・七ツ寺共同スタジオ)

ファイル 1017-1.jpg

  • 2013.04.06 (土) 05:27
  • Permalink
  • archive::[edit (2013)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

終演しました!

shelf volume 14[edit]@七ツ寺共同スタジオ、無事に終演致しました。ご来場頂いた皆様、お忙しいところご足労頂き、誠に有難うございました。改めてお礼申し上げます。次の名古屋公演はまだ未定ですが、必ずまた来ます。みなさまに再会出来ることを期して。有難うございました!

ファイル 994-1.jpg

  • 2013.03.12 (火) 08:05
  • Permalink
  • archive::[edit (2013)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

本日千秋楽!

おかげさまで何の事故もなく無事、楽日を迎えることが出来ました。ご来場いただいた皆さま、有難うございます。今日の公演は19:00開演です。受付開始は30分前、開場は15分前になります。

それにしても、“再演”は何度か経験してきていますが、やはり再演とはいえ、時と場所が異なれば作品はやはりガラリと変わりますね。つくづく舞台芸術は一回性のものだなあと思うと感慨深いです。さらには、想いを馳せずにいられないのは、俳優たちが一人の人間としてどんどん変化していっているということ。勿論、僕も。(shelfを旗揚げして今年で11年目。僕もずいぶん歳を取りました。)

純粋な意味で、演劇は、再演不可能なんですね。

今・この場所に立ち会って頂くしかない。ともに空間と時間を体験して、見届けて頂くしかない。

おかげさまで舞台は非常に好評です。本日、当日券あります。お忙しい方は電話でのご予約も受け付けいたしております。

ぜひとも皆様に立ち会って頂きたい、この時代のための演劇を作りました。少しでもご興味を持たれた方は、ぜひ。ご来場心よりお待ちしております!

ファイル 993-1.jpg

ファイル 993-2.jpg

ファイル 993-3.jpg

写真は1回目のゲネプロのもの。若干ヘアメイクが本番と違ってますが、撮影は七ツの公演のときにはしばしばお願いしている構久夫さん。いつも有難うございます構さん!

  • 2013.03.11 (月) 07:57
  • Permalink
  • archive::[edit (2013)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

お花を頂きました。

ファイル 992-1.jpg

高校の同窓生、春日井夫妻からまた初日祝いのお花が届きました! 感謝! 受付が華やぎます!

  • 2013.03.09 (土) 12:56
  • Permalink
  • archive::[edit (2013)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動