記事一覧

終わりました。

近代戯曲研修セミナー「森本薫を読む!」無事修了致しました。とても、とても大きくそして重い課題を頂きました。20年近く演劇創作に携わってきて培ってきたものもそれなりに在るはずなのですが、改めて今、未開の荒野に立たされている心持ちです。ああ、新しく一歩一歩、道なき道を切り開いていかなければならないのだな。そのことに気付かされるようなとても大きな体験でした。関係者諸氏、そして何よりも当日劇場まで足をお運び下さった皆様に感謝したいと思います。本当に有難うございました。

ファイル 1127-1.jpg

写真は今回演出を担当させて頂いた二作品のうちの一本目は、『薔薇』 のゲネプロ時に撮ったものです。自分でいうのもあれですが、美しくも残酷な作品になったのではないかと思います。

もう一本の 『記念』 も、15分ととても短い作品ですが濃密で、これもまた残酷で、そして胸がキュンとなるような切ない作品になりました。

僕がドラマ・リーディングを手がけた最初のきっかけは、AAF戯曲賞ドラマ・リーディング(2005年、主催/愛知県文化振興事業団)が初めてでした。もう10年近くも前になるんですね。そしてその後、このAAF戯曲賞ドラマ・リーディングがきっかけで、2006年から2009年までの3年間、原則年に2回のペースで、横浜・相鉄本多劇場で 「横濱・リーディング・コレクション」(主催/横濱・リーディング・コレクション実行委員会、共催/横浜SAAC、横浜市市民活力推進局)という企画の芸術監督、兼総合プロデューサーをさせて頂いたのでした。


その時に身に付けた姿勢として、ドラマ・リーディングを演るにあたっては絶対に手に持っている戯曲を手放さないこと。そしてドラマ・リーディングであることを前景化するといいますか、登場人物を演じるのではなく、あくまで一俳優がそれぞれに戯曲を手にして、“読んで” いるのだということをきちんと提示してテキストと適切な距離をとる。というものでした。

今回の近代戯曲研修セミナーでもその姿勢をもって創作に臨みました。研修 (と、その成果発表) というぬるい言葉に甘えずに真剣勝負をしたつもりです。立ち会って頂いた皆様にお楽しみ頂けたのでしたら幸甚至極です。

最後に、ちょっと長くなりますが当日配布したンフレットに掲載した挨拶文を転載させて頂きます。

演出ノート/ご挨拶に代えて

「客観」 とか 「俯瞰(する)」 という行為はあくまで観念的なものに過ぎず、人間は世界に相対するに際してどうしたってその時代、生まれ育った環境等から影響を受けずに世界を認識することは出来ない。それは観察者がその観察対象を観察するにあたって、それ、つまり観察対象に対して観察者は影響を及ぼさざるを得ない、といっても良いかも知れない。

そのような地平において 「(他者のことを)分かる」 と思うこと。或いは 「分かった気になる」 ということは我々人間にとって最も忌避すべき態度の一つであって、裏を返せば 「分からない」 という態度を保持し続けることのみが、唯一、且つ “正しい” 態度なのかもしれない。

しかし、とすると例えば戦争や歴史について語る権利を持つ 「当事者」 とは一体誰なのか? という問題が生じる。というよりか、そもそも 「当事者」 とは誰か? 「当事者」 であれば何を語っても良いのか?

『記念』 を演出するにあたって考えたのは、誰にも等しく訪れ、そして私たちをおいて過ぎ去っていってしまう 「時間」 の残酷さを描くことは出来ないだろうか? ということだった。そしてその反対に(?) 『薔薇』 は時間の流れから取り残され、時間によって何かしらを解決して貰うことを許されず阻害され閉じ込められた極限の人間を描きたい。ということだった。それが果たして上手い試みだったのかどうか。それは舞台芸術という行為の宿命として、観客を前にして上演することを通してしか確かめられない。

最後に。やもすれば観念的に成り過ぎがちな一演出家の前に、大きな経験と知見とを以って、充実した研鑽の場を与えて下さった諸先輩方、関係諸氏に心からお礼を申し上げたい。そして何より、この会場に足を運んで下さった観客の皆様に感謝したい。

矢野靖人

本日初日。

日本の近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」 ドラマ・リーディング&シンポジウム本日初日! です。

昨日一昨日は、同じく演出者協会主催の若手演劇人コンクール優秀作品を4本観て、最優秀演出家賞を決める公開審査会の場に立会いに行きました。演出家とは何者か? というコンセンサスのない日本の現代演劇において、演出家の優劣を競う、というなかなかに困難で且つスリリングな場に立ち会うことが出来て、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

個人的に一押しだった仙台の劇団は短距離男道ミサイルの澤野君が惜しくも3位だったのが非常に悔やまれますが、そして審査の結果には理解に苦しむ部分も多々あったのですが、いろいろ、いろいろあるのでしょう。

ともあれ個人的には、澤野君たちの今後の活躍に期待します。昔shelfの舞台に出てくれたことのある元・遊幻サーカスの横山真君と再会できたのは大きな歓びでした。

ファイル 1126-1.jpg

で、審査会が終わってからは残時間で、近代戯曲研修セミナーのための照明吊り込み作業。ひょっとすると下北沢で公演を行うのは初めてかも。

ドラマ・リーディングとは文字通り、俳優が舞台で戯曲を手にして読み上げながら、演じるものです。セットが不要だったり稽古期間も短くて済んだり、だから手軽に出来る。と思われがちなのか10年ほど前からチラホラと名前を見聞きするようになって来ましたが、ところがこれが、やってみるとこれがぜんぜん難しい。

むしろ、俳優の地力と演劇観、演技についての考え方、そして人間観が如実に現れる非常に難しい仕事です。現れるというか、残酷なほどに顕わになる。

そもそもが、面白いことに戯曲を持っているより覚えたほうが、芝居はしやすいんですね。で、戯曲を持っていると目の前に台詞がちゃんと書かれてあるのに、だからこそなのか、かえって台詞を間違えたりもする。

ある意味、だから厳しい制約のなかで如何に勝負するか? が問われるという、非常に難しく、だからこそ上手くいくととても面白い舞台表現なのです。(といって、しかし残念ながら本当に面白いドラマ・リーディングには、なかなかお目にかかりることがありませんが。)

ともあれ、今回のドラマ・リーディングについては無論自分が演出しているワケですから、絶対の自信を持ってお勧めします。

ドラマ・リーディングを成功させるための要は“如何にして観客と共犯者になるか?”ということだと思っています。観客の想像力をどこまで引き出し、そして気持ちよく裏切ることが出来るか。

さあ。勝負をしに行ってきます。皆さまのご来場心よりお待ちしております。

近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」 ドラマ・リーディング出演者紹介 ③

日本の近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」 いよいよ開催が、明日・明後日と迫って参りました。

最後にご紹介するのは、ドラマ・リーディング 1日目の 『記念』 を shelfの川渕優子と共演して下さる青井陽治さんです。(※改めてご注意申し上げますが、『記念』 は、二日間でキャスト二人を入れ替えてのダブルキャストで上演致します。)

ファイル 1125-1.jpg

青井陽治

1969年に研究生として劇団四季に入り、『ウエストサイド物語』 などの初演に出演。同時に翻訳・訳詞・劇作も行う。1976年よりフリーとなり、海外戯曲の上演、ミュージカルの創作に独自の世界を築く。近年は、次代を担う演劇人育成のために、演劇教育にも積極的に携わり、現在、東京芸術大学音楽学部ではミュージカル概論の講義を担当している。主な作品に、『真夜中のパーティ』、ニール・サイモンのBB三部作 『ブライトン・ビーチ回顧録』 『ビロクシー・ブルース』 『ブロードウェイ・バウンド』、『ラヴ・レターズ』、『GODSPELL』、『海の上のピアニスト』、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、『ハロルドとモード』 などがあり、新派では 『あじさゐ』 などを新しい感覚で演出した。2007年には25年ぶりに舞台復帰し、蜷川幸雄演出 『恋の骨折り損』 でボイエット役を演じた。

今回の企画を主催する日本演出者協会という組織は非常にまあ変わった集団で、というかそもそも日本には、や日本だけじゃないかも知れませんが、所謂“スタンダードな”演劇教育が殆どないんですね。

畢竟、演出や俳優を志す人は(2005年に初めて新国立劇場の付属演劇研修所が出来ましたがそれ以前は、)基本的には、私学の専門学校等に通うか、大手新劇団の研究生になるか、あるいはアマチュアリズムで独学で、例えば学生の頃から自分たちで集団を作って創作を行いながら実地で研鑽を積んでいくか。くらいしか演劇人になるための方法が、なかった。という経緯もあってか、演出者協会には本当に様々な演出家が個人で所属しているワケです。例えば前回紹介したような、学生時代からのアングラ演劇を出自とする人もいれば、海外で演劇をきちんと学んで来た人もいる。

そんななかで青井陽治さんという方は本当に稀有な存在で、というのも当時、フランスの前衛劇を翻訳・上演していた(みなさんがご存知のあの)劇団四季がウェルメイドのブロードウェイミュージカルを中心に上演する集団へ移行した時期に俳優・ダンサーとして四季に在籍し、『ウェストサイドストーリー』 日本初演のメンバー(!)であり、そして今もショウビズの世界の最前線で、演出家・翻訳家そして俳優としても活躍し続けていらっしゃるという。

初めてお会いしたのがいつだったか、それはちょっと覚えていないのですが、矢野が確実に影響を受けている演劇人のうちのお一人です。とにかく、柔らかい。頭もそうですが人当たりも何もかも。そして普段はとても謙虚で言葉少なな方なのに、ポツリと何かしらの言葉を発せられると、それが真っ直ぐにコトの核心を突いて来る。言葉が、刺さる。

それが何であれ、技術は磨けば身につけられる。しかしなんというか、“心”というものは、そうはいかない。優しさ、美しさ。芯の強さ、そしてしなやかさ。かなわない。本当に。なのにぜんぜん、悔しくない。そう思わせられるお方です。僕は青井さんが、大好きなのです。

  • 2014.03.09 (日) 10:51
  • Permalink
  • archive::日本の近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」 ドラマ・リーディング出演者紹介 ②

「森本薫を読む!」 出演者紹介第二弾です。今日は 『記念』 という、コレも 『薔薇』 と同じくもともとはラジオドラマとして書かれた15分ほどの小品の、その出演者紹介をさせて頂きます。

『記念』 は、16年前に東京で別れた男女が偶然、夜の米原駅で再会する。別れた男女が別な土地で再会するというだけでも劇的なのに、お互い乗り換えのため話すことが出来たのはほんの15分ほど。時は流れ、お互い若くもない年頃になっていて、しかし二人の心にそれぞれに去来する様々な思い出。という、これがまた短いのに凄く良く出来たシナリオで、傍で聞いていても胸がきゅんきゅんするようなとても素敵な作品なんです。

この作品は10日(月)と11日(火)とでまったく別の俳優によるダブルキャストでお送りします。林英樹さんと千賀ゆう子さんにお願いするのは二日目、11日(火)19:00~の回です。

ファイル 1124-1.jpg

林英樹

早稲田大学文学部 演劇専修科卒業。武智鉄二氏の武智歌舞伎塾に参加、同時に竹本相生太夫氏に浄瑠璃を学ぶ。 文化庁在外研修でオランダコンセルバトワール、ロンドンスタジオシアターに学ぶ。学生時代に演劇集団アジア劇場設立、劇作と演出を担当する。 1985年にシアタープラン・テラ(現テラ・アーツ・ファクトリー)を創立。1990年代は海外でのワークショップや上演、共同製作活動を活発に行う。1995年より演劇の全世界組織ITIUNESCO(国際演劇協会・本部パリ)国際理事を務める。 現在、テラ・アーツ・ファクトリー代表。日本演出者協会事業部、国際部担当。社団法人国際演劇協会(ITIユネスコ日本センター)理事・事業担当。日韓演劇交流センター委員。 代表作: 『風の匂い』 シリーズ、『サバイバル・コロニー』劇作、『メタアイランド』 シリーズ構成・演出、『SPIRARE』 『CATALY』 『デスデモーナ』 の海外上演構成・演出。

さて林さん。きちんとお話したのは今回の企画を通して初めてでしたが、前々からお名前は一方的に存じ上げていましたし、ITI(国際演劇協会日本センター)の 「紛争地域から生まれた演劇」 シリーズなどでもお会いしたことがありました。

ちょっと変なご紹介になりますが、何日目だったかの研修後の飲みの席で、安倍晋三内閣総理大臣と同い歳(1954年生まれ)と聞いて、そしてまた(僕の記憶なので正確じゃないかも知れませんが、)林さんが、 「だから、安倍晋三の考えてることは、ちょっと分かるんだよなあ。」 と仰っていたのがとても印象に残っています。もちろんその後に「だからって共感はしないし、決して認められない。」ということも仰ってましたけど。

上手くいえないけど、きちんと 「演劇」 を 「活動」 と捉えて、(というか、そもそも日本の近代以降の演劇は、新劇にしろアングラにしろ社会的な、社会を変革するための運動として始まったものなのだ、という日本の特殊な歴史的経緯もあるのですが、)しぶとく逞しく 「社会」 を 「変革」 するために活動を続けている闘士。というような印象を僕は林さんに対しては持っています。

本業は劇作と演出で、俳優としての活動は殆どされていないようですが、そこはそれ、長年培ってきた経験と知性と年輪とで、とても素敵な芝居をなさいます。千賀さんというこれまた歴戦の猛者と組んで、しかし作品はしんみりと、(好い意味で)少し枯れかかってもいるような、春日の言葉を借りるととても美しいドライフラワーのような作品をお届けします。

ファイル 1124-2.jpg

千賀ゆう子

俳優、演出家。1966年より早稲田小劇場に10年在籍。脱退後、劇団眞空鑑創立に参加。解散後、1982年に千賀ゆう子企画を設立。現在、特に言語性と身体性を根源的に問い直す実験的な舞台活動を行っている。活動は広範囲におよび、自身による企画制作、構成演出による作品の上演を続けながら、他劇団への客演、プロト・シアター実験演劇シリーズなどのプロデュース公演への出演、舞踏から古典/民話/現代詩の語りまでと、全国各地で様々な舞台に出演している。また、東京/音や金時において、音楽家たちとの即興演劇などライブ活動も行う。一方語りの分野では、古事記、平家物語、近松作品等古典から、民話、童話、小説、現代詩まで、新しい形での“語り”ドラマリーディングの活動を展開している。坂口安吾(20年)、岡本太郎・かの子、泉鏡花、宮沢賢治、他多数。特に平家物語は、建礼門院ゆかりの京都長楽寺の依頼により10年間上演。平家を語り続けて20年以上、自ら主催するワークショップ、「原文による 『平家を語る』 」 も1999年以降、継続して行っている。CDに 『建礼門院・小宰相の巻』 2枚組、 『語り 「桜の森の満開の下」 』 がある。1996年には、ポーランドはルブリン市で復活されたコンフロンテーション国際演劇祭にアジアから唯一招かれ、SENGA UNITとして 『古事記をめくる』 を、またワルシャワ大学の招きで 『曽根崎心中』 を上演。以降、ポーランドでは毎年公演を続けている。1997年には、韓国の劇団舞天(むっちょん)主宰の金亜羅さんに俳優として招聘され、同劇団の公演 『オイディプス2』 制作のため1ヶ月チクサンに滞在。2002年には、千賀演出のギリシア悲劇 『オレスティア』 をポーランドとギリシアで公演し、その活動の視野を益々世界的に広げつつある。

で、千賀さん。女性の年齢を書くのは差し控えますが、いやもう何といっても20世紀以降の世界を代表する演出家、鈴木忠志さんの(そして立ち上げ当時にはこちらもまた世界的に有名な劇作家、別役実さんも所属していた)「早稲田小劇場」 に在籍していらっしゃったという、ただそれだけで僕なんかもう、ひれ伏してしまう感じです。

早稲田小劇場といえば、60年代に社会を揺るがしたアングラ(アンダーグラウンド演劇。多くの劇団がテントや仮説の劇場など、既存の劇場及びそのシステムを否定して、自ら新しい 「劇場」 を求めた演劇運動)の雄。そして早稲田小劇場脱退後には、その後にこれまた伝説の 「劇団眞空鑑」 創立に参加されたということですから、僕なんかぜんぜん生まれてなかった頃から最前線で戦って来られた方です。

正直ちゃんとお会いして一緒に研修を行うまではちょっとびびってたんですが、(苦笑)お会いしてまた吃驚。本人に面と向かって申し上げるとちょっと失礼になってしまうかもしれませんが、とってもチャーミングで、素直で、(これ、実はとっても難しいんです。演劇を長くやってくると自身の思想のようなものが堅く確立されてきて、なかなか柔らかな思考を保つことが出来なかったりするんです。)あと、どこか不器用というか、ああ。きっととても、シャイな方なんですね。

きっと。

千賀さん、実は生憎と身体を痛めていらっしゃっていて、1日のみの上演なのですが、林さんと二人で、成果発表上演は2日目の3月11日(火)に出演して下さいます。

と余談ですが、11日(火)のドラマ・リーディング 『記念』 には 「ト書き」 役(?)として矢野も参加します。 shelfのファンの方には10日(月)の青井陽治さんと川渕優子の組もぜひご覧頂きたいのですが、(1日目は川渕、『薔薇』 『記念』 と二作品連続出演します。)というか、いやもう、出来ることなら二日間とも観に来て頂きたいくらいなのですよ。ホント。

  • 2014.03.08 (土) 07:32
  • Permalink
  • archive::日本の近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」 ドラマ・リーディング出演者紹介 ①

日本の近代戯曲研修セミナー「森本薫を読む!」全8回の研修も昨日をもって無事すべての回が終わりました。いよいよ来週、3/10(月)と11(火)に、成果発表のためのドラマ・リーディング&シンポジウムを開催いたします。おかげさまで諸先輩方に揉まれに揉まれて8日間、実に充実した研修を行うことが出来ました。

完成型としては、おそらく普段のshelf作品の“質感”のようなものを残しつつも、日本の近・現代演劇運動の最前線を担ってこられた大先輩の皆さんとの共同作業ということで、いつもとは少し違った、深みと趣ある作品に仕上がって来ているのではないかと思っています。

これが観客を前にしてどう変わるか。個人的にも本番が楽しみでなりません。

というわけで、今日から数回に分けて、ドラマ・リーディング矢野組出演者の皆さんをご紹介したいと思います。先ずは、二日間、shelfの川渕優子、春日茉衣と 『薔薇』 にて共演して下さる大谷賢治郎さんと、小林拓生さんについて。

ファイル 1123-1.jpeg

大谷賢治郎

1972年東京出身。サンフランシスコ州立大学芸術学部演劇学科卒。帰国後大野一雄氏に舞踏を学び、フリーランスでアターXを中心に、東京、イスラエル、オーストラリア、ドイツ等で俳優活動を、またイスラエルの演出家、ルティ・カネル、モニ・ヨセフ、渡邉和子、そしてふじたあさやの演出助手を行なう。最近では劇団銅鑼公演 「あやなす」 の演出、「不思議の記憶」 の作・美術・演出を手掛ける。またワークショップ・ファシリテーターとして国内外にて児童演劇教育にも力を注ぐ。アシテジ(国際児童青少年演劇協会)日本センター理事。

http://otanikenjiro.blogspot.jp

大谷さんとは今回の企画を通して、初めてお会いしました。何といってもカッコいい。男が見ても惚れ惚れするぐらい色気のある俳優さんです。(演出者協会の会員ですので、もちろん演出家でもいらっしゃいます。)研修初回の読み合わせで矢野、一目惚れしました。この人に、是非とも 『薔薇』 の主役である菅(すが)役をやって貰いたい。そうお願いしてご出演頂くことになりました。本番直前にも関わらずスケジュールにはずいぶんご無理を申し上げました。改めまして有難うございます。

大谷さん、海外での活動経験が豊富でいらっしゃるからか、本当にとてもしなやかな思考と瑞々しい感受性の持ち主です。そして何より(演技において) 「嘘はつきたくない。」 という大谷さんのポリシー。その言葉に共感して矢野、一気に信頼しました。嘘をつきたくない、といっても、そこはもちろん役者の生理に合わないからこの台詞はシャベレナイ、なんてどこかの勘違い俳優とは違って、どんな台詞もきちんと自分の身体に落として、と同時にテキストと適切な 「距離をとる。」 という、shelfと矢野の方法論をするりと受け止めて、楽しんで実践して下さっています。写真でもお分かりになるかもしれませんが、本物は本当に艶っぽい方です。見るだけで一見の価値有。声もまたいいんだなあ。

ファイル 1123-2.jpg

小林拓生

1966年東京出身。プロデューサー・演出家・俳優。日本演出者協会 国際部メンバー。JTBエンタテインメントアカデミー演技指導講師。1997年シェイクスピアカントリーパークのオープニングプロデュース。日本の近・現代劇、チェーホフ等、多くの作品を演出。文化庁関連事業/日韓演劇フェスティバル、日本近代戯曲研修セミナー実行委員。俳優としてもNHK木曜時代劇 『風の果て』 『白洲次郎』 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 等に出演。CM、ナレーション多数。現在、大森啓祠朗氏、橘憲一郎氏と共に、川崎市麻生区の 「あさおアートスクール」 設立、市民レベルの演劇芸術が広がることを理念に活動中。お父上は文学座の名優である小林勝也氏、お母上はぷろだくしょんバオバブ所属の声優である好村俊子氏。自身が代表を務める、J-Theaterの定期公演も好評。

小林さんと初めてあったのは、かれこれ10年近くも前になるのでしょうか。実は矢野、ちょっと失念していたのですが、昔、有志でク・ナウカの阿部一徳さんにスズキ・メソッドを習う会をやっていたときにお会いしたのが初めてでした。

この方も本当に色気、というか華がある方で、といって大谷さんのそれとはぜんぜん違って。何というか、つかみどころがぜんぜん無いんです。飄々としていて何を考えていらっしゃるのか分からないかと思えば、芝居をしていると突然思わぬところから声が出て来たりする。お父上が文学座の古参でいらっしゃる小林勝也さん。ドラマや舞台でご覧になったことがある方も多いかも知れませんが、小津安二郎映画でも世界的に知られている昭和の三大女優、杉村春子さんとも長く共演していらっしゃった方で、一度研修に見学に来られた時には貴重なお話をたくさん聞かせて頂きました。

小林さんには、今回は 『薔薇』 の主人公・菅の親友であり、しかし紆余曲折の末(?)図らずも菅の運命を翻弄する重要な役回りである神村役をお願いしています。『薔薇』 については、喜劇作品が多い森本薫には珍しい、悲劇的要素を孕んだシナリオなのですが、大谷さんのユーモアと機知に溢れる存在で、作品に、実に大きな豊かさをもたらしてくれました。

日本の近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」 は、一本目の上演になるラジオドラマシナリオを元にしたドラマ・リーディング作品 『薔薇』。強力で素敵なこのお二方と、shelfの川渕、春日とでお送りします。日本のラジオドラマ草創期に書かれた、実験的な精神と仕掛けがたくさん仕込まれたちょっと難しい作品ですが、shelfの作品として出してもぜんぜん違和感の無いような、いい感じの作品になりそうです。

  • 2014.03.07 (金) 07:45
  • Permalink
  • archive::日本の近代戯曲研修セミナー 「森本薫を読む!」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

ページ移動