記事一覧

shelf 国際共同制作5日目。

韓国から俳優を招聘してのshelf初の国際共同制作も、本日5日目を迎えます。毎日、全く思っていなかったような、驚くほどの発見と歓びに満ちた稽古場を過ごしています。もちろんある程度は脳内でシミュレーションしてはいたのですが、いやはや。本当に凄いことが毎日起こっています。

韓国人の俳優も、ユマという女の子なんですが、彼女もまだ29歳と若いのに、彼女が特別なのか、韓国人の気質なのか、そこいらの日本人俳優よりも遥かにたくましく、素直でチャーミングでしなやかな身体を持ったとても素敵な女優さんで。紹介してくれたYさんには本当に感謝のしようもないくらいです。

何より楽しいのが、僕らshelfのやろうとしていることがおそらく、おそらくですが、国境を越えて通用するような、ユニークで、そしてちょっと変わった試みであることが分かりつつあることです。

自分のやりたいことを改めて英語で喋るなかで、僕自身にも、また座組みの仲間にとっても、いろいろと改めて演出の、演劇の言葉が新鮮に聞こえ、それが各々の身体の内側に谺し、響き合い、そして理解がいっそう深まる。という国際共同制作をしてみて初めて得ることの出来た貴重な体験を楽しんでいます。

といってもまだまだ稽古は始まったばかりですが。

ファイル 1064-1.jpg

写真は昨日、昼夜連続で同じ稽古場が借りられなくて移動中の小田急線車内で撮ったもの。何やらみんなで、LINEの話で盛り上がってる様子です。なんでもLINEに、韓国語に翻訳してくれる機能があるとかないとか。

ちなみに、先にも述べたように稽古は基本、お互いに日常会話レベルの不確かな英語を介して行っているのですが、それでも、にも関わらず自分たちshelfのミッションを、全員が今、共有することが出来つつあります。

本当のところ、彼女の来日前は不安もありましたが、今は毎日、静かで確かな歓びに満ちた日々を送っています。まだまだ完成形は見えてませんが、出来るだけ多くの方々に立ち会って、見届けて頂きたいと思います。皆様、ご都合が着きましたら是非。

ご来場、心よりお待ちしております。

  • 2013.10.05 (土) 13:18
  • Permalink
  • archive::[nora(s)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

BeSeTo+

eSeTo演劇祭では、この演劇祭が20年前に起案された事由であり、本来の目的の一つである「文化会議」を三カ国間で行う、という使命を果たすために、日本の若手演劇人を中心に3年前から開始したBeSeTo+というトーク・ディスカッションプログラムが在ります。

今回も開催されるBeSeTo+トークプログラムは、前回同様Ustで放映されます。今日は午前中から、数あるトークプログラムのうちの一つである通称「夜カフェ」の会場下見と打ち合わせに行って来ました。アゴラ劇場のすぐそばに在るささやかなスペースですが、オーナーも素敵な方で、気持ちの良い場所でした。

外観はこんな感じ。このビルの地下に会場はあります。

ファイル 1063-1.jpg

で、内装。最近流行りのシェアスペースですね。キッチンからカフェを開くのに必要な設備は一通り揃ってます。

ファイル 1063-2.jpg

「夜カフェ」は、演劇祭開催中、定期的に開催します。詳しくはBeSeTo演劇祭の公式サイトで!

http://www.beseto.jp/20th/index.html

  • 2013.10.05 (土) 13:14
  • Permalink
  • archive::[nora(s)]
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO