記事一覧

テヅカ TeZukA

ファイル 814-1.jpg

ひょっとしたら観劇は初めてかもしれないオーチャードホール。昔舞台のバイトをしていた時に徹夜バラシに入ったことはあったけれども。

で、追加公演の千秋楽に滑り込んだシェルカウイ「テヅカ」@オーチャードホール、なんちゅうか映像というか手塚治虫の画が圧倒的に良かった。手塚治虫の漫画や書道家の書をアニメーションにしてるんだけど、すげえカッコ良かった! あと、やっぱり言葉にぐっと来るんだな自分。ラストにかけてのアトムの台詞の引用が良かった。肉声化される言葉。声。

音楽も良かった。そりゃま突っ込みどころはいろいろあったけど、楽しみました。満足。

  • 2012.02.28 (火) 07:50
  • Permalink
  • review
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

サンプル「女王の器」

ファイル 813-1.jpg

昨日、2/26(日)千秋楽を観劇。いろいろ思考と感性が刺激された。うん。面白かった。楽日だけあってか知った顔がちらほら。

舞台は、まるで一人の人間の(あるいは人間の集合体の)無意識そのものを見ているみたいな体験だった(そんなものは人間には本来知覚できない。)。夢とか言い間違いみたいな、何か痕跡のようなものとしてしか見えないものの総体。否、それを掻き傷として残している何かしら正体不明の、人間の内側で蠢いているものを掘り起こそうと試みているように見えた。

ここまで来るとそれを取りだそうとしていた試みだったんじゃないかと思う。もう、ストーリーは要らないよね。突き詰めてほしい。

あ、でもシュルレアリスムの「自由筆記」の失敗みたいな轍にはハマって欲しくないな、というのはこれはたんに一観客の要望。

あと、俳優がみんなキレイだった。見てて飽きなかった。それはすごいことだと思う。

芝居を観て、感想を一緒に見た人と話し合いたくなった。そこが重要だと思う。

  • 2012.02.28 (火) 01:52
  • Permalink
  • review
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO