記事一覧

ジョセフ・ナジ 『カラス/LES CORBEAUX』

昨日は久しぶりに劇場へ。ちょっと出不精解消しようと思ってジョセフ・ナジ。

ファイル 809-1.jpg

ファイル 809-2.jpg

いやあ尖がってたなあ。ヨーロッパで突然生まれた現代能みたいでした。や、舞踏というか。あれをフツーに面白いと思える日本人ってどのくらいいるんだろう。僕は正直、ダンスはちょっと物足りなかったなあ。音楽はすげー良かったけど。ブラボーって言ってた人本気? って思っちゃった。

でもあそこまでストイックで削りおとした美しさってのは、なかなかできないなあと率直に感嘆。日本滞在がながいせいなのか、凄くアジアの文化をうまく取り入れていた。アクションペインティングっていうか、人間書道みたいだった。それも、なんとなく珍奇なものを取り入れてみましたみたいじゃなくて完全に咀嚼して、自分の表現にしていたのは流石としかいいようがない。

ああいった表現を懐深くじっくり醸成できるヨーロッパの文化環境にちょっと嫉妬。

会場で名古屋から日本初日にあわせていらしていた愛知芸術文化センターの唐津さんにご挨拶。(会うたびにおきれいになっしゃるので一瞬分かんなかったです、ごめんなさい。)終演後は、これも名古屋からたまたま来ていて一緒になった石原愛子を連れて千歳船橋へ。

で、千歳船橋で、一徳会/K・A・Gの稽古終わりを待ちながら、客演中の、(そうです。3月に一徳会に客演するのです。shelfの俳優が二人。)川渕、春日と、あとズッキ―と太平さんと合流してさざ家。短い時間だけど、楽しい飲みでした。太平さん、大人だなあ。素敵。金田一、楽しみです。早く企画情報おくれよ石井君。制作手伝おうにも情報がなさすぎだよ。

  • 2012.02.16 (木) 07:21
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO