記事一覧

ワークショップ、基礎稽古、ワークショップ

月曜日はatelier SENTIO prd.のshelfワークショップ。13:00~17:00@atelier SENTIOで、表現とコミュニケーションについてじっくりとワークを行う。参加者が増えて、しかも俳優志望でない参加者があったおかげでぐっと視野が広がってとても有意義な時間を過ごすことができた。参加下さった皆さんに感謝。

火曜日(昨日)は、shelf基礎稽古。俳優二人と僕との三人だけの静かな稽古場だったけれど、じっくりとからだをほぐした。ボディワークは日常的なメンテナンスがとっても大事。

肩甲骨を引き剥がす。肩甲骨は浮いている。肩甲骨は他の関節と違って唯一靭帯で固定されておらず、肋骨の上を滑る。筋肉の海に浮かんでいるなどと例えられる。

wikipediaで面白い画像を見つけたので転載。


ファイル 618-2.gif


通常タテ方向にしか伸び縮みしない筋繊維をヨコ方向に刺激してあげることで、繊維がビックリして元に戻ろうとする力を利用して筋繊維の構成を整理する。これはどちらかというと西洋医学のロジック。※

一方背中が固まっちゃってる人は、仕事で同じ姿勢を取り続けてるせいか、場合によっては胃が弱ってて、それを庇いがちでだからちょうど真裏の背中の筋肉に負担がかかってることもある。これはどちらかというと鍼灸とか東洋医学のロジック。

(※実はこれ、ずっとスポーツマッサージの理論だと思ってたのだけど、調べてみたらどうやらカイロプラクティックの方法の一つだった。横断リフレクション・マッサージというらしい。で、スポーツマッサージではこれを揉み返しが起きやすいので避けるように、つまり繊維の組織に沿った方向にマッサージすることを勧めている。うーむ。もっと勉強しなくちゃ。)

思い返すといちばん始めにからだのことに興味を持ったのは高校時代、陸上で怪我をしてスポーツマッサージの勉強をしたときかも知れない。けっこう厚い専門書を読んだのだけどあれはどんなタイトルだったかな。


ファイル 618-1.jpg


それにしても骨格標本が欲しい。ミニチュアの。写真は関係ないけど東洋大学石原研究室にいるアイボ。タカハシという名前(学生がつけたらしい。)で、名前を呼ぶと振り向く、バーカなどと罵ると目を赤くして怒る、とても可愛い奴。そういうわけで今週末(12/18)もワークショップ@東洋大学だ。

  • 2010.12.15 (水) 14:14
  • Permalink
  • body work
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

片山雄一の現場@名古屋

日曜日、三重の帰りに名古屋によって両親と祖母と昼食を食べてから、名古屋市演劇練習館アクテノンに片山さんの稽古場を見学に行ってきました。

ファイル 617-1.jpg

ファイル 617-2.jpg

片山さんは12月にある企画公演「-ギリシャ神話を巡る演劇・ダンスの3つの冒険- 双身機関XトライフルXよこしまブロッコリー パンドラ3」@千種文化小劇場に参加する作品、「神々が存在するのかしないのか、我々には知りようもない」の稽古中。

稽古場の演出席の隣にはうずたかく積まれたギリシア神話の全集。俳優に配られたテキストはそこからの引用の断片を連ねたもの…。うーん。片山さん、今までとぜんぜん違うアプローチで作劇使用としている様子。上手くいくのだろうか? 好奇心半分。心配半分。まあ、本人がチラシに「ドラマを語るのでは無く、ポストドラマとでもいうべき、ナンダカワカラナイがとにかく面白いものを作ろうと考えている。」と書いているのだから、ここはぜひ期待したいところ。

それにしてもただじっくりと、辛抱強く粘り強く稽古場で時間を過ごしている片山さんの姿には、僕も早く次の創作に取りかからねば、という思いを強くしました。

パンドラ3、僕は12/24(金)に観に行く予定です。ご一緒できる方がいらっしゃいましたら是非。

パンドラ3
http://pandora-3.jugem.jp/

トライフル
http://www.trifle.tv/

  • 2010.12.15 (水) 09:39
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO