記事一覧

M-PAD2011、無事に開幕しました!

M-PAD2011、無事に開幕しました! いやー緊張した。客席が、いつもの演劇のお客様と全然違くて。松浦リーダーも油田さんも、いつも見かける三重の演劇ファンのお客さんがほとんどいない。って仰ってました。

どこに惹かれて来て下さったのだろう。お料理かな。それとも文学ファンの方が多かったのかな。客層、年齢層も高くて、上品なおばさま、おじさまが多かったです。アンケートもいつもにも増して、熱のこもったそれも沢山のアンケートを頂きました。

しかし楽しかった! レストラン中津軒、お料理はもちろん、空間も人も(今のシェフは四代目で、今年で創業100年! だそうです!)とっても素敵で。三重でのshelf初のパフォーマンスを、こんな素敵な空間でやらせて貰えたことに感謝! 改めて関係者の皆様、中津軒の皆様、そして何よりご来場いただいた皆様にお礼を申し上げたい。本当に有難うございました。とても楽しかったです。


ファイル 790-1.jpg


ファイル 790-2.jpg


そしてドラマ・リーディング。これはやっぱり、朗読と違ってきっちりとした“演劇”ですね。昨日、確信しました。はじめは耳を傾けることに集中していたお客様が、徐々に俳優の表情や身体に見入って来て下さってるのが手に取るように分かりました。というのは、油田さんの談ですがw(僕は音響オペと途中数行だけ参加したので、それでいっぱいいっぱいでした…。)

パフォーマンスも、みんな良かった。やっぱり舞台芸術は、お客様と作るものですね。本番は、稽古とはぜんぜん違った集中と演技で三人ともみんなとっても魅力的でした。本当に、お客さまと一緒に作った舞台でした。

本番中は慌てててそれどころじゃなかったので、後から頂く予定の写真や記録映像がとても楽しみです。

shelfチームは今日、いったん名古屋に帰って、それから25日に再び三重入りします。

26日のあけぼの座公演、客席を増席したのでまだ若干のお席があります。お料理は出ませんが四つの味わい異なるドラマ・リーディングが一挙に楽しめます。ご予約は津・あけぼの座まで!

  • 2011.11.23 (水) 08:36
  • Permalink
  • archive::M-PAD2011 「春は馬車に乗って」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧