記事一覧

能楽現在型、SCOT「リア王4か国ご版」

ファイル 620-2.jpg
14:00~「能楽現在型」@世田谷パブリックシアター。一本目は、「安達原」。鼓と笛謡を聞くだけで無条件に血が沸き立つ感じがするのは僕が日本人だからか、それとも能の人類に共通する原始的な舞曲のちから、なのか。

アイで入ってた野村萬斎さんの軽妙な身体、能楽師全く違う演技様式には大いに笑わせて貰った。だって、立ち居ふるまいから違うんだもの。びっくり。

後半の「絵馬」も面白かったな。ド派手な演出、ギンギンの照明においおいってくらいのスモーク。しかしそれでいて抑制されたストイックな演技。それがストイックなのに大スペクタクル。

美しかった! 大満足。

観終わって一緒に見に来ていたカトリさんと宮崎さんと、花ちゃんと川渕とで喫茶店でお茶。楽しかった。花ちゃんの感想がとても面白かった。ダンサーの目から見た能。スズキメソッドにも話が及んだり。踏んだ時のバウンスの受け止め方について、腹で受け止められればコンテンポラリーもメソッドもきっと共通することがところがあると思うんだ。それが上半身に抜けてしまうと全然違う。その辺の話が、花ちゃんと話しててとても面白かった。

あと、能舞台じゃない舞台の能の空間の使い方を見ながら自分の演出の空間構成についてずいぶん考えた。時間構成についても。たくさん刺激を受けた。方法について少しマイナーチェンジ出来るかも。なんて、でも演出の本質って、方法じゃないんだよなあ。と考え込んだり…。


ファイル 620-1.jpg

というところで、移動して19:00~吉祥寺シアター。SCOT「リア王4か国語版」。一昨年新山房でも見てるけど、空間が違うから、全然違う作品に思えた。つか、キャスティング! 塩原さん加藤さんの看護婦はずるいよ…(笑)大笑いしてしまった。

今回キャパ数が少なくて、ひょっとしたらコアなファンしか観てないんじゃないか、なんて余計な心配をしつつそれが本当に勿体なく思えた。もっと見るべき、見届けておくべき若い演劇人は沢山いると思うのに。

SCOT12月公演、今後3年間はやるそうで、来年はステージ数も増やすようです。今回見逃した方は是非! 来年でも行こうと思えば高岡でも台湾でも! 観る価値ありますよ。良かったら一緒に観に行きましょう!

  • 2010.12.18 (土) 01:46
  • Permalink
  • review
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧