記事一覧

朝日新聞の公演紹介記事(2010年2月20日)


4劇団、鳥取に集結 自信作上演
今日から鳥の劇場
「鹿野で作品作り」思い込め

「ぜひ鹿野で公演したい」――。意気込む劇団を全国から募った劇団「鳥の劇場」(鳥取市鹿野町鹿野)の企画「鳥取の鳥の劇場で鳥取の観客に作品を見せたい劇団による上演」が20日から始まる。28日までの土、日曜、4劇団が自信作を上演する。(徳永悠)

鳥の劇場は昨年、自然豊かな鹿野町の劇場で芝居を打ちたい劇団を全国から募集した。劇場の魅力を県外の劇団に伝え、いずれは鹿野に長期滞在して作品を制作してほしいとの思いで初めて企画した。北海道や広島県など10都道府県から23劇団が名乗りを上げ、東京の3劇団と神奈川の1劇団が選ばれた。
20、21日は午後2時から「東京デスロック」(東京)が{LOVE2010 Tottori ver.」=写真=を上演。午後5時からはは「妄人文明」(東京)が家族劇「妄人家族」を公演する。27、28日は午後2時から「shelf(シェルフ)」(東京)が劇作家イプセンの戯曲「Little Eyolf―ちいさなエイヨルフ―」を上演。午後5時からは「元祖演劇乃素いき座」(神奈川)が「阿房列車」を公演する。
午後2時開演の舞台は劇団「鳥の劇場」の劇場、午後5時開演の舞台は劇場内のスタジオで。1作品大人2千円、中高生500円、小学生以下無料。1日通し券は3500円(大人のみ)。
 鳥の劇場の担当者は「予想以上に多くの応募があった。今後も企画を継続したい」と手応えを感じている。問い合わせは鳥の劇場(0857・84・3268)へ。

朝日新聞 2010年(平成22年)2月20日(土)

ファイル 526-1.jpg

トラックバック一覧

コメント一覧