記事一覧

朝日新聞に公演紹介記事が掲載されました。

少し前の日付ですが、朝日新聞にも公演紹介記事が掲載されました。これで中日、朝日、読売三紙でご紹介戴くことができました。有難いことです。明後日からはいよいよウィークBが始まります。みなさんどうぞお見逃しなく!

ファイル 516-1.jpg

気鋭の劇作・演出家4人競演
名古屋で中・下旬、「千種セレクション」

 名古屋と東京の気鋭劇作・演出家4人が円形劇場の特徴を生かした自信作を競演する「千種セレクション」が今月中・下旬、名古屋・吹上の千種文化小劇場で開かれる。1時間程度の作品の2本立てで計8回上演する。
 ▽ウィークA(18、19日午後7時、20日午後1時・5時) 想像力を喚起する作風の劇団「よこしまブロッコリー」は「惑星の軌道」。人と人との関係性を「会話の何げない機微を通して紡ぐ物語」と劇団代表で作・演出のにへいたかひろ。矢野靖人率いる「shelf」は矢野の構成・演出で「エピソード、断片―鈴江俊郎中期テキストから―」。独特の哀しみとユーモアに富む鈴江戯曲を通して演劇と社会、人間と社会のかかわりを描く。
 ▽同B(25、26日午後7時、27日午後1時、5時)演劇ユニット「トライフル」は旗揚げ作品「地上から110㎝」。C型肝炎を治療している父と家族を通して「人間の自立を表出する」と主宰者で作・演出の片山雄一。劇団「第七劇場」は主宰者鳴海康平の構成・演出による「かもめ」。2007年初演作=写真=の新演出版で、チェーホフの名作を軸に「他者の存在が自分の存在を証明できることを描く物語」だ。
 1ウィーク券3500円、2ウィーク券6千円。電話052・745・6235(同小劇場)。
(桐山健一)

2010年2月12日 朝日新聞

  • 2010.02.23 (火) 23:38
  • Permalink
  • archive::千種セレクション Vol.1
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧