記事一覧

人形劇団むすび座観劇

ファイル 233-1.jpg

今日(12/20)は14:00~人形劇団むすび座を観劇@損保ジャパン人形劇場ひまわりホール。

間に合えば10:30~の回を観ようと思っていたのだけど、昨日帰宅が深夜になってしまったので断念。ってか無理だよそんな時間から観劇なんて(笑)

来年3月にむすび座の若手俳優対象にワークショップの依頼をうけていて、今日はその参考にと観劇。人形劇を見るなんて本当に久しぶり。見ている間も休憩時間も、周りにわらわらいる子どもたちの反応がいちいちおかしい。こいつら絶対に大人と同じ生き物じゃないと思う。

残念ながら依頼をしてくれたMさんは出演していなくて会えなかったのだけど、芝居はとても楽しく拝見。三人で作ってるとは思えない、豊かな時間。

演目は絵本が原作でティラノサウルスのパパが主役? の「おまえうまそうだな」と「ねずみのすもう」という二本立て。間に10分の休憩を挟んで、どちらも上演時間30分程度。生演奏付き。とにかくとってもいい話なのに、ぜんぜん説教臭くないのがいい。演出も説明し過ぎないで、ちゃんと子どもの想像力を喚起するよう配慮してあって。いやあ。素晴らしい。

しかしこういった表現の現場の人たちを対象に、いったいどんなプログラムのワークショップをやればいいんだろうか。過去に一度shelfのワークショップを受けてくれた子がいてその子の発案で今回の依頼へとつながってるそうなので、基本的なところはいつものshelfワークショップと変えなくてっても構わないとは思うのだけれど。ちょっと、考えないとなあ。

  • 2008.12.20 (土) 16:38
  • Permalink
  • days
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧