記事一覧

劇評が掲載されました。日経新聞 2008年10月30日

ちょっと間が空いてしまいましたがもう一件、劇評が掲載されました。日経新聞、執筆は馬場駿吉先生、ボストン美術館の館長さんです。

現在、矢野は仕事の関係で静岡にいて、まだ掲載紙が手許にないのですが、紙面の写真を写真家の構久夫さんがデータで送ってくださいました。有難うございます!

今回の公演では、思いもよらず非常に好意的な劇評ばかり、三件も戴けて。有り難いことです。とても、励みになります。

これからも頑張ります。もっともっとたくさんの方にご覧頂けるよう、来年は東京、名古屋だけでなくほかの土地にも、公演に行こうと考えています。現在鋭意選定中。近々に確定させます。決まり次第ご案内しますので、お楽しみに~。

ファイル 203-1.jpg

演劇「Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―」

作家夫妻の心理的波乱描く

 新進気鋭の演出家、矢野靖人(名古屋出身)の主宰する演劇shelf(東京)は今年一月、ギリシア悲劇「トロイアの女」の再構成版「悲劇、断章」を名古屋(七ツ寺共同スタジオ三十五周年企画)で上演。古典を現代に重ね合わせる手腕に注目させられたが、今回のイプセン原作「Little Eyolf -ちいさなエイヨルフ-」(10月9日-13日、同スタジオ)でも矢野は見事に一世紀以上の時間差を消した。
 不気味なネズミ女に誘われて、足の不自由な幼い息子エイヨルフが海に命を奪われる―そんな衝撃的な出来事に見舞われる作家夫婦とその周辺の心理的波乱を描く。
 妻は夫の執筆への没頭や子育てよりも夫婦間の深い愛情に固執する。一方、夫は執筆の行き詰まりを機に、息子の将来への心遣いと共に異母妹への兄弟愛とも異性愛とも分かち難い感情に心を傾けてゆく。そこへ発生するのが息子の溺死事故。妹は母の古い手紙から兄の作家とは血のつながりのないことを知って、結婚の申し込みを受けていた技師と去ってゆく。作家夫妻はエイヨルフへの慰霊の念をこめて地域の不幸な子供たちのための奉仕活動に身を捧げたいと決意する。
 あらすじはこのように短くまとめることが出来るのだが、欲望、愛情、嫉妬、良心、欺瞞などを微妙に絡めた台詞が状況に反転、変転を次々呼び起こす演出は様々な突起をもつ劇世界を造り上げることになった。結末も夫婦関係の再生と見せながら、どんな事態にも結局は折り合いをつける本性――それが人間の欠点でも美点でもあることを示していて興味深い。妻リータ役の川渕優子は氷と炎両面を秘めた演技により八月、利賀公演で最優秀演劇人賞を受賞している。
(演劇評論家 馬場 駿吉)

  • 2008.10.30 (木) 23:03
  • Permalink
  • archive::「ちいさなエイヨルフ(2008)」
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧