記事一覧

shelf ×modelT prd. #2「Voice, narrative and dialogue」

企画のコンセプトはタイトルにある通り、「声と、物語と、対話」 です。

20人も入ればいっぱいの小さなカフェスペースで、観客を前に俳優が一人、あるいは二人で、お客さまに向かってお話をする。一人ひとりの顔が見える距離で、出来る限りミニマルな条件で。

人の声、というか、人が「喋る」というコトそのものについて、とても興味があります。発話という行為、あるいはそもそも人の声って、いったい何なんだろう。人が喋る、話をするって、どういうことなのだろう、と。

人の声、あるいは「語る」という行為そのものについて、皆さんとともに味わい、考察することが出来ればと思っています。なんて、じっさいはそんな肩肘を張ったものではなく、俳優の語るちょっと素敵なお話を肴に、お客様とともに過ごす贅沢な時間をつくること出来れば。

俳優に課せられた条件は、ドラマ・リーディングや読み聞かせと違って、手に本を持たずに上演すること。今回は、小説を題材にしつつも「語り」の枠から飛び出した、ダンス・パフォーマンスもラインナップに入っています。

前回のshelf×modelT Prd.に同じく、日替わりでゲストパフォーマーをお呼びしながら、shelf作品と合わせてお届けします。 多彩なゲストにも是非、ご期待下さい。

ファイル 198-1.jpg


【日 程】
2008年11月10日~12月8日 **毎週月曜 20:00~22:00

【会 場】
No Smoking Cafe modelT (東京都豊島区西池袋3-33-17)
http://www.nosmoking-cafe.net/

【料金】
前売 2,300円/当日 2,500円 **1ドリンクつき・20名限定

【予約】
shelf :
tel. 090-6139-9578
e-mail. info@theatre-shelf.org

** shelf オンラインチケット予約ページへ

【スタッフ・キャストリスト】
監修、構成・演出 / 矢野靖人(shelf)
音響 / 猪塚好章
企画・制作 / shelf×modelT

【出演、演目】 ** 日によって演目・出演者が異なります。
川渕優子 ・・・『夢十夜』 より 「第一夜」 (作/夏目漱石)
青木佳文 ・・・『夢十夜』 より 「第三夜」 (作/夏目漱石)
秋葉洋志 ・・・『仙人』(作/芥川龍之介)
今枝千恵子 ・・・『葉桜と魔笛』 (作/太宰治)
藤原ゆかり (Kiotk) ・・・『やまなし』 (作/宮沢賢治)
ナギケイスケ ・・・『父の気がかり』 (原作/カフカ、振付/ナギ ケイスケ、作曲/藤井進斗)
小菅紘史 (第七劇場)・・・『 “断片” 一人暮らしのハムレット』
ほか

  • 2008.10.23 (木) 01:21
  • Permalink
  • archive::「Voice, narrative and dialogue」#2
  • Comments(1)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧

ysht.org url 2008.11.18 (火) 01:20 編集・削除

<演目変更のご案内>

今枝千恵子・・・「葉桜と魔笛」(作/太宰治)について、出演者の都合により上演が中止となりました。楽しみにしていて下さったお客さまには深く、お詫び申し上げます。

これに代わりまして、後半の日程では、川渕優子・・・『永日小品』(作/夏目漱石)より「蛇」をお送りします。『夢十夜』に匹敵する夏目漱石の短編小説、ちょっとした怪奇小説にも例えられる掌編です。ご期待下さい。