記事一覧

「ブラン-マントの通りでは(Dans la Rue des Blancs-Manteaux)」

「出口なし」の劇中でイネスが唄う鼻唄。ジュリエット・グレコ(Juliette Gréco)。

「ブラン-マントの通りでは(Dans la Rue des Blancs-Manteaux)」

Dans la rue des Blancs-Manteaux
Ils ont élevé des tréteaux
Et mis du son dans un seau
Et c'était un échafaud
Dans la rue des Blancs-Manteaux

Dans la rue des Blancs-Manteaux
Le bourreau s'est levé tôt
C'est qu'il avait du boulot
Faut qu'il coupe des généraux
Des évêques, des amiraux,
Dans la rue des Blancs-Manteaux

Dans la rue des Blancs-Manteaux
Sont v'nues des dames comme il faut
Avec de beaux affûtiaux
Mais la tête leur f'sait défaut
Elle avait roulé d'son haut
La tête avec le chapeau
Dans l'ruisseau des Blancs-Manteaux

ブランマントの通りでは、
四脚台を組みあげて、
桶に粉糠を詰めこんだ。
これぞすなわち首斬台、
ブランマントの通りでは。

ブランマントの通りでは、
首斬り爺さん早起きだ。
とてもさっても忙しい、
将軍、僧正、提督の、
首を斬るのだ、忙しい、
ブランマントの通りでは。

ブランマントの通りでは、
立派な奥方おめかしで、
しゃなりしゃなりと集まった。
ところがどっこい首がない。
首は帽子ともろともに、
ばっさり落ちてころがった、
ブランマントの溝のなか。

1949年、アメリカの「ライフ」誌にサン・ジェルマン・デ・プレのアイドルとしてグラビアに載ったジュリエット・グレコ。彼女はその年に歌手デビューするのですが、持ち歌がなかった。そんな彼女にサルトルが贈った曲が、この曲。

もともとサルトルが、戯曲『出口なし (Huis clos) 』の中の劇中歌として作詞・作曲。ただし自身の作曲に満足していなかったサルトルは、ジョゼフ・コズマの所に持って行き書き直して貰うよう、ジュリエット・グレコにアドヴァイスしたのだそうです。
 
ファイル 1279-2.jpg
 

ジュリエット・グレコ Juliette Gréco | 1927年-

フランス・モンペリエ出身の歌手・俳優。現在も現役として活躍。多くの映画に出ているが1949年にはジャン・コクトーの「オルフェ」に出演。1970年代以降歌に専念し、自分の気に入った詩だけを歌ってきた。1961年と2011年6月に来日し日本でもコンサートを行っている。

JAZZ TOKYO|Photo Column 撮っておきの音楽家たち|#24. ジュリエット・グレコ
http://www.jazztokyo.com/column/hayashi/024.html

  • 2015.04.17 (金) 13:51
  • Permalink
  • next performance
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧