記事一覧

「出口なし」― 現代劇作家シリーズ5:J-P.サルトル「出口なし」フェスティバル 参加作品

ファイル 1269-1.jpg
Still from video by TANJC

2015年5月4日(月・祝)19:00開演★ 5日(火・祝)14:00 / 19:00開演 @d-倉庫

構成・演出 / 矢野靖人
出演 / 三橋麻子、文秉泰、川渕優子、森祐介

ブレヒト、イヨネスコ、アラバール、寺山修司...現代の著名な劇作家の作品を一本取り上げ、その戯曲だけを連続上演する die pratze主催(共催/d-倉庫、助成/芸術文化振興基金)による「現代劇作家シリーズ」は、第5弾に参加します。

今回取り扱う戯曲は、20世紀を代表する哲学者サルトルの『出口なし』。とても手強いテキストです。ですが、この偉大な実存主義の哲学者に真正面からぶつかって、いつものshelf作品よりさらにソリッドな、切れ味の鋭い作品に仕上げたいと考えています。どうぞご期待下さい。

[料金]
一般前売 2,500円、当日 2,800円
学生前売 2,200円、当日 2,500円(要・学生証提示)
通し券一般 5,800円、通し券学生 5,000円
*通し券はd-倉庫のみで販売

[チケット取扱]
shelf :
tel. 090-6139-9578
e-mail. info@theatre-shelf.org

RESERVA予約システムから予約する

・受付開始は開演の60分前です。
・本公演は、初期型 との二本立て公演です。
・上演時間は二作品で合計 2時間を予定しています。
★の回は終演後にポスト・パフォーマンス・トークがあります。

[会場]
d-倉庫
〒116-0014 荒川区東日暮里6-19-7-2F
03‐5811‐5399
日暮里駅南口徒歩7分(JR山手線・京浜東北線・常磐線、私鉄京成線・日暮里-舎人ライナー)
 

■演出ノート

他者からの視線、そしてその視線によって規定される個の在りようがキーになるのだと思う。「出口なし」という戯曲(テキスト)を取り扱うということは、どうしたって劇作家としてのサルトルのみならず、哲学者サルトルの辿った思想、及び政治活動(アンガージュマン)の道筋を、歴史的な経緯や背景をつきあわせて検証しなければならないだろう。現象学との出会い。実存主義の起こり。そしてその思想的な限界。今・ここに存在している“私”を思索の出発点とする実存主義は、個人というものの従来的な意味・価値が崩落を起こしているこの21世紀の現代において、いまだアクチュアルな思考のためのツール足り得るのか。

とまれ、“地獄は他人だ(Hell is other people)”というあまりにも有名な「出口なし」の台詞に振り回されないよう、周到な準備をして制作に向き合いたいと思う。

矢野靖人


  • 2015.03.09 (月) 12:31
  • Permalink
  • next performance
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧