記事一覧

『LUCY』, and 『THE MACHINE』!!

TSUTAYAでブルーレイディスクを借りてきて、リュック・ベッソン『LUCY』。ぶっ飛んだ。予告編からバカ映画感満載でなんとなく避けてたんだけどさすがはリュック・ベッソン。ど直球のファンタジーで、キワモノSFで、遊び心に溢れた超娯楽作。『E.T.』から『GHOST IN THE SHELL』から『マトリックス』も? 入ってて観ていてフツーにめちゃくちゃ楽しかった。満足。


“狂信的な”と評しても良いようなスカーレット・ヨハンソンのクレイジーな存在感。何を喋っても説得力のあるw 科学者役がどハマりしてるモーガン・フリーマン。で、ケレン味たっぷりのリュック・ベッソンの脚本と、演出。お腹いっぱいになります。映像もキレイだしコマ割りも巧みでリズミカルで、観ていてぜんぜん飽きが来ない。さすがです。拍手。

あと悪役のチェ・ミンシクって韓国の俳優がすげえカッコ良かった。リュック・ベッソン映画の悪役ってとどうしたってゲーリー・オールドマンが浮かんじゃうんだけど彼の仕事と比較してもまったく遜色のない。『シュリ』にも、『オールド・ボーイ』にも出演してるのね。見なきゃ。


で、一緒に借りて来ていた『ザ・マシーン』(原題"THE MACHINE")も続けて鑑賞。カラドック・ジェームズ脚本・監督。イギリス映画。こちらはもう、久しぶりに“パーフェクト”なSF(サイエンス・フィクション)映画。完璧。残酷なまでに美しくそして絶望的に哀しい。



不朽の名作リドリー・スコット監督の『ブレード・ランナー』(原作はフィリップ・K・ディックのこれまた伝説的なSF小説『アンドロイドは伝記羊の夢を見るか?(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』)に最も近づいた映画、というふれこみに過度な期待を抑えてかなり引いた視線で観たのだけれど、めちゃくちゃ面白かった。とにかく面白かった。本当に。

“マシーン”と若き天才科学者を演じ分けたケイティ・ロッツと、脳を損傷してアンドロイド化した後に言葉を失った女性兵士を演じたプーネ・ハジモアンマディという女優二人の仕事がまさに革命的。こういう映画を観ると、普段、距離をとっている“リアリズム演技”の底力を見せつけられてしまって、ただもう、呆然とするしかない。

おそらく相当低予算のSFなのにも関わらず、コンセプトアートからセットデザイン、コスチュームデザイン、CG、そしてカメラワークまで本当に微に入り細に至るまで繊細な手が行き届いていて、神は細部に宿る、ではないけれどどれほど静かなシーンであっても映像にただただ、圧倒され続けました。お薦めです。

  • 2015.02.25 (水) 12:20
  • Permalink
  • review
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧