記事一覧

演劇「作品」はそれのみにて果たして存立可能なものだろうか?

昨夜、いや一昨日の夜か。疲れからかウツからか睡眠がとても浅くって、いろいろな考えが浮かんでは消え、また浮かんでは、あ、これ面白いかも...なんて思いながら、起きてノートを取るなんてことも出来ず、そんなときにはしばしばとても歯がゆい思いをする。

一つだけ覚えている。走りながら考えること。ものを書いたり作ったりする際には、完璧を目指さずに、とにかく動くべきであること。そのことの比喩に、生命の生命活動そのものがとてもしっくりくるんじゃないか? と思ったのだった。

完璧に健康な状態なんてない。人間なんて常にどこかしらに不具合を抱えているし(眼鏡をかけているのだってそうだし肥満とかうつ病とか腰痛とか肩こりとかだって不具合だ。)それにだいたい常に何かしら補給しながら、つまり何かを食べたり飲んだりしながら、そうして身体を作りながら生きている。

そう考えると、例えば稽古場に入る前とか、本番前に出来るようなそんな完璧な準備なんて、そもそも一切存在しないのでは? と思ったのだった。もちろんいつも、創作や公演の準備は細心の注意と精神を傾注して行うのだけれど、しかしそれだって当たり前のようにして万全では決してない。

作品を上演するということについて―とくに舞台芸術において、その際に「作品」という言葉を使ってしまうと、そういうもの(舞台)が自律的に、それのみで存在するかのような錯覚を与えてしまう。のだけれど、実は、そうじゃないんじゃないか? というようなことを最近ずっと、考えている。

少なくとも観客と俳優と(スタッフと)一緒にその場(劇場)と時間を共有して、何かしらを考えたり感じたりする、そういう体験すべてが僕の考える舞台芸術の本質で、観客のいないところに(少なくとも僕の)「作品」だけが存在することは決してない。

そう考えると、さっきの生命の喩えじゃないけど、演劇を行うということは連綿と続く生命の一つの結節点のようなものでしかない。

なんていうとどうしたって、甲殻機動隊「GHOST IN THE SHELL」に出てきた“人形使い”を思い出してしまうのだけれども。(苦笑)

 
ファイル 1265-1.jpg
 
 

それを言うならあなたたちのDNAもまた自己保存のためのプログラムに過ぎない。生命とは情報の流れの中に生まれた結節点のようなものだ。種として生命は遺伝子という記憶システムを持ち、人はただ記憶によって個人足りうる。たとえ記憶が幻の同義語であったとしても人は記憶によって生きるものだ。コンピューターの普及が記憶の外部化を可能にしたときあなたたちはその意味をもっと真剣に考えるべきだった...


 
  

  • 2015.02.18 (水) 17:35
  • Permalink
  • 装置としての演劇、あるいは
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧