記事一覧

FESTIVAL/TOKYO 2014 「GHOSTS 2.0」@東京芸術劇場

先週月曜(11/24)、フェスティバル/トーキョー14のプログラム、薪伝実験劇団(中国)『ゴースト 2.0-イプセン「幽霊」より』を観劇。演出は2012年の利賀・アジア演出家フェスティバルにも参加していたワン・チョン氏。1982年生まれ、と、おそらく中国ではまだまだ若手の扱いだろうにも関わらず、非常に洗練された“巧い”演出。

舞台上で進行する出来事をリアルタイムに舞台上や舞台袖から撮影し、上に吊られた大きなスクリーンに都度、スイッチングしながら映し出される映像がとても美しかった。舞台にビデオカメラを持ち込むことや、その使い方それ自体は今やさして目新しいことでもないが、センスが、抜群にいい。

俳優が舞台上で操作したときにカメラが三脚ごと倒れされて、床面からの画角で映し出される映像などの危うさ、おそらく演出家が撮影しているのではと思われる(客席から見えない)舞台袖からのカメラ映像は適度にソフトフォーカスされていて、且つ意図的に粗い画像にされていてそれが人でない“何者か”の視線を舞台空間に呼び込んでいるように感じられた映像などについては、とてもクリティカルな効果を生んでいたんじゃないかと思う。
 
 
ファイル 1249-2.jpg
 
 
ファイル 1249-3.jpg
 
 
ただ、惜しむらくは俳優の演技が、どうしても映像的でステレオタイプな所謂“リアリズム”表現の域を脱しておらず、(それは無理筋でこちらの勝手な注文かも知れないが、しかし)結果、イプセンの描いた様々な問題が、ただの特定の個人の“個人的な問題”としてしか受け取られなかったのは、とても残念なことと思う。

イプセン戯曲(に始まらず、たいていの古典や近代戯曲について取り扱うさいもそうなんだけど、)を、今、この時代この場所においてアクチュアルなものとして取り扱うためには、おそらく俳優の演技をかなり自覚的に、壊すか、離すか、何かしらの仕掛けをしなければマズいのだ。でなければ、イプセン戯曲は容易に陳腐なメロドラマに堕してしまう。リアリズムな演技はこの罠に実にハマりやすい。

あと、翻訳の問題と、翻案という罠についても指摘しておきたい。安易な翻訳は、ことの切実さや取り扱われている問題をたいていの場合、驚くほど簡単に矮小化してしまう。古典や文化的背景の翻訳が必要なケースでは特に、我々はそのことに自覚的でなければならない。

イプセンの描いた問題、近代以降の人間が抱え込んでしまった存在の深い裂け目については今も変わらずに重要な問いとして私たちの前に横たわっている。それは間違いないし、今回の『ゴースト2.0』はかなりそこんところを覗き込もうとしていたように思える。成功している方なのだと思う。しかしだ。やはりしかし、なのだ。

http://www.festival-tokyo.jp/14/

ファイル 1249-1.jpg
 
ワン・チョン(王翀)|1982年-

劇作家、演出家、薪伝実験劇団主宰。1982年北京生。北京大学で経済と法律を学び、ハワイ大学で演劇を研究し修士号を取得。2008年北京にて薪伝実験劇団を設立。マルチメディアパフォーマンスやドキュメンタリー演劇を創作、中国の実験演劇界を牽引している。アジア各地やヨーロッパで公演を行うなど、国外でも精力的に活動。2012年には利賀村で開催されたアジア演出家フェスティバルにも参加。戯曲や書籍、劇評の翻訳なども行っている。2013年、F/T公募プログラムに参加し『地雷戦 2.0』で「F/T アワード」を受賞。
 
http://www.jingdesign.cn/theatrere/

  • 2014.12.01 (月) 14:48
  • Permalink
  • review
  • Comments(0)
  • TrackBack(0)
  • Yasuhito YANO

トラックバック一覧

コメント一覧