「人形の家」 利賀演出家コンクール2003/第2次審査 出品作品



[作] ヘンリック・イプセン
[構成・演出] 矢野靖人
[出演] 関根好香
  坪内志郎 (劇団 新エマニエル夫人
  宮城未蹴
  大野洋範 (劇団 キャトーズ)
  佐藤真義

[照明] 鈴村淳
[音] 伊藤由紀子 (cokiyu web)
[美術] 斎田創 (突貫屋)
[製作] shelf

[場所] 富山県利賀村 利賀芸術公園 内 新山房
[日時] 8月15日(金) 18:00 開演

[主催] (財)舞台芸術財団演劇人会議




■ 演出ノート(当日配布されたハンドアウトから)

ノーラというキャラクターは近代的自我の象徴である。この戯曲はそれを上演するにあたって先ずこの自我という概念を我々がどう捉えるか、捉え直すのかというその態度表明を強いる。
「私は私。」という思い込みを近代特有の病い、精神の病理であると措定すれば、「私」の発する言葉で以てその発話の主体である「私」を表現することは根本的に不可能事となる。にも関わらずどうかして言葉で自身を理解・表現しようとするとき、そこに悲劇が生まれる。
その者の言葉とその自意識の関わり方を基準に登場人物を捉え直し、再構成し並べ置くことによって、ノーラというキャラクター、引いては今も人々が苛まれている、私とは何かという問題系そのものを浮き彫りにしたい。









tel. 090-6139-9578
e-mail info@theatre-shelf.org
Copyright (C) 2007 shelf All Rights Reserved.
shelf_logo01