Voice, narrative and dialogue 04
「紙風船/葉櫻」

2010年6月10日(木)〜14日(月)@atelier SENTIO
作 / 岸田國士
演出 / 矢野靖人



Voice,narrative and dialogue は、俳優の声と語りを出来るだけそのまま素朴に味わいたくて続けて来た企画です。いつもはカフェなどで短い小説の語りなどをしているのですが、今回はアトリエ公演ということで、スケッチ風の短い戯曲を二編、取り上げてみました。

題材が戯曲ではありますが、俳優の声と語りを味わいたいというコンセプトは基本的には変わりません。

ただ、戯曲、というはなから発語されることを前提に書かれたテキストを扱うだけあって、劇作家の選択にはかえって少し、気を使いました。

結論を先に述べると、今回岸田國士を選んだのは、近代の作家のなかでは岸田が最も書き言葉としての台詞というものについて、つまり喋り言葉を書き写したものというのではなくて、書き言葉が音声化されることこそが演劇の台詞というものの本質なのだということを先鋭的に考えていた一人なのではないかと考えたからです。

あともう一つ、今回はこのシリーズで初めて戯曲を扱うということから、(現代戯曲ではなく)古典に描かれている“対話(若しくは会話)”を味わうというのはどういうことなのか。もう一度丁寧に考えなおしてみたいと思っています。

日本の近代戯曲は海外のものよりも近く見えて実はずっと遠いのじゃないか、というのが稽古をし始めている今の率直な感想です。

考え始めるとそもそも“他者の書いた言葉を演じることは本当に可能なのか?”という、深遠な、というか演劇につきまとう根本的な問題にぶつかってしまうのですが、

出来ることなら出来るだけその問題からも目を背けずに、愚直に創作に向き合っていきたいと思っています。

どうぞお楽しみに。

矢野靖人


[出演]

川渕優子
櫻井晋
春日茉衣
たけうちみづゑ (chon-muop

[照明]
[美術]
[選曲]
[ドラマトゥルク]
[衣装協力]
[宣伝美術]
[制作]
[主催]

則武鶴代
袴田長武+鴉屋
荒木まや
片山雄一(NEVER LOSE / トライフル
竹内陽子
オクマタモツ
shelf
atelier SENTIO、shelf

[日時]

2010年6月10日(木)〜14日(月)

10(木)
11(金)
12(土)
13(日)
14(月)
14:00
14:00
20:00
20:00★
19:00
19:00
20:00

★の回は、終演後、 SENTIVAL! 関連企画 「トーク!」 を開催します。

[場所] atelier SENTIO
東京都豊島区池袋本町4-29-10-1F
東武東上線 「北池袋」 徒歩3分
JR埼京線 「板橋」 徒歩6分
Tel. / Fax. 03-5951-8854 info@atelier-sentio.org


■岸田國士について
劇作家・演出家・批評家・小説家。1890年東京都四谷生まれ。劇作家、演出家、批評家、小説家。1919年フランスに渡り、ジャック・コポーのヴィユー・コロンビニ座を中心に演劇を学ぶ。戯曲の文学性を説く一方、戯曲が他の文学ジャンルとは異なることを強調し、後進の劇作家に大きな影響をあたえた。1928年「悲劇喜劇」創刊。1937年文学座創立。翻訳家、小説家としても知られ、翻訳ではルナールの『にんじん』、小説では『由利旗江』、『落葉日記』、『暖流』等。1954年、『どん底』演出中に脳動脈硬化症で倒れ、急逝。 1954年に創設された岸田國士演劇賞(後に岸田國士戯曲賞と改められる)は、新人劇作家の登竜門とされることから「演劇界の芥川賞」とも称されている。














撮影/原田真理

tel. 090-6139-9578
e-mail info@theatre-shelf.org
Copyright (C) 2016 shelf All Rights Reserved.

shelf_logo01