shelf volume15
 『班女/弱法師』

 2013年6月28日(金)〜30日(日)@d−倉庫(東京)
 作/ 三島由紀夫
 構成・演出 / 矢野靖人


flyer

(c)Theatre company shelf 2013

昨年12月、長久手市文化の家×三重県文化会館合同プロデュース公演「三島ル。」で制作した二作品を、キャスト・演出プランを改めて再演します。

「待つのね。待つて、待つて……さうして日が暮れる。」
「あなたは待つのよ。……私はなにも待たない。」 (班女)

「 あなたは入日だと思ってゐるんでせう。夕映えだと思って ゐるんでせう。ちがひますよ。あれはね、この世のをはり の景色なんです。いいですか。あれは夕日ぢやありません !」 (弱法師)

【三島戯曲と私/演出ノートにかえて】

 日本の作家のうち、三島由紀夫ほど極度に人工的で思考の純度の高い戯曲を書いた作家を、私は寡聞にして知らない。彼の戯曲で語られる台詞は凡そ日本人の日常感覚からほど遠い、美的で、装飾的で、それでいて一切無駄のない人工的な言葉だ。
 かほどに極度に人工的なテキストを用いることによって、私は演劇という「場」における思考と思索、対話の可能性を改めて自分たちの手によって開き直したいと思う。
 単に日常的な人間を模倣したドラマを創造するのではなく、己の存在を賭けてぶつかり合う人間のドラマを通じて、人間存在の本質を垣間見ることが出来ればと考えている。どうか、ご期待頂きたい。

演出 矢野靖人

【shelf 「班女/弱法師」 応援文

 shelfが追求する様式美、彫刻像のような芯のある身体と発語の力強さは、三島戯曲の持つ特徴である、およそ口語とは思えない文体と作品全体に漂う三島由紀夫の美的感覚と相性がよいように思う。shelfの舞台は観客に終始緊張を強いる。緊張と弛緩の繰り返しの芝居を観慣れている観客にとっては、ややもすると退屈と捉える向きもあろうが、長久手市文化の家と三重県文化会館とで2012年に合同プロデュースした2本の三島戯曲「弱法師」と「班女」では、ピンと張り詰めた糸のような緊張感が実に心地よく、私の集中力も最後まで途切れることはなかった。
 また、2作品の舞台美術を手掛けた建築家・山上健氏の作業が秀逸で、「弱法師」ではギリシャ神殿を彷彿させる荘厳な世界を、「班女」では囚われの牢屋から逃れられないかのような閉塞感漂う世界を見事に浮かび上がらせていた。訓練された俳優はみな美しく映えているが、とりわけshelf主宰・矢野靖人の様式美を最大限に具現化しているのは、やはり川渕優子の存在感であり、あの凛とした佇まいは是非生の舞台で体感してほしいと思う。個人的な嗜好でいえば、舞台に立つ川渕に一度思い切り虐げられてみたいと思っている。それぐらい凛としているという比喩です。

三重県文化会館 松浦茂之

 2012年冬、「三島ル。」で創られた「班女、弱法師」を再演すると聞き喜ぶ。1ミリの妥協も許さない矢野演出に反応する俳優陣の巧みな言葉のアンサンブルと舞うような所作。この舞台がまたも多くの目に触れられる機会ができた。
 緊迫した空間、響きわたる声に観客は呼応し「目を見張るような舞台」となるだろう。
 三重と長久手のプロデュース公演「三島ル。」が「矢野ル。」となり三島と矢野のインセンティブ(刺激的)に融合した舞台を期待する。もちろん観客を包み込んで。

長久手市文化の家 籾山勝人

spacer

[出演]

「班女」 HANJO
 川渕優子 Yuko Kawabuchi
 春日茉衣 Mai Kasuga
 森祐介 Yusuke Mori
 たけうちみずゑ (chon-muop) Mizue Takeuchi

「弱法師」 YOROBOSHI
 森祐介 Yusuke Mori
 川渕優子 Yuko Kawabuchi
 春日茉衣 Mai Kasuga
 日ヶ久保香 Kaoru Higakubo
小川敦子 Atsuko Ogawa
和田華子 Hanako Wada
平佐喜子(Ort-d.d) Sakiko Taira
櫻井宇宙 Takahiro Sakurai

※事情により出演を予定していた平田泰久(テアトル・エコー)は降板いたしました。

[照明]
[音響]
[衣装]
[美術]
[舞台監督]
[宣伝美術]
[制作]
[制作助手]
[協力]
[主催]

則武鶴代
荒木まや (Stage Office)
竹内陽子
山上健 (山上建築設計
佐藤恵
オクマタモツ
薄田菜々子
加登聖子、中村みなみ
chon-muop、Ort-d.d、株式会社テアトル・エコー、(株)酒井著作権事務所
shelf
spacer
[会場]

日暮里d−倉庫
〒116-0014 荒川区東日暮里6-19-7-2F
03-5811-5399
「日暮里」駅 南口徒歩7分
(JR山手線・京浜東北線・常磐線、私鉄京成線・日暮里-舎人ライナー) 

MAP




森祐介

春日茉衣

川渕優子

春日茉衣

森祐介

森祐介、川渕優子

photo / MariHARADA

spacer

tel. 090-6139-9578
e-mail info@theatre-shelf.org
Copyright (C) 2016 shelf All Rights Reserved.

shelf_logo01