記事一覧

そろそろと春。と森本薫。

アップロードファイル 236-1.jpg

いつの間にか年が明け、3月。いい加減冬眠から目覚めろよともぞもぞしています。

現在は4月の公演の準備をもたもたとしつつ、日本の近代戯曲研修セミナーというものに参加させていただいています。約1か月間(といっても週1回か2回で全8回)、森本薫の作品について、お話をうかがったり、資料を見たり、話し合ったりするというものです。たくさんの演出家の中に混ざってなんだか場違いなんじゃないかしらとドキドキしながらの研修でございました。


書かれた言葉を目の前にして、書かれた時のことや、書いた人について知る(想像を含めて)ことはやはり大切だなと感じます。文章の意味内容を把握する力もやっぱり必要だなと思う。でもそれらと同時に考えていたのは、書かれた言葉を自分の身体を通して声にしてみたときはじめて感じることのできる距離(みたいなもの)についてでした。それは今回に限った話でなく、今までいろんな言葉と向き合う度に感じたことですが、今回の研修は、自分の身体をもってその距離を感じることもまた、今この言葉を扱うことについて考えることにつながるのだと確認することのできたとても貴重な時間となりました。

だって私はどうしたって今を生きているのだし。それを忘れちゃいけねえよ。

関係だろうと社会だろうと、言葉を喋るのは人間で、人間が喋ることを前提に書かれてある言葉ならば、身体を無視することはできないだろうよ。まあね。


この研修のまとめに、3/10(月)・11(火)の2日間、下北沢 「劇」 小劇場でドラマ・リーディングが行なわれます。演目は 「薔薇」 「記念」 「生れた土地」 の三本。すべてラジオドラマのシナリオです。開演は19:00~、終演後は両日ともシンポジウムを予定しています。

川渕は、3/10(月)に 「薔薇」 と 「記念」 を、11(火)には 「薔薇」 を読みます。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。

コメント一覧

パネライコピー url 2014.10.18 (土) 16:16 編集・削除

ロレックスコピー,パネライコピー時計,ウブロコピー時計の最新 情報やイベントを紹介する正規販売店と腕時計コピーの専門サイトです.
ロレックスコピー:http://jpksn.sogo.i2i.jp/
高品質、特恵価格、実物写真、納期厳守。
お客様の満足することは 弊社の責任です。